21.02.16 update

大事にしてきた本を処分する気持

私の生前整理 2015年7月1日号より


文=南 伸坊
イラストレーター、装丁デザイナー、エッセイスト

いろんなモノがたくさん溜まって……

 実は、いままさに「生前整理」を始めたところです。もっとも私は「死後」のことは考えてないので、「生前」て意識はあまりありません。

 もともと先のことは考えられないほうで、それで、思えばいろいろ失敗してきたと思います。いま、それを語りだせばキリがないのでしませんが、ともかく、現在67才、この6月が終わる頃には68才です。

 いろんなモノが沢山溜まっています。特段大事にとっておいたというわけでもないけれども、とりあえず、と思ってダンボール箱につっこんでしまったモノが、あっという間に5年6年、7年8年、9年10年なんて、かんたんに経ってしまう。

 30年前、インドのカルカッタで買った、セルロイドの粗末な人形なんて、或いはものすごく貴重になっているかもしれない。20年前に150円くらいで買った、ベニスのゴンドラのガラス細工を、もう一度買おうとすれば、それはもう世界中をさがしてもないでしょう。

 ボクの持っている、時を経て価値が出たかもしれないモノなんて、それぐらいで、いずれ、ガラクタばっかりです。

 もっとも多いのは、本ですが、古本屋さんに毎回、ダンボールで5箱6箱と売っても、売っても、まだ残ります。

 そのたびに決意して、もう処分しよう! と思った本を、なかなか処分できない。

 読んで面白かった本は、大丈夫なんです。一度は頭に入って、そのときなんらかの痕跡が残ってる。これは案外あっさり処分できます。

 処分できないのは「いつか読もう」として、ずっと読んでいない本、見栄を張って買ってはみたがなかなか歯が立たないでいる本、そんな本がいくらもある。

整理後の開放感は自分が変わる快感か

 

 ところが先日、若い頃に買った全集を思い切って処分してしまったら、おもしろいことに気がついた。全集は「稲垣足穂大全」というので、かれこれ46年、ずーっと持ちつづけてきた。

 私は稲垣足穂の『一千一秒物語』を殊に好きで、この巻だけを、何度も読んでいるけれども、ほかの巻は「いつか読もう」として、そのまま46年の歳月が流れてしまったというわけです。

 それを思いきって、全巻売ってしまった。すると、少しだけ、ツマがよく、服を捨てて「スッキリした」「気持よかった」と言っていた気持が理解できた気がした。

 私にとって、とても大事なものと思っていた本を、売ってしまったわけですが、これがなんだか妙な、解放感があったというのは、一体どういうことなんだろう?

 いまおそるおそる、いままでずっと大事にしてきた本を、大事な順にすっぱり売ってしまおうか、と考えています。

 この気持よさは、自分を新らしくする気持よさじゃないか? 自分が変わる、変わってしまうことの快感なのではないか? と考えて。

みなみ しんぼう
1947年東京生まれ、イラストレーター、装丁デザイナー、エッセイスト。 著書に『のんき図画』(青林工藝舎)、『装丁/南伸坊』(フレーベル館)、『本人の人々』(マガジンハウス)、『歴史上の本人』(朝日文庫)、『笑う茶碗』『狸の夫婦』(筑摩書房)、『黄昏』(糸井重里と共著、東京糸井重里事務所)など多数。

新着記事

  • 2023.12.09
    太宰治没後75年、短編小説『未帰還の友に』が映画化...

    12月15日(金)より全国順次公開

  • 2023.12.08
    世界の映画祭で絶賛 ! 一人の母親の愛と正義と信念...

    12月15日((金)より全国公開

  • 2023.12.08
    新連載③【キジュからの現場報告記】 ─ 萩原 朔美...

    第3回 片目の創造力

  • 2023.12.07
    [追悼]坂本龍一と国内外のアーティストとのコラボ作...

    応募〆切:12月20日(水)

  • 2023.12.07
    虎ノ門ヒルズの情報発信拠点[TOKYO NODE]...

    12月5日(火)~2月25日(日)

  • 2023.12.07
    洋楽、和製ポップス系歌手だった20歳の伊東ゆかりが...

    中尾ミエ、園まりとともに〝スパーク三人娘〟といわれた

  • 2023.12.06
    多民族、多文化が交錯する街・ロンドンで起きるであろ...

    12月15日(金)より全国公開

  • 2023.12.05
    映画を愛した和田誠の展覧会「和田誠 映画の仕事」が...

    12月12日(火)~3月24日(日)

  • 2023.12.01
    【追悼】山田太一さん(89)が本誌に遺した言葉、「...

    山田太一さんを偲ぶ

  • 2023.11.30
    映画音楽は調理の音、風の音、鳥のさえずり!?『ポト...

    12月15日(金) より全国順次公開

特集 special feature 

わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の  「芸業」

特集 わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の 「芸業...

棟方志功の誤解 文=榎本了壱

VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いなる遺産

特集 VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いな...

「逝ける映画人を偲んで2021-2022」文=米谷紳之介

放浪の画家「山下 清の世界」を今。

特集 放浪の画家「山下 清の世界」を今。

「放浪の虫」の因って来たるところ 文=大竹昭子

「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

特集 「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

「いい顔」と「いい顔」が醸す小津映画の後味 文=米谷紳之介

人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

特集 人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

わが母とともに、祐三のパリへ  文=太田治子

ユーミン、半世紀の音楽旅

特集 ユーミン、半世紀の音楽旅

いつもユーミンが流れていた 文=有吉玉青

没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、展覧会「萩原朔太郎大全」の旅 

特集 没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、...

言葉の素顔とは?「萩原朔太郎大全」の試み。文=萩原朔美

喜劇の人 森繁久彌

特集 喜劇の人 森繁久彌

戦後昭和を元気にした<社長シリーズ>と<駅前シリーズ>

映画俳優 三船敏郎

特集 映画俳優 三船敏郎

戦後映画最大のスター〝世界のミフネ〟

「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌 

昭和歌謡 「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の...

第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」等全22作の根幹とは

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン 文=山川静夫

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

シアタークリエへ

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

向田邦子の散歩道

特集 向田邦子の散歩道

「昭和の姉」とすごした風景

information »

new 新宿駅をキャンドルで灯す参加型イベント「Candle Night @ Shinjuku 2023 -新宿想い線-」鉄道5社の主催で開催!

都市 新宿駅をキャンドルで灯す参加型イベント「...

12月の新宿駅を彩るイベント

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

Present

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.2

PEOPLE frontline Vol.2
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!