チェーン店のコーヒー屋ばかりになって、大人の喫茶店が懐かしい

チェーン展開のセルフカフェスタイルの店が主流となり、喫茶店がひところよりずいぶんと少なくなった。
以前は必ずといっていいほど登場していたテレビドラマからもその姿が消えつつある。
学生街の喫茶店は、講義をさぼってお喋りしたり、文庫本を読んだりと、いつも学生たちのたまり場だった。
それぞれに行きつけの喫茶店があって、一日一回は必ず顔を出したものだ。
オフィス街の喫茶店では、仕事の打ち合わせをしたり、息抜きをするサラリーマンや仕事帰りにデートの待ち合わせをしているカップルの姿が見受けられ、商店街の喫茶店は、近所の店の主人たちが毎日のように集まり町内の寄り合いになっていた。
そんな風景も今は懐かしいものになった。昭和は喫茶店が輝いていた時代としても語られる。

昭和の風景 昭和の町 2012年7月1日号より

喫茶店

お茶でも飲みましょう

文=川本三郎


 喫茶店は町の応接間

 町の小さな喫茶店が輝いていた時代があった。

 恋人たちの待合せ、学生たちのお喋り、会社員の息抜き、あるいは仕事の打合せ。

 広い家に住むことが難しい都市生活者にとっては、喫茶店は客間や居間、書斎の役割をはたし、そこから西洋のカフェとはまた少し違った独特の喫茶店文化が生まれていった。

 小津安二郎監督の『麦秋』(51年)では、丸の内のオフィスでタイピストとして働く原節子がよく喫茶店を利用している。

 友人の結婚式に出た帰り、友人の淡島千景らと銀座あたりの喫茶店に入り、結婚談議に花を咲かせる。若い女性たちにとって喫茶店は町の応接間になっている。

 また別の場面では、原節子は戦争で死んだ兄の親友の二本柳寛と、御茶の水のニコライ堂が見える喫茶店に入る。コーヒーを飲みながら、二本柳寛は「お兄さんとここによく来た、店は昔と少しも変っていない」と学生時代の思い出を語る。戦前、学生たちにとってすでに喫茶店がたまり場だったことが分かる。まさに学生街の喫茶店。

昭和27創業で現在も続く池袋東口にある喫茶店「耕路」。昭和27年の池袋は、駅前から銀座の数寄屋橋まで路面電車が走り、コーヒー一杯は25円だった。写真は昭和32年のころの店内の様子。(写真提供:耕路)

流行歌に歌われ映画に描かれた恋人たちの喫茶店

 昭和四年(1929)に大ヒットした歌「東京行進曲」(西條八十作詞、中山晋平作曲)の四番は、新宿を歌って「シネマ見ましょか。お茶のみましょか」とある。新宿の映画館で映画を見ようか、それとも喫茶店に入ろうか、恋人たちが話し合っている。昭和のはじめにもう東京の町に喫茶店が溶け込んでいる。

 大正三年(1914)銀座生まれの国文学者、池田弥三郎の回想記『わが町銀座』(サンケイ出版、78年)によると「お茶でものみましょう」は、昭和初年くらいから流行った言葉で、「ちょっと喫茶店に入って休んで行こうか」といった意味で使われたという。

 喫茶店のはじまりは諸説あるが一般には、明治四十四年(1911)に銀座に出来た、カフェープランタンとカフェーパウリスタが最初といわれている。

 当時は作家や画家たちの行くところだったが、関東大震災後、東京がモダン都市として再生してゆくなかで、都市生活者には欠かせない場所になっていった。

『東京百年史』(東京都、ぎょうせい)によると、「東京行進曲」がヒットした昭和四年の東京市内の喫茶店の数は千五百余軒。それが毎年のように増え続け、太平洋戦争が始まったあとの昭和十七年には三千五百余軒と戦前の最高を記録する。

 昭和十年には「小さな喫茶店」(瀬沼喜久雄作詞、F・レイモンド作曲)という、恋人たちが喫茶店に入る姿を歌った歌がヒットする。〽お茶とお菓子を前にしてひとことも喋らぬ……とういういしい恋人たち。二人きりでしゃれた喫茶店に入るのは恋人たちにとって相当の勇気がいったようだ。

 それでも昭和十一年に藤山一郎が歌ってヒットした「東京ラプソディー」(門田ゆたか作詞、古賀政男作曲)の恋人たちになると、もう銀座の喫茶店を使いこなしている。

 〽花咲き 花散る宵も 銀座の柳の下で 待つは君ひとり 君ひとり 逢えば行く喫茶店(ティールーム)……と恋人たちはいつも喫茶店を利用していることが分かる。

1 2 3

サントリー美術館様

特集 special feature 

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ 

読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!