23.05.29 update

渡辺えりが新派公演初登場で、水谷八重子、波乃久里子と共演 『三婆(さんばば)』

 昭和を代表する作家・有吉佐和子の作品は、演劇界でも数多く上演されている。『香華』『華岡青洲の妻』『不信のとき』『乱舞』『芝櫻』『木瓜の花』『真砂屋お峰』『和宮様御留』『紀ノ川』『恍惚の人』『悪女について』と、思い浮かべるだけでも斯くのごとし。演劇に造詣が深く『ふるあめりかに袖はぬらさじ』という戯曲も執筆している。本作『三婆』もまた、1973年に今回と同じく、小幡欣治の名脚本により舞台化されて以来、上演を重ねてきた作品である。

 戦後の高度成長期を時代背景に、なおも女たちが直面していた社会的制約や不平等の中で、本妻・愛人・義妹という各々異なる立場や環境に置かれているにもかかわらず、自分自身を見つめ、自分の人生を生きることを選択する女たちの老後問題をユーモアたっぷりに描き出し、三人の主人公たちの葛藤や成長が観客たちに深い共感を呼び起こしてきた。この芝居の要はそれぞれの役を演じる三人の女優たちの顔合わせであろう。

 73年の初演では市川翆扇・一の宮あつ子・北林谷栄という、新派、商業演劇、新劇のベテラン女優が顔をそろえたツウ好みの顔合わせだった。その後も、池内淳子・渡辺美佐子・加藤治子、水谷八重子・浅丘ルリ子・山本陽子など、その都度魅力的な競演が話題になった。

 今回の公演は、〝新派百三十五年記念〟と謳い、不安定な立場の愛人の駒代に水谷八重子、プライドにしがみつく本妻松子に波乃久里子という新派の二大女優、そして血縁にしか頼るものがない義妹タキに、新派公演初登場となる渡辺えりという、一筋縄ではいかない波乱の物語を予感させる女優たちの顔合わせが実現した。演出は、新派をはじめ、歌舞伎、ミュージカルと幅広いジャンルの作・演出を手がけている齋藤雅文が務める。

 新派としてはおよそ3、4年ぶりとなる製作発表では、三女優がそろって会見に臨み、「やはり、お客様にしょっちゅう役者としての姿を見せていなければいけないと思っている」と八重子が言えば、久里子は「60年以上役者をやっていても、気持はいつも新人」と応え、渡辺えりは「20歳のころ、美輪明宏さんに花柳章太郎さんの『日本橋』の映像を見せていただいたことがありますが、そんな歴史ある新派の公演に参加できるなんて考えられない」と新派初参加の感想を述べると共に、「小劇団ではありえませんが、今回一番の新人として、みなさんの芸を盗むつもりです」と意欲をみせた。そして「女性の場合はどう表現すればいいのかわかりませんが、褌を締め直して今回の公演に臨む」と、場内を笑わせたが、渡辺の新派公演にかける意気込みが伝わってきた。

 実は3、40年くらい前に久里子から新派の舞台に出ないかと誘われた渡辺。八重子は渡辺を「新派の舞台に出なきゃいけないと運命づけられている役者で、やっと実現したという思いです」と渡辺の参加を喜んでいる。

1 2

映画は死なず

新着記事

  • 2024.07.22
    昭和39年、純愛ドラマの先駆けとなった東芝日曜劇場...

    純愛ドラマ「愛と死をみつめて」のミコ役でトップ・スター

  • 2024.07.18
    ちあきなおみ版が複数のCMに起用されスタンダード・...

    永六輔と中村八大の「六・八コンビ」による〝黒い〟シリーズ第2弾

  • 2024.07.17
    老いが追いかけてくる ─萩原 朔美の日々   

    第19回 キジュからの現場報告

  • 2024.07.17
    [ロマンスカーミュージアム]の夏休みイベントは親子...

    7月17日(水)から

  • 2024.07.17
    <自然災害から身を守るPart2> 大型台風、暴風...

    大型台風、暴風の季節に備えて

  • 2024.07.16
    世界中の映画祭を席巻した、メキシコの新鋭監督の『夏...

    応募〆切:8月4日(日)

  • 2024.07.16
    山梨県立文学館開館35周年の特設展は「文学はおいし...

    7月13日(土)~8月25日(日)

  • 2024.07.11
    約2000株のアジサイが見ごろを迎える箱根・強羅の...

    箱根・強羅の散策に

  • 2024.07.11
    世界的ヒット曲「アイ ライク ショパン」をユーミン...

    ユーミンの「麻美ちゃんに歌わせたい」という天才的な閃き

  • 2024.07.10
    東京で唯一の大名家の美術館「永青文庫」で家紋をテー...

    7月27日(土)~9月23日(月・振)

特集 special feature 

わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の  「芸業」

特集 わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の 「芸業...

棟方志功の誤解 文=榎本了壱

VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いなる遺産

特集 VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いな...

「逝ける映画人を偲んで2021-2022」文=米谷紳之介

放浪の画家「山下 清の世界」を今。

特集 放浪の画家「山下 清の世界」を今。

「放浪の虫」の因って来たるところ 文=大竹昭子

「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

特集 「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

「いい顔」と「いい顔」が醸す小津映画の後味 文=米谷紳之介

人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

特集 人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

わが母とともに、祐三のパリへ  文=太田治子

ユーミン、半世紀の音楽旅

特集 ユーミン、半世紀の音楽旅

いつもユーミンが流れていた 文=有吉玉青

没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、展覧会「萩原朔太郎大全」の旅 

特集 没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、...

言葉の素顔とは?「萩原朔太郎大全」の試み。文=萩原朔美

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

シアタークリエへ

喜劇の人 森繁久彌

特集 喜劇の人 森繁久彌

戦後昭和を元気にした<社長シリーズ>と<駅前シリーズ>

映画俳優 三船敏郎

特集 映画俳優 三船敏郎

戦後映画最大のスター〝世界のミフネ〟

「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌 

昭和歌謡 「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の...

第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」等全22作の根幹とは

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン 文=山川静夫

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

向田邦子の散歩道

特集 向田邦子の散歩道

「昭和の姉」とすごした風景

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!