22.10.26 update

シェフの冷酷さに痺れる『ザ・メニュー』間もなく公開!グルメを気取れば、恐怖のフルコースの復讐が待っている!

 舞台は、伝説のカリスマ・シェフが腕を揮う、孤島の高級レストラン「ホーソン」。本作の脚本家のウィル・トレイシーはこう回想する。「ノルウェーで個人所有の小さな島にある高級レストランで食事をしたときに、乗ってきたボートが島を離れてゆくのを追いながら、4時間はここを出られない、何かあったら大変だぞ」という恐怖感を感じた、と。『ザ・メニュー』のアイデアはこの体験から生まれた。長年の脚本パートナーのセス・リースとの名コンビは極上のスパイスである風刺の精神を効かせ、想像を超えた映像に仕立て上げた。

©2022 20th Century Studios. All rights reserved.

 世界で最も予約の取れないレストラン、ホーソンに招かれた11人のプロフィールから。偏執的なグルメマニアのタイラー。高級料理の知ったかぶりをするタイラーに辟易しながら同行するたった一人の招かれざる客、マーゴ。料理人に煙たがられている著名な料理評論家のリリアンは、「シェフのスローヴィクを見つけて育てた」と横柄な態度で公言し、腰巾着の雑誌編集者テッドをはべらせてきた。俳優業が落ち目になっている映画スターはその名を伏せて参加する。グルメ番組の司会に転身を図ろうとしているが、同行したアシスタントのフェリシティは彼が味音痴であることを知っている。だが、高級レストランでのマナーなど分かっていない下品な二人である。これまでホーソンの1250ドルのディナーを何度もリピートしてきた金持ちの熟年カップル、リチャードとアン。二人の心は通わなくなっていて、無言で口を動かすだけだったが、時の経過とともに夫リチャードの裏切りにアンは気づいていく。実はホーソンのオーナー企業はIT産業で成功した成り上がり。ITで大金をつかんだゆえに特権階級意識が鼻持ちならない、ソーレン、ブライス、デイヴの3人組がわがもの顔でテーブルを陣取った。

 予約の取れない高級レストラン、ホーソンのテーブルに11人を招いたシェフ/スローヴィクは果たしてどんなもてなしをするのか。そしてスローヴィクと招かれざる客マーゴの一触即発の戦いが始まろうとしている。

Story
アメリ力北西部・太平洋沖の小島にたたずむ高級レストラン、ホーソン。船が島に到着して給仕長のエルサに名前を告げたマーゴは、タイラーが別の女性と来るはずたったことを知る。スローヴィクがふるまう豪奢な料理を味わえるのは、選ばれた特別な客だけ。想定外の客となってしまったマーゴは、エルサから不審の目を向けられながらも入店を許される。
巨大なドアをくぐると、奥には舞台のようなオープンキッチンが広がり、シャープな制服 に身を包むスタッフたちが、整然とした動きで盛り付けを始めていた。総勢11人の今宵の客が席に着くと、スローヴィクが悠然と現れ、彼の指示のもとアミューズブーシュがサーブされる。料理の撮影は禁止というお達しを破り、素早くスマホで撮影しうっとりと味わうタイラーに、「なぜ料理にそこまで?」と呆れるマーゴ。客たちのおしゃべりで雑然となったダイニングに、突然スローヴィクが両手を打ち鳴らす音が響き渡る。厳かな前口上の締めくくりに、「一つだけお願いがあります。食べないでください」と宣告するスローヴィク。そして、ポカンとする客に「昧わうのです。味覚で、嗅覚で」と諭すのだった。続けてスローヴィクは、1品目の料理に込められた、自然の偉大さと人間の儚さについての〝ストーリー〟を語り出す。タイラーは「感動した」と涙をぬぐうが、〝スローヴィク劇場〟に違和感を覚えるマーゴのテンションは、さらに下がるばかり。再びスローヴィクの手が打ち鳴らされ、2品目の説明が始まると、客席に戸惑いが広がる。ジョークとも皮肉ともとれる料理に、「イカれてる」「演出だ」と反応も様々だ。「バカにされてる」と憮然として一口も食べないマーゴは、スローヴィクに料理の何が悪いのかと詰間されるが、「何をいつ食べるかは自分で決める」と毅然とはね返す。恐怖のフルコースのはじまり――

