23.03.28 update

アンティーク蒐集は、男の偏愛に違いない

2019年1月1日号「街へ出よう」より


西洋アンティークは、ヨーロッパの各国の歴史や文化が感じられることが魅力だ。
陶磁器やガラス器、銀器、家具、時計、ジュエリー、インテリア小物や照明器具……
大切に受け継いでゆく西洋の暮らしぶりを想像しながら、
自分の生活にも取り入れたい。
時代にこだわることなく、ブリキ缶、バスケット、フラワーベースなどのぬくもりのあるインテリア小物は、書斎やダイニングを心豊かにくつろげる空間を演出してくれる。
実用価値、美術価値、骨董的価値などさておいて
自分だけのお気に入りのひとつを見つけに、街へ出かけよう。

photograph by Yasukuni

西洋アンティークの楽しみ

~男にしかわからない古物への偏愛~

文・太田和彦


執筆の守り神、真鍮の〝猿〟はロンドンからやって来た

 昔、ロンドンで案内された泥棒市であれこれ見てまわるうち何か買いたくなり、高さ十五センチほどの真鍮の猿に目が止まった。両足で立ち、何かを捧げるように手を差し伸べて広げ、少し横を向いた表情に愛敬がある。雄らしく股間にちょこんと突起のつくのも可愛らしい。

「イズイッツ、ラッキーモンキー?」
「オー、イエースイエース」
 売る男は「そうですそうです」と大きく手を広げて真似した。案外重いのを鞄につめて仕事場に持ち帰り、広げた腕に鉛筆を一本置くと「ご主人さまお疲れさまです、さあもう一仕事」と言うようだ。足の小さな穴は、もとは台があったのだろう。彼もはるばるロンドンから日本に新しい居場所を得た。以来、私の執筆の守り神。

 机の真空管アンプの上にある、短い四脚に首の長い小さな青銅の馬(?)は京都で買ったもので中東風だ。機能本位のアンプにこれを置くと雰囲気が温かくなった。
 鉛筆立て手前の、ややメキシコ貴族風のつばの広い帽子に肩カバン、鎖でロバを引く、高さ五センチに満たない真鍮置物はどこで買ったのか忘れた。
 後年また訪れたロンドンで、有名なノッティングヒル・ポートベローの土曜骨董市に目指して行った。およそ1キロもある通りの両側は露店が並んで人でぎっしりだ。まず右側、帰りは左側と決めてゆるゆると一巡。多いのはティーカップなど食器だが割れ物は敬遠し、目をつけたのは、細いガラス巻に気泡を一つ入れて建物などの水平をみる真鍮の水準器。古錆びて私には全く実用の意味はないが、こういう古い専門道具もまた好きなのだ。


旅先で出合う古物のお気に入りは金物ばかり


 旅をして古道具屋やアンティークショップがあるとのぞくようになった。和の古道具は盃、徳利、藍染め小皿を探すので実用でもあるが、西洋骨董のアンティークショップは純然たる趣味だ。私の好きなのは無垢の金物でとくに真鍮好き。
 京都清水寺・五条坂の骨董市で見つけた半裸で琵琶を弾く真鍮の弁天様は値段的に決断を要し、明日来てもあったら買うと決めて翌日行くとあり、価格交渉して買った。大津の古道具屋でみつけた小さな亀は案外よい値段だが頑としてまけてくれず、逆に掘り出し物なのだろうと購入。ずしりと重く文鎮にちょうど良い。京都でいつものぞく店に、アメリカのものだろうか、「1lb」と浮き彫りした量り用の正1ポンドの鉄の重しがあり、およそ450グラムはまさに文鎮と購入。アルバイトらしい女性店員は「よくこんなもの買いますね」という顔だった。中国上海の土産物屋で買った鋳鉄の大仏は座布団を敷いて安置してある。
 旅の買物に金物の難点は重いことだが、だからいい。私の父の実家は信州松本に四代続く金物職人で、幼い頃、真っ赤に焼いた鉄を叩いたり、小さな鑿で装飾を刻んでゆくのを飽かず見ていたから金物好きになったのだろう。

1 2 3 4

映画は死なず

新着記事

  • 2024.07.22
    昭和39年、純愛ドラマの先駆けとなった東芝日曜劇場...

    純愛ドラマ「愛と死をみつめて」のミコ役でトップ・スター

  • 2024.07.18
    ちあきなおみ版が複数のCMに起用されスタンダード・...

    永六輔と中村八大の「六・八コンビ」による〝黒い〟シリーズ第2弾

  • 2024.07.17
    老いが追いかけてくる ─萩原 朔美の日々   

    第19回 キジュからの現場報告

  • 2024.07.17
    [ロマンスカーミュージアム]の夏休みイベントは親子...

    7月17日(水)から

  • 2024.07.17
    <自然災害から身を守るPart2> 大型台風、暴風...

    大型台風、暴風の季節に備えて

  • 2024.07.16
    世界中の映画祭を席巻した、メキシコの新鋭監督の『夏...

    応募〆切:8月4日(日)

  • 2024.07.16
    山梨県立文学館開館35周年の特設展は「文学はおいし...

    7月13日(土)~8月25日(日)

  • 2024.07.11
    約2000株のアジサイが見ごろを迎える箱根・強羅の...

    箱根・強羅の散策に

  • 2024.07.11
    世界的ヒット曲「アイ ライク ショパン」をユーミン...

    ユーミンの「麻美ちゃんに歌わせたい」という天才的な閃き

  • 2024.07.10
    東京で唯一の大名家の美術館「永青文庫」で家紋をテー...

    7月27日(土)~9月23日(月・振)

特集 special feature 

わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の  「芸業」

特集 わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の 「芸業...

棟方志功の誤解 文=榎本了壱

VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いなる遺産

特集 VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いな...

「逝ける映画人を偲んで2021-2022」文=米谷紳之介

放浪の画家「山下 清の世界」を今。

特集 放浪の画家「山下 清の世界」を今。

「放浪の虫」の因って来たるところ 文=大竹昭子

「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

特集 「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

「いい顔」と「いい顔」が醸す小津映画の後味 文=米谷紳之介

人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

特集 人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

わが母とともに、祐三のパリへ  文=太田治子

ユーミン、半世紀の音楽旅

特集 ユーミン、半世紀の音楽旅

いつもユーミンが流れていた 文=有吉玉青

没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、展覧会「萩原朔太郎大全」の旅 

特集 没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、...

言葉の素顔とは?「萩原朔太郎大全」の試み。文=萩原朔美

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

シアタークリエへ

喜劇の人 森繁久彌

特集 喜劇の人 森繁久彌

戦後昭和を元気にした<社長シリーズ>と<駅前シリーズ>

映画俳優 三船敏郎

特集 映画俳優 三船敏郎

戦後映画最大のスター〝世界のミフネ〟

「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌 

昭和歌謡 「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の...

第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」等全22作の根幹とは

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン 文=山川静夫

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

向田邦子の散歩道

特集 向田邦子の散歩道

「昭和の姉」とすごした風景

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!