23.03.28 update

昭和の新婚旅行は車窓の風景を眺めながら列車の旅

新橋発熱海行きの「蜜月列車」


 昭和に入ると、ようやく新婚旅行が庶民のあいだでも行われてゆく。
 廣澤榮『黒髪と化粧の昭和史』(岩波書店、一九九三年) によると、昭和に入って、挙式を終えた花嫁花婿が新婚旅行に出かける習慣が広まったとある。
「旅先は、まず手近なところで、東京だと大森海岸の宿に一泊、関西だと有馬温泉ぐらいのところだったのが、箱根、湯河原、熱海まで足をのばすようになるのは一九三二(昭和七)年ごろから」
 当時、新橋発の午後九時〇四分発下り八四一号、熱海行き列車は、新婚夫婦が多く「蜜月列車」と呼ばれたという。

 昭和十一年(一九三六) には「花嫁行進曲」という歌(高橋掬太郎作詞、江口夜詩作曲)も作られている。
「髪は文金高島田 おもいうちかけ 角隠し 私しゃ花嫁 器量よし」
 と一番にあり、二番はこう続いている。
「夢を見るよな  新婚旅行 愛のホテルの 第一夜  物が云えない 差向い」
 まだこの時代、花嫁も花婿もういういしい。二番の「新婚旅行」は「ふたりたび」と読む。古風な感じがあっていい。

新婚旅行は列車に乗って

 昭和に入って普及した新婚旅行だが、やがて日中戦争、太平洋戦争と続く戦争の時代には、庶民が新婚旅行をしている余裕はなくなる。
 戦争が終ってもしばらくは混乱期が続く。ようやく新婚旅行が復活してゆくのは、昭和三十年代に入って、世の中が落着いてからだろう。
 昭和三十一年に公開された映画、岸田國士原作、水木洋子脚本、成瀬巳喜男監督の『驟雨』には、新婚旅行をめぐる愉快なエピソードがある。
 若い香川京子が結婚する。新婚旅行に出かけるが、予定を切り上げて一人で東京に帰ってくる。郊外に住む伯母、原節子の家を訪ね新婚旅行で夫にひどい目にあったと、怒って話し出す。
 夫(映画には登場しない)は、列車に乗るや口を開けて寝てしまった。もともと平気で人前であくびをするような行儀の悪い男だった。宿に着くと、新婦にはよそよそしく、「女中」になれなれしくする。
 旅行中の出来事をぷんぷん怒って話す香川京子が可愛いく、本人は怒っているのに、観客はかえって笑ってしまう。
 いちばん可笑しいのは、「蒲郡(がまごおり)がどこにあるか知っているか、日本地図を描いてみろ」と夫に言われて地図を描くと、「キュウリみたいだ」と馬鹿にされた、と怒るところ。
 新婚旅行が最初の夫婦喧嘩の場になったのだが、こんな他愛ないことで言い合いをしているのだから、この二人はすぐに仲のいい暮しを始めることだろう。

ホームは見送りの人で混雑し、ひやかしだろうか車両に〝新婚ホヤホヤ〟と貼紙されてぃる。


 昭和三十年代、東京駅からは熱海をはじめ伊豆方面に新婚旅行に出かける若い夫婦が増えた。小津安二郎監督の昭和三十三年の作品『彼岸花』では、東京駅の二人の駅員が、ホームで新婚夫婦を見ながら、のんきに「今日のなかではどの花嫁がよかったか」と花嫁の”品定め” をしている。現代なら問題になりそうな場面だが、この時代、新婚旅行の客が増えていっていることは分かる。
 さらに、昭和三十六年公開の映画、松本清張原作、石井輝男監督の『黄色い風土』では、冒頭、週刊誌記者の鶴田浩二が東京駅から、熱海方向に向かう列車の二等車(現在のグリーン車) に乗ると、新婚ばかりなので、なるほどこれがいま評判の「新婚列車」かと驚く。