監督:マーク・マイロッド
脚本:セス・リース&ウィル・トレイシー
出演:シェフ/スローヴィク(レイフ・ファインズ)
エルサ(ホン・チャウ)
マーゴ(アニャ・テイラー=ジョイ)
タイラー(ニコラス・ホルト)
リリアン・ブルーム(ジャネット・マクティア)
テッド(ポール・アデルスタイン)
ジョージ・ディアス(ジョン・レグイザモ)
フェリシティ(エイミー・カレロ)
リチャード(リード・バーニー)
アン(ジュディス・ライト)
ソーレン(アルトゥール・カストロ)
ブライス(ロブ・ヤン)
デイヴ(マーク・セント・シア)

『ザ・メニュー』
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
11月18日(金)より TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

映画は死なず

新着記事

  • 2024.06.14
    創建1200年記念 特別展「神護寺─空海と真言密教...

    応募〆切:7月15日(月)

  • 2024.06.14
    実話をもとに描かれた、海の男たちの誇りと絆の戦争秘...

    応募〆切:6月25日(火)

  • 2024.06.14
    自然写真家・今森光彦のライフワークの集大成、「今森...

    6月20日(木)~9月29日(日)

  • 2024.06.13
    三浦友和&山口百恵の二人を結んだ楽曲?! 松崎しげ...

    「愛の微笑み」から改題された

  • 2024.06.11
    マニフレックス公式HPの人気連載記事『暮らしのエッ...

    6月28日(金)~30日(日)

  • 2024.06.11
    田中邦衛、山本圭、加藤剛らが出演した社会派ドラマ「...

    日本を代表する彫刻家・佐藤忠良を父にもつ

  • 2024.06.10
    韓国500万人超えの大ヒットした、予測不能の海洋ク...

    応募〆切:7月10日(水)

  • 2024.06.06
    激動の20世紀を生きたあるの男の人生。〝世紀の小説...

    応募〆切:7月5日(金)

  • 2024.06.06
    八王子市夢美術館 特別展 「ルーヴル美術館の銅版画...

    応募〆切:6月30日(日)

  • 2024.06.06
    アカデミー賞Ⓡ 2度受賞の名優アンソニー・ホプキン...

    応募〆切:6月20日(木)

特集 special feature 

わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の  「芸業」

特集 わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の 「芸業...

棟方志功の誤解 文=榎本了壱

VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いなる遺産

特集 VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いな...

「逝ける映画人を偲んで2021-2022」文=米谷紳之介

放浪の画家「山下 清の世界」を今。

特集 放浪の画家「山下 清の世界」を今。

「放浪の虫」の因って来たるところ 文=大竹昭子

「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

特集 「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

「いい顔」と「いい顔」が醸す小津映画の後味 文=米谷紳之介

人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

特集 人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

わが母とともに、祐三のパリへ  文=太田治子

ユーミン、半世紀の音楽旅

特集 ユーミン、半世紀の音楽旅

いつもユーミンが流れていた 文=有吉玉青

没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、展覧会「萩原朔太郎大全」の旅 

特集 没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、...

言葉の素顔とは?「萩原朔太郎大全」の試み。文=萩原朔美

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

シアタークリエへ

喜劇の人 森繁久彌

特集 喜劇の人 森繁久彌

戦後昭和を元気にした<社長シリーズ>と<駅前シリーズ>

映画俳優 三船敏郎

特集 映画俳優 三船敏郎

戦後映画最大のスター〝世界のミフネ〟

「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌 

昭和歌謡 「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の...

第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」等全22作の根幹とは

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン 文=山川静夫

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

向田邦子の散歩道

特集 向田邦子の散歩道

「昭和の姉」とすごした風景

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!