21.09.02 update

キレイな先生が奏でるオルガンと共にあった、昭和の子供たちの音楽の時間

昭和30年代や40年代の小学校の各教室にはオルガンがあった。ピアノは音楽室にアップライトピアノが一台、講堂や体育館にグランドピアノが一台という感じだった。授業の休み時間になると、女の子たちはオルガンのまわりに集まり覚えたてのメロディを弾き合った。唱歌やフォスターなどのアメリカ民謡に「ドナウ川のさざなみ」や「スケーターズワルツ」。「エリーゼのために」や「乙女の祈り」などを弾く子たちはピアノ教室に通っていた。近所の教会の日曜学校でオルガンに合わせて讃美歌を歌ったりもした。
クリスチャンではなかったが、目的は配られるお菓子だった。オルガンの音色は小学校の板張りの床の匂いや、同級生や先生の顔を思い出させてくれる。オルガンは懐かしい昭和の音である。


オルガンが奏でた唱歌や讃美歌

オルガンは子供と共にあった

文=川本三郎

昭和の風景 昭和の町 2015年4月1日号より


オルガンを弾く女の先生

ヤマハは昭和29年にヤマハ音楽教室の前身であるオルガンの教室を開講した。ちなみにオーディオ(HiFiプレーヤー)の製造が開始されたのもこの年だった。写真提供:ヤマハ株式会社

 ピアノの普及によって近年すっかり見なくなってしまったのがオルガン。私などの小学生時代と言えばオルガンが憧れの楽器だった。音楽の時間には、先生がオルガンを弾き、それに合わせて唱歌や童謡を歌った。
 オルガンを弾くのは女の先生が似合った。
 戦後、大ヒットした青春映画、石坂洋二郎原作、今井正監督の『青い山脈』(昭和二十四年)には、オルガンを弾く女の先生(正確には元)が出てくる。馬野都留子(まのつるこ)という脇役の女優が演じている。


 夫(藤原釜足)は女学校の先生をしている。ある夜、宿直をしていると奥さんの馬野都留子が弁当を届けに来る。夫に弁当を渡したあと、彼女はひとり、夜の誰もいない教室に行く。
 そして、オルガンを弾き始める。「鉄道唱歌」や「荒城の月」。この奥さんは、結婚するまで学校の先生をしていた。だから、学校に来ると小学校で教えていた、いろんな歌を思い出すのだという。
 新藤兼人監督『原爆の子』(昭和二十七年)の乙羽信子は広島の幼稚園の先生。原爆によって教え子を何人も失い、自分も被爆した。戦争が終って七年目の夏、身体がよくなった先生は園児たちの消息を確かめようと、久しぶりに広島の町を歩く。
 炎天下の町を歩きながら、原爆投下の日を思い出す。その朝、先生は幼稚園でオルガンを弾いた。「お山の杉の子」。先生のオルガンに合わせて園児たちが歌う。〽むかし むかしの そのむかし……そのとき、閃光が――。


日本の歌に合う足踏みオルガン


 オルガンは文明開化の時代に西洋から入ってきた。宣教師がもたらした。
 戦時中の子供たちに歌われた、島崎藤村作詞「椰子の実」の作曲家として知られる大中寅二(1898−1982)は教会のオルガニストだった。

山田耕筰に師事した大中寅二。クリスチャンで東京・霊南坂教会のオルガニストを終生務めた。昭和57年に86歳で亡くなった時、NHKは「椰子の実」を流したという。
昭和11年から16 年、新しく作った曲を1 週間連続で流したラヂオ番組に「國民歌謡」があった。JOAK(東京中央放送局)が制作した國民歌謡のヒット曲第1号となったのが島崎藤村作詞の「朝」で、それに続くヒット曲がやはり島崎藤村作詞の「椰子の実」。
写真提供:「池田小百合 なっとく童謡・唱歌」より