 高度経済成長のただなか、熱海や伊東への新婚旅行が盛んだった頃。海外への新婚旅行が普通になった現代ではもうこんな「新婚列車」は見られないだろう。

JASRAC出 1806018-801


かわもとさぶろう
評論家(映画・文学・都市)。1944年生まれ。東京大学法学部卒業。「週刊朝日」「朝日ジャーナル」を経てフリーの文筆家となりさまざまなジャンルでの新聞、雑誌で連載を持つ。『大正幻影』(サントリー学芸賞)、『荷風と東京『断腸亭日乗』私註』(読売文学賞)、『林芙美子の昭和』(毎日出版文化賞、桑原武夫学芸賞)、『映画の昭和雑貨店』(全5冊) 『映画を見ればわかること』『向田邦子と昭和の東京』『それぞれの東京昭和の町に生きた作家たち』『銀幕の銀座懐かしの風景とスターたち』『小説を、映画を鉄道が走る』(交通図書賞) 『白秋望景』(伊藤整文学賞)『いまむかし東京下町歩き」『成瀬巳喜男映画の面影』『映画の戦後』『サスペンス映画ここにあり』『日本すみずみ紀行』『東京杼情』『ひとり居の記』『物語の向こうに時代が見える』『「男はっらいよ」を旅する』『老いの荷風』『映画の中にある如く』など多数の著書がある。


1 2

映画は死なず

新着記事

  • 2024.03.04
    なぜ世田谷区はアーティストの街になったか。その3「...

    梅が丘~新宿まで

  • 2024.03.01
    今から準備、青森県内の美術館5館によるアートフェス...

    青森県で現代美術を楽しむ!

  • 2024.03.01
    金塊強盗からスーパースターへ!信じられないような実...

    応募〆切:3月25日(月)

  • 2024.03.01
    森美術館 ブラック・アートと日本の「民藝」の融合、...

    4月24日(水)~9月1日(日)

  • 2024.03.01
    なぜ世田谷区はアーティストの街になったか。その2「...

    祖師ケ谷大蔵~豪徳寺

  • 2024.02.29
    美空ひばり、成城の通りで歌う! 〝成城ロケ映画〟の...

    文=高田雅彦

  • 2024.02.29
    『ブギウギ』の淡谷のり子のドレスアップと重なる燕尾...

    東映映画『国定忠治』の名文句が忘れられない

  • 2024.02.28
    小林武史、三上博史、山口智子、種田陽平……映画『ス...

    文=河井真也

  • 2024.02.28
    破天荒なドイツのラッパーのサクセスストーリー!『女...

    3月29日(金)より全国順次公開

  • 2024.02.27
    芝居はボケ防止になるという話─萩原 朔美の日々 ...

    楽屋での雑談もまた楽し

特集 special feature 

わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の  「芸業」

特集 わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の 「芸業...

棟方志功の誤解 文=榎本了壱

VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いなる遺産

特集 VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いな...

「逝ける映画人を偲んで2021-2022」文=米谷紳之介

放浪の画家「山下 清の世界」を今。

特集 放浪の画家「山下 清の世界」を今。

「放浪の虫」の因って来たるところ 文=大竹昭子

「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

特集 「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

「いい顔」と「いい顔」が醸す小津映画の後味 文=米谷紳之介

人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

特集 人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

わが母とともに、祐三のパリへ  文=太田治子

ユーミン、半世紀の音楽旅

特集 ユーミン、半世紀の音楽旅

いつもユーミンが流れていた 文=有吉玉青

没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、展覧会「萩原朔太郎大全」の旅 

特集 没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、...

言葉の素顔とは?「萩原朔太郎大全」の試み。文=萩原朔美

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

シアタークリエへ

喜劇の人 森繁久彌

特集 喜劇の人 森繁久彌

戦後昭和を元気にした<社長シリーズ>と<駅前シリーズ>

映画俳優 三船敏郎

特集 映画俳優 三船敏郎

戦後映画最大のスター〝世界のミフネ〟

「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌 

昭和歌謡 「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の...

第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」等全22作の根幹とは

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン 文=山川静夫

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

向田邦子の散歩道

特集 向田邦子の散歩道

「昭和の姉」とすごした風景

information »

new 森ビルの「ヒルズ街育プロジェクト」が文部科学大臣賞を受賞

都市 森ビルの「ヒルズ街育プロジェクト」が文部...

森ビルの街づくりが表彰される!

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!