new 21.12.26 update

マネキン・ガールの登場

モダン都市へと変貌する東京に誕生した華やかな女性たち

昭和の風景 昭和の町 2016年4月1日号より

店頭で各種商品の宣伝、販売を担当する販売員「マネキン」。マネキンはモデルを意味するフランス語「マヌカン」の英語読みに由来するが、マヌカンでは客を招かない(招かん)、ということでさる化粧品会社により招き猫にかけて造語されたという。モデルも兼ねるマネキン・ガールを初めて登場させたのが高島屋呉服店。マネキン・ガールは昭和初期の「ガール」全盛時代において時代の最先端をいく、一際華やかな職業だった。マネキン・ガールはその後ファッション・モデルへと発展し昭和の時代の百貨店で、お得意様を対象に開催されたサロン風のファッション・ショーなども活躍の場となった。一時期日本で、「ハウスマヌカン」なるブティック店員をさす言葉が流行ったが、これはヨーロッパなどの会員制婦人服ブティックで専属モデルとして活躍する「ハウスマヌカン」とは別ものだった。

文=川本三郎

ファッション・モデルの
草分け伊東絹子は
八頭身美人

 戦後の明るい話題のひとつに、昭和二十八年(一九五三)、ファッション・モデルの伊東絹子がミス・ユニバースで三位になったことがある。
 日本の女性が世界の美女に伍して堂々三位になった。戦争に敗れ、アメリカを始め西欧社会に、なにかにつけ劣等感を抱いていた日本人にとって、伊東絹子は、スポーツの世界における、水泳で世界記録を出した古橋広之進に匹敵する輝ける存在だった。

 それまでの日本の女性に比べ、伊東絹子は何よりもスタイルがよかった。顔が小さく、脚が長い。そこから「八頭身」という言葉が生まれたほど。
 伊東絹子は、戦後、日本の服飾界が専属モデルを公募したときに応募してきた、ファッション・モデルの草分け。
 ファッション・ショーは、昭和二十六年に日本デザイナー・クラブが銀座で開いたものが最初とされる。
 このときは、ダンサーやキャバレーなどで働く女性がモデルを務めたが、不評だったために、公募をして、服飾界専属のモデルが生まれていった。

昭和28年(1953)のミス・ユニバース・ジャパンで、同年アメリカのカリフォルニア州ロングビーチで開催されたミス・ユニバースに日本代表として出場し、3位に入賞したファッション・モデルの伊東絹子(写真中央)

昭和のはじめの東京は
ガールの全盛時代だった


 しかし、この職業が登場したのは、実はもっと早い。昭和のはじめ。当時は、ファッション・モデルの言葉はなく、フランス語のマヌカンから派生したマネキンと呼ばれていた。
 いつから登場したのか。 
 手元の『昭和史年表』(小学館、86年)には、昭和三年(一九二八)に「マネキンガール初登場」とある。博覧会で、現在のモデルのような仕事をした。
 昭和のはじめ、実際にマネキンとして仕事をした丸山三四子の回想記『マネキン・ガール 詩人の妻の昭和史』(時事通信社、84年)には、この昭和三年のマネキン初登場のことが次のように書かれている。
 三月、昭和天皇即位の御大典記念として、上野公園で国産振興東京博覧会が開かれた。このとき百貨店協会が特設館を設け、そこに高島屋が和服を出品したが、マネキン人形に和服を着せてソファーに腰かけさせただけではなく、本物の女性を一人そこに加えた。
 これが、マネキン、のちのファッション・モデルのはじまりだという。本物の女性が、服の宣伝をする。評判を呼んで、翌年の昭和四年三月、日本の美容師の草分け、山野千枝子(山野愛子の母)が、アメリカで得た知識をもとに、日本マネキン倶楽部という組織を立ち上げた。マネキンが、はじめて女性の職業となった。
 関東大震災後の東京は、それまでの江戸の面影を残す町から、一気に、ビルが建ち、自動車や地下鉄が走るモダン都市に変わった。女性の社会進出も盛んになり、さまざまな「ガール」が登場するようになった。丸山三四子は書いている。
「東京は、ガールの全盛時代でした。ガソリン・ガール、円タク・ガール、ショップ・ガール、デパート・ガール、エンゲルス・ガール、ワンサ・ガール、ステッキ・ガール……」
 ちなみに「ガソリン・ガール」はガソリン・スタンドで働く女性、「エンゲルス・ガール」は社会主義運動に参加する女性、「ワンサ・ガール」はレヴューのその他大勢のダンサー、「ステッキ・ガール」は銀ブラ(銀座の散歩)を楽しむ男性のお伴をする女性。
 こうしたさまざまな「ガール」のひとつとして「マネキン・ガール」が登場した。

おしゃれな帽子姿のガソリン・ガール。昭和6年新年号の「実業之日本」には、「女商売新旧番付」なるものが掲載され、東方新商売と西方新商売との対比がなされている。それによると、新商売の番付には大関のマネキン・ガールをはじめ、ガソリン・ガール、円タク・ガール、マッチ・ガールなどが登場している。行司役は婦人記者とある。


 

2016年4月1日 Vol.27より

1 2

サントリー美術館様

特集 special feature 

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ 

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!