 甥の作家、阪田寛夫の『足踏みオルガン』(昭和五十年)はこの楽器を愛した大中寅二を描いている。ちなみにオルガンの正式名は「足踏みオルガン」(リードオルガン)。
 戦時中「国民歌謡」としてラジオで放送されてから「椰子の実」は広く愛唱されるようになり、作曲家の大中寅二の名も知られるようになった。大中はクリスチャンで、戦後も長く教会オルガニストであり、聖歌隊の指揮者でもあったという。
『足踏みオルガン』によれば、オルガンは十九世紀のヨーロッパで生まれたもので、パイプ・オルガンより新しい。大中寅二は、シンプルな足踏みオルガンのほうが、流麗華美で日本の歌には合っていると考えていたという。
 赤井励『オルガンの文化史』(青弓社、平成七年)によると、明治のはじめに日本にオルガンを持ち込んだのはキリスト教の宣教師で、やがて「讃美歌」と「唱歌」が一体となることでオルガンは普及していった。だから、唱歌の作曲家の多くは教会オルガニストの経歴を持っていた。

1 2

こちらの記事もどうぞ
映画は死なず

新着記事

  • 2024.07.18
    ちあきなおみ版が複数のCMに起用されスタンダード・...

    永六輔と中村八大の「六・八コンビ」による〝黒い〟シリーズ第2弾

  • 2024.07.17
    老いが追いかけてくる ─萩原 朔美の日々   

    第19回 キジュからの現場報告

  • 2024.07.17
    [ロマンスカーミュージアム]の夏休みイベントは親子...

    7月17日(水)から

  • 2024.07.17
    <自然災害から身を守るPart2> 大型台風、暴風...

    大型台風、暴風の季節に備えて

  • 2024.07.16
    世界中の映画祭を席巻した、メキシコの新鋭監督の『夏...

    応募〆切:8月4日(日)

  • 2024.07.16
    山梨県立文学館開館35周年の特設展は「文学はおいし...

    7月13日(土)~8月25日(日)

  • 2024.07.11
    約2000株のアジサイが見ごろを迎える箱根・強羅の...

    箱根・強羅の散策に

  • 2024.07.11
    世界的ヒット曲「アイ ライク ショパン」をユーミン...

    ユーミンの「麻美ちゃんに歌わせたい」という天才的な閃き

  • 2024.07.10
    東京で唯一の大名家の美術館「永青文庫」で家紋をテー...

    7月27日(土)~9月23日(月・振)

  • 2024.07.05
    命がけのレースに挑んだマラソン選手たちの真実に基づ...

    応募〆切:7月23日(火)

特集 special feature 

わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の  「芸業」

特集 わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の 「芸業...

棟方志功の誤解 文=榎本了壱

VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いなる遺産

特集 VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いな...

「逝ける映画人を偲んで2021-2022」文=米谷紳之介

放浪の画家「山下 清の世界」を今。

特集 放浪の画家「山下 清の世界」を今。

「放浪の虫」の因って来たるところ 文=大竹昭子

「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

特集 「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

「いい顔」と「いい顔」が醸す小津映画の後味 文=米谷紳之介

人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

特集 人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

わが母とともに、祐三のパリへ  文=太田治子

ユーミン、半世紀の音楽旅

特集 ユーミン、半世紀の音楽旅

いつもユーミンが流れていた 文=有吉玉青

没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、展覧会「萩原朔太郎大全」の旅 

特集 没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、...

言葉の素顔とは?「萩原朔太郎大全」の試み。文=萩原朔美

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

シアタークリエへ

喜劇の人 森繁久彌

特集 喜劇の人 森繁久彌

戦後昭和を元気にした<社長シリーズ>と<駅前シリーズ>

映画俳優 三船敏郎

特集 映画俳優 三船敏郎

戦後映画最大のスター〝世界のミフネ〟

「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌 

昭和歌謡 「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の...

第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」等全22作の根幹とは

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン 文=山川静夫

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

向田邦子の散歩道

特集 向田邦子の散歩道

「昭和の姉」とすごした風景

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!