new 22.06.17 update

昔なつかし銀座の夜店、縁日の露店に心浮き立つ昭和の楽しみ

娯楽の少ない時代、町に縁日が立つ日は朝から気持が浮き立ったものだ。子供たちは学校がひけると小遣いをもらって友だちと昼間の露店に繰り出し、何を買うか真剣に思案する。夜になると、晩ごはんを早仕舞いし、家族と一緒に夜店を見て歩く。親が一緒なので、予算も心配ない。
銀座あたりのバーで飲んだ帰りに夫たちは、奥方のご機嫌うかがいの土産にと、夜店でバッグや靴やアクセサリーなどを買ったと聞く。町に屋台なども少なくなり、夜店もまた消えて久しい町の文化の一つであった。

昭和の風景 昭和の町 2017年 7月1日号より

夜店、縁日が町をにぎわす

~夜店のひやかしが楽しかった夜の銀ぶら~

文:川本三郎


戦前の銀座に並んだ風流な夜店

 現在の銀座からは想像がつかないが、昭和戦前期の銀座には夜店(露店)がずらりと並んだ。大正十二年(1923)の関東大震災のあと、銀座は鉄筋コンクリートの建物が並ぶモダン都市として復興、変貌していったが、その新しい銀座を支えていたのは、意外にも夜店だった。
 とりわけ、松屋、三越、松坂屋のデパートが並ぶ東側に集中した。店舗が店閉まいしてから夜店が店を開ける。
 当時の銀座の様子を語った安藤更生の名著『銀座細見』(昭和六年、春陽堂)には、銀座のにぎわいについて、こうある。
「夜店といえば、どこのも何となくうらぶれた、淋しい思いを起こさせるものだが、銀座の夜店には全くそういうところがない。明るく快活で、手ごろで、そしてよい品物が安く買える。店々にネオンサインが点(とも)り、大きなゼネラルモオタアスのイリュミナシオンが一斉に輝(かがや)き初(はじ)める夕方の六時ごろから、そこには思い出の店が開かれる」
 夜店といっても、決していい加減なものを売る安直な店ではなく、玩具、古本、骨董などきちんとしたものを並べていた。だから、安藤更生は、「これは一つの立派なデパート」だと賞賛する。
 大正時代に始まり、昭和になって盛んになった「銀ぶら」には、昼の銀座を歩くことだけではなく、この明るい夜店が並ぶ夜の銀座を歩く楽しみも入っていた。
 大正九年(1920)に銀座に生まれた、元朝日新聞記者、水原孝は回想記『私の銀座昭和史 帝都モダン銀座から世界の銀座へ』(昭和六十三年、泰流社)のなかで、「私などは子供のころから家の者と銀ブラをしながら、夜店を見て歩くのが楽しみだった」と書いている。
 銀座通りの東側、一丁目から八丁目まで夜店が並んでいた。「夜店は夜の銀座に人をひきつけ、銀ブラを楽しいものしてくれたのだった」。
 どんな店が並んでいたのか。
 水原孝は挙げている。洋書を売る店、古本屋、切手や古銭を売る店、骨董屋、クシなどの日用品を売る店など。
 こんな夜店が並んでいたら、すぐにでも行きたくなる。洋書を売る店があったというのはハイカラな銀座らしい。
 さらに銀座っ子の水原孝は書いている。
「いまとちがって夏はクーラーがない。だから暑い夏の夜は、風呂から上がって浴衣(ゆかた)に着かえ、父や母と、あるいは兄弟や店の人たちと銀座に出て、夜店をひやかすのが暑さしのぎのたのしみの一つでもあったのだ」
 夜店には、虫屋もあった。水原少年は、毎年ここでスズ虫を買ってもらうのが楽しみだったという。銀座の夜店は風流でもあった。

【写真】昭和初期、夜店が並んだころのきらびやかなカフェーのネオンが輝く銀座2丁目界隈の写真。復興期の銀座には、まず大正13年に松坂屋、大正14年に松屋、昭和5年に三越が開店した。カフェーやバーも銀座に多く出現し、昭和4年には銀座のバーとカフェーと合わせて約600軒を数えたという。ハイカラの大人を納得させる一流の店が集まる銀座では、夜店の質もひと味違ったようである。
写真提供:ギンザのサヱグサ文化事業室


 

2017年7月1日 Vol.32より

1 2

サントリー美術館様

特集 special feature 

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」など全22作の根幹とは

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

特集 91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ

丸山智己さんと狛江

town story 丸山智己さんと狛江

~郊外住宅地・狛江の夜を愉しむ~

光石研さんと梅ケ丘

town story 光石研さんと梅ケ丘

普段着の味わいがする「梅ヶ丘」を楽しむ

千歳船橋と町田啓太さん

town story 千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋は名優が暮した町

松下洸平さんと参宮橋

town story 松下洸平さんと参宮橋

参宮橋は大都会の隣町の風情

鈴木伸之さんと喜多見

town story 鈴木伸之さんと喜多見

喜多見は〝ほどよい〟郊外タウン

蒼彦太さんと読売ランド前

town story 蒼彦太さんと読売ランド前

遊園地の町「読売ランド前」で大人の休日を楽しむ

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.2

PEOPLE frontline Vol.2
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!