23.02.20 update

宮沢りえがロシア文学最高峰の名作で魅せる愛の態(かたち) 『アンナ・カレーニナ 』

「幸せな家族はどれもみな同じようにみえるが、不幸な家族にはそれぞれの不幸の形がある」という有名な書き出しで知られる、ロシアを代表する文豪トルストイが1800年代後半に書き上げた長編小説『アンナ・カレーニナ』は、世界中から称賛され、『罪と罰』『カラマーゾフの兄弟』の作家ドストエフスキーに「芸術上の完璧であって、現代、ヨーロッパの文学中、なに一つこれに比肩することのできないような作品」と言わしめ、『ブッデンブローク家の人々』『ヴェニスに死す』の作家トーマス・マンもまた、「このような見事な小説、少しの無駄もなく一気に読ませる書物、全体の構成も細部の仕上げも一点の非の打ちどころがない作品」と評し、ロシア文学の最高峰とも謳われている。

 これまでも、古くから映画化、舞台化されており、タイトルロールのアンナ・カレーニナを、映画ではグレタ・ガルボやヴィヴィアン・リーも演じており、東宝ミュージカルでは、一路真輝が演じ再演を重ねた。そして、このたび、アンナ・カレーニナを演じるのは、現在を代表するトップ舞台女優として、意欲的に数々の作品で圧巻の芝居を見せてくれる宮沢りえ。2020年に上演を予定されていたが、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い中止となった作品だけに、宮沢はじめ、キャスト、スタッフのこの作品への想いも、上演できる喜びもひとしお大きいのではなかろうか。宮沢は「温めた分だけ熱量の高い舞台にしたいと思っている」とコメントしている。

 さらに、役柄については、「アンナは本能に従って突き進む強さと、自分にブレーキをかけて葛藤する弱さと、二面性を感じる女性」「ジェットコースターのように激しい彼女の人生を演じるプレッシャーはとても大きい」と語っている。ただ、宮沢りえという女優は、プレッシャーが大きければ大きいほど、心をたぎらせ、輝きを放つ芝居を見せてくれることは数々の舞台で証明済みだ。今回も魅惑的な社交界の華である、アンナの美しさと哀しみとで、観客を惹きつけるに違いない。

 今回、演出を担当するのは、気鋭の演出家フィリップ・ブリーンで、日本で演出家として初お目見えしたのは2015年の『地獄のオルフェウス』だった。シアターコクーンのDISCOVER WORLD THEATREシリーズでは、17年に『欲望という名の電車』、19年に『罪と罰』、21年に『夜への長い旅路』と、同シリーズの最多演出家である。今回は、この名作を自身が新解釈で戯曲化し、破滅に向かうアンナの〝愛〟と、未来への希望を感じさせるリョーヴィンとキティの〝純愛〟とを対照的に描くという。宮沢りえのことを思いながら上演台本を執筆したというフィリップは「悲劇的で、優しくて、時にすごく滑稽で、でも究極的には深くて鮮やかで、散らかった人間の姿をご覧いただけると思います」と、日本の観客にメッセージを寄せている。

撮影:細野晋司

 その他の出演者は、恋には不器用ながらも真実の愛を見つけるコンスタンチン・リョーヴィンに、8年ぶりの舞台となる浅香航大。アンナと恋に墜ちる自信にあふれる美青年将校アレクセイ・ヴロンスキーに、21年の初舞台『彼女を笑う人がいても』以来2度目の舞台となる渡邊圭祐。リョーヴィンの求愛に応えるカテリーナ・シチェルバツカヤ(キティ)に、『夜への長い旅路』『広島ジャンゴ2022』など着実に舞台キャリアを積んでいる土居志央梨。加えて、キティの姉で、夫の浮気癖に悩まされながらも家族を愛するダリヤ・オブロンスカヤ(ドリー)に大空ゆうひ、ドリーとキティの母親シチェルバツカ公爵夫人に梅沢昌代、アンナの兄で、ドリーの夫、リョーヴィンの友人でもあるステパン・オブロンスキーに梶原善、アンナの夫で、アンナを愛しながらも表現する術を知らないペテルブルグ政府高官アレクセイ・カレーニンに小日向文世と、ベテラン俳優たちも結集。

撮影:細野晋司

 2023年2月24日、この日を3年間待ち続けた多くの演劇ファンの熱い視線を浴びるなか、奥深い感情に満ちあふれた華麗なる舞台の幕がいよいよ上がる。

撮影:細野晋司

COCOON PRODUCTION 2023
DISCOVER WORLD THEATRE vol.13
アンナ・カレーニナ

原作:レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ
上演台本・演出:フィリップ・ブリーン
翻訳:木内宏昌
美術:ナックス・ジョーンズ
出演:宮沢りえ 浅香航大 渡邊圭祐 土居志央梨
西尾まり 菅原永二 深見由真 金子岳憲
井上夏葉 高間智子 片岡正二郎 真那胡敬二
大空ゆうひ 梅沢昌代 梶原善 小日向文世 ほか

<東京公演>
〔公演日程〕2月24日(金)~3月19日(日)
〔会場〕Bunkamuraシアターコクーン
〔問〕Bunkamura チケットセンター03-3477-9999(10:00~17:00)

<大阪公演>
〔公演日程〕3月25日(土)~3月27日(月)
〔会場〕森ノ宮ピロティホール
〔問〕キョードーインフォメーション0570-200-888(11:00~16:00 日祝休業)

映画は死なず

新着記事

  • 2024.05.24
    吉永小百合とのコンビによる純愛路線映画『泥だらけの...

    日活青春スターとして忘れられない存在

  • 2024.05.24
    バブル期からの拝金主義で「他人を思いやることの大切...

    6月14日(金)全国公開

  • 2024.05.23
    イギリス新作映画初登場でナンバーワンの大ヒット!ま...

    6月7日(金)全国公開

  • 2024.05.23
    ホキ美術館「作家の視線─ 過去と現在、そして…」観...

    応募〆切:6月30日(日)

  • 2024.05.23
    明治期の数少ない近代洋風建築の「フェリーチェガーデ...

    6月1日(土)リニューアルオープン

  • 2024.05.23
    パッパッパヤッパーのスキャットが忘れられない、大人...

    フィンガーアクションで大ヒット

  • 2024.05.22
    今こそ〈肉体の理性〉よ! ─萩原 朔美   

    第15回 キジュからの現場報告

  • 2024.05.20
    やっぱり懐かしい!映画『男はつらいよ』の世界にひた...

    京成電車下町さんぽ<2>

  • 2024.05.17
    町田市立国際版画美術館「幻想のフラヌール―版画家た...

    応募〆切:6月10日(月)

  • 2024.05.14
    阿木燿子作詞、宇崎竜童作曲の名曲を得て、自身初とな...

    ミュージシャンという肩書が似合うようになった

特集 special feature 

わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の  「芸業」

特集 わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の 「芸業...

棟方志功の誤解 文=榎本了壱

VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いなる遺産

特集 VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いな...

「逝ける映画人を偲んで2021-2022」文=米谷紳之介

放浪の画家「山下 清の世界」を今。

特集 放浪の画家「山下 清の世界」を今。

「放浪の虫」の因って来たるところ 文=大竹昭子

「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

特集 「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

「いい顔」と「いい顔」が醸す小津映画の後味 文=米谷紳之介

人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

特集 人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

わが母とともに、祐三のパリへ  文=太田治子

ユーミン、半世紀の音楽旅

特集 ユーミン、半世紀の音楽旅

いつもユーミンが流れていた 文=有吉玉青

没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、展覧会「萩原朔太郎大全」の旅 

特集 没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、...

言葉の素顔とは?「萩原朔太郎大全」の試み。文=萩原朔美

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

シアタークリエへ

喜劇の人 森繁久彌

特集 喜劇の人 森繁久彌

戦後昭和を元気にした<社長シリーズ>と<駅前シリーズ>

映画俳優 三船敏郎

特集 映画俳優 三船敏郎

戦後映画最大のスター〝世界のミフネ〟

「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌 

昭和歌謡 「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の...

第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」等全22作の根幹とは

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン 文=山川静夫

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

向田邦子の散歩道

特集 向田邦子の散歩道

「昭和の姉」とすごした風景

information »

new 明治期の数少ない近代洋風建築の「フェリーチェガーデン日比谷」が6月1日(土)リニューアルオープン

明治期の数少ない近代洋風建築の「フェリー...

6月1日(土)リニューアルオープン

ロマンスカーミュージアムが3周年記念イベントを開催!

イベント ロマンスカーミュージアムが3周年記念イベ...

4月10日(水)~5月27日(日)

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!