23.06.28 update

第10回 帯津さん。二階に行って!

人生百年時代――とはいえ、老いさらばえて100歳を迎えたくはない。
健康で生気みなぎるような日々を過ごせてこそ、ナイス・エイジングだ!
西洋医学だけでなく東洋医学、ホメオパシー、代替医療まで、
人間を丸ごととらえるホリスティック医学でガン治療を諦めない医師、
帯津良一の養生訓は、「こころの深奥に〝ときめき〟あれ」と説く。



帯津良一・87歳のときめき健康法

文=帯津 良一

 1959年9月26日に潮岬付近に上陸した伊勢湾台風が関東地方を抜けたのが9月27日。その日の夕方、それほど強くはなかったが東京もそれなりの風雨に揺れていた。
 当時、私は医学部の3年生。西片町に下宿していた。馴染みの店で夕食を済ませて、帰って来ると下宿の近くの大通りの一角に小さなバーが開店している。表に立て掛けられた花輪が雨に濡れていて、明かりのついた店内からさんざめきが聞こえて来る。

「はて? こんな処にバーが!」

 といささか興味を抱きながらもその日はそのまま帰宅。「バー・フローラ」の開店である。

 2~3日して訪ねてみた。こぢんまりした店内である。カウンターの7席のみ。カウンターのなかにはママさんとアルバイトの女性が一人。東京大学附属の看護学校の学生さんだという。ママさんは20代の後半。才色兼備の女性である。一度で気に入ってしまった。

 それからせっせと通うようになる。飲み物はもっぱら一杯50円のトリスのハイボール。お客さんは近所の人が少しと、多くは東京大学の学生さんと職員の人。カウンターがすでに満席になって後ろで立ち飲みしている人も珍しくない。

 人気の中心はなんとってもママさんだ。美人にして端正な色気がある。そのうえ記憶力が抜群である。一度来たお客さんのことはかなり細部まで正確に覚えている。お客さんにしてみれば、自分だけが関心を持たれていると思い、悪い気はしない。

「バー・フローラ」の美人ママと筆者

 そのうち店内が混んでくると、ママさんが、

「帯津さん。二階に行って!」

 と言う。二階のママさんの部屋に行って飲んでいてくれと言うのである。私は他のお客さんの羨望のまなざしの中をハイボールのコップを持って二階に上がったものである。ママさんの色気を感じつつ、鏡台の前に坐って一人杯を傾けるのもなかなか乙なものであった。連れがあればまた異なった風情がある。

 大学を卒業して医者になってからもバー・フローラ通いは続く。勤務地によってその頻度は変わっても、40年にわたって通い続けたものである。その間彼女はくも膜下出血のために私の勤務していた都立駒込病院で手術を受けたり、私たちの中国の揚州への旅に参加して生涯只一度の海外旅行を経験しながら、70歳を超えての引退を前に突然の急性腹症によって幽明界を異にする。

 男泣きに満ちた葬儀の会場で数少ない女性客の一人から、

「ママさんはお客さんのなかで誰をいちばん好きだったと思います? 先生よ!」
 と言われて、万感胸に迫ったものである。


おびつ りょういち
1936年埼玉県川越市生まれ。東京大学医学部卒業、医学博士。東京大学医学部第三外科に入局し、その後、都立駒込病院外科医長などを経て、1982年、埼玉県川越市に帯津三敬病院を設立。そして2004年には、池袋に統合医学の拠点、帯津三敬塾クリニックを開設現在に至る。日本ホリスティック医学協会名誉会長、日本ホメオパシー医学会理事長著書も「代替療法はなぜ効くのか?」「健康問答」「ホリスティック養生訓」など多数あり。その数は100冊を超える。現在も全国で講演活動を行っている。講演スケジュールなどは、https://www.obitsusankei.or.jp/をご覧ください。

新着記事

  • 2023.12.09
    太宰治没後75年、短編小説『未帰還の友に』が映画化...

    12月15日(金)より全国順次公開

  • 2023.12.08
    世界の映画祭で絶賛 ! 一人の母親の愛と正義と信念...

    12月15日((金)より全国公開

  • 2023.12.08
    新連載③【キジュからの現場報告記】 ─ 萩原 朔美...

    第3回 片目の創造力

  • 2023.12.07
    [追悼]坂本龍一と国内外のアーティストとのコラボ作...

    応募〆切:12月20日(水)

  • 2023.12.07
    虎ノ門ヒルズの情報発信拠点[TOKYO NODE]...

    12月5日(火)~2月25日(日)

  • 2023.12.07
    洋楽、和製ポップス系歌手だった20歳の伊東ゆかりが...

    中尾ミエ、園まりとともに〝スパーク三人娘〟といわれた

  • 2023.12.06
    多民族、多文化が交錯する街・ロンドンで起きるであろ...

    12月15日(金)より全国公開

  • 2023.12.05
    映画を愛した和田誠の展覧会「和田誠 映画の仕事」が...

    12月12日(火)~3月24日(日)

  • 2023.12.01
    【追悼】山田太一さん(89)が本誌に遺した言葉、「...

    山田太一さんを偲ぶ

  • 2023.11.30
    映画音楽は調理の音、風の音、鳥のさえずり!?『ポト...

    12月15日(金) より全国順次公開

特集 special feature 

わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の  「芸業」

特集 わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の 「芸業...

棟方志功の誤解 文=榎本了壱

VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いなる遺産

特集 VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いな...

「逝ける映画人を偲んで2021-2022」文=米谷紳之介

放浪の画家「山下 清の世界」を今。

特集 放浪の画家「山下 清の世界」を今。

「放浪の虫」の因って来たるところ 文=大竹昭子

「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

特集 「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

「いい顔」と「いい顔」が醸す小津映画の後味 文=米谷紳之介

人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

特集 人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

わが母とともに、祐三のパリへ  文=太田治子

ユーミン、半世紀の音楽旅

特集 ユーミン