20.06.13 update

久世光彦のテレビ

痩せがまんのかっこつけ屋

 白い紙に、思いついたフレーズや言葉、俳優の名前などが脈略なく書かれていく。書くのは久世さんで、先の尖がった鉛筆で書かれるのは字よりグルグルの渦まきとか、グシャグシャの斜め線とか、そんなものの方がずっと多い。話しながら自然と鉛筆が動いてしまうのだろう。可能性にあふれた白い紙がほぼ黒く塗り潰されたころ、作られるドラマの輪郭もぼんやり見えてきて、打ち合わせはお開きとなる。

 とっぷりと陽も暮れたこのあとは、久世さんの大切な麻雀タイムになるのだろう。席を立とうとする久世さんに、私は言う。「久世さん。その紙ちょうだいね」。初めてそれを言ったとき、久世さんが驚いたような嬉しいような顔でクスッと笑った。「いやあ、同じことをいうんだなぁ。向田(邦子)さんもね、打ち合わせが終ると、この真っ黒な紙きれを欲しがるんだ。何の役に立つのかねぇ」

「源氏物語」の撮影スタジオで打ち合わせ中の久世さんと脚本を担当した向田邦子さん。

 たぶん向田さんも、「私はちゃんと打ち合わせをしたんです。決してさぼってばかりいるわけじゃございません」という証明書が欲しかったのだ。これがあればまたしばらく仕事に近づかなくても、罪の意識は軽減される。モノ書きの考えることなんてたいてい似たようなものだ。

 それなのに久世さんは、無体なことを当たり前のように投げつけてくる、「ホン、いつ出来るの?今週中?」。えッ、今週ってあと四日しかないじゃない。「あのさ、テレビの二時間のホンなんて、三日もありゃ書けるでしょ?」冗談じゃない、一週間はかかります。「よし。じゃぁ、五日だ」。頭にきて五日で書きあげて会社に連絡すると、手下(てか)のスタッフが電話口に出てきて「久世さんはゴルフですよ。泊りがけだから、いつ連絡つくかなぁ」と楽しそうに言うではないか。こんな時、本当にクッソジジイと思ったものだ。

 久世さんのクソジジイぶりについてはみんなが知っていた、というより、受け入れていた。たとえばドラマのアイディア、とりわけキャストでよいアイディアが浮かんだので伝えると、ニ日後にはまるでそれを思いついたのは自分だとばかりに電話で「おい。いい役者を思いついたぞ、〇〇はどうだ」と威勢がいい。ちょっと、そのアイディアは私が……。でも、その言葉はぐっと飲み込んでしまう。だって久世さんは、本当に自分のアイディアだと思っているんだもの。それくらいドラマ作りが、役者が好きなのだ。のめり込んでしまうのだ。勿論、加齢による物忘れもあったかもしれないけど。向田さんも同じことで憤慨していたらしい。「いいとこは全部自分にしちゃうんだから」と言って。それなのに、それでも、みんなが久世さんのことを好きなのは何故なんだろう。

向田邦子新春スペシャル第1作「眠る盃」(昭和60年)の撮影現場での久世さんと森繁久彌、工藤夕貴。

 久世さんの手下のスタッフたちと飲み食いをしていると、必ず久世さんの悪口・陰口で盛り上がった。でもそれがちっとも陰湿なんかじゃなくて、嬉しくてたまらないように「うちのボスはこれだからさぁ」みたいな感じ。そんな夜毎の飲み食い代は全部会社もち、久世さんの働きに依っているわけで、いくらバブルの名残があるころとはいえ甘やかしてるなぁと思いつつも、そんな久世さんが嫌いじゃなかった。

 たとえばTBSを辞めた先輩・後輩も高額の給料で引き受けていた。いつだったかポツリともらしたことがある。「俺はカッコつけたがりだからさ、お山の大将になりたいだけなんだ」。そんな久世さんを見て、この人は上品な義侠心の人だと感じた。他社の才能を妬んだり、私的財産を肥やそうとする輩はいっぱい見てきたけれど、久世さんみたいな痩せがまんのかっこつけ屋さんには滅多におめにかかれない。だから手下たちも尊敬と大好きをこめて、悪口・陰口をたのしめたにちがいない。但し、そんな久世さん故か、会社はやがて破産申請するハメになるのだが。

1 2 3 4

映画は死なず

新着記事

  • 2024.06.14
    創建1200年記念 特別展「神護寺─空海と真言密教...

    応募〆切:7月15日(月)

  • 2024.06.14
    実話をもとに描かれた、海の男たちの誇りと絆の戦争秘...

    応募〆切:6月25日(火)

  • 2024.06.14
    自然写真家・今森光彦のライフワークの集大成、「今森...

    6月20日(木)~9月29日(日)

  • 2024.06.13
    三浦友和&山口百恵の二人を結んだ楽曲?! 松崎しげ...

    「愛の微笑み」から改題された

  • 2024.06.11
    マニフレックス公式HPの人気連載記事『暮らしのエッ...

    6月28日(金)~30日(日)

  • 2024.06.11
    田中邦衛、山本圭、加藤剛らが出演した社会派ドラマ「...

    日本を代表する彫刻家・佐藤忠良を父にもつ

  • 2024.06.10
    韓国500万人超えの大ヒットした、予測不能の海洋ク...

    応募〆切:7月10日(水)

  • 2024.06.06
    激動の20世紀を生きたあるの男の人生。〝世紀の小説...

    応募〆切:7月5日(金)

  • 2024.06.06
    八王子市夢美術館 特別展 「ルーヴル美術館の銅版画...

    応募〆切:6月30日(日)

  • 2024.06.06
    アカデミー賞Ⓡ 2度受賞の名優アンソニー・ホプキン...

    応募〆切:6月20日(木)

特集 special feature 

わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の  「芸業」

特集 わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の 「芸業...

棟方志功の誤解 文=榎本了壱

VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いなる遺産

特集 VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いな...

「逝ける映画人を偲んで2021-2022」文=米谷紳之介

放浪の画家「山下 清の世界」を今。

特集 放浪の画家「山下 清の世界」を今。

「放浪の虫」の因って来たるところ 文=大竹昭子

「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

特集 「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

「いい顔」と「いい顔」が醸す小津映画の後味 文=米谷紳之介

人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

特集 人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

わが母とともに、祐三のパリへ  文=太田治子

ユーミン、半世紀の音楽旅

特集 ユーミン、半世紀の音楽旅

いつもユーミンが流れていた 文=有吉玉青

没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、展覧会「萩原朔太郎大全」の旅 

特集 没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、...

言葉の素顔とは?「萩原朔太郎大全」の試み。文=萩原朔美

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

シアタークリエへ

喜劇の人 森繁久彌

特集 喜劇の人 森繁久彌

戦後昭和を元気にした<社長シリーズ>と<駅前シリーズ>

映画俳優 三船敏郎

特集 映画俳優 三船敏郎

戦後映画最大のスター〝世界のミフネ〟

「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌 

昭和歌謡 「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の...

第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」等全22作の根幹とは

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン 文=山川静夫

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

向田邦子の散歩道

特集 向田邦子の散歩道

「昭和の姉」とすごした風景

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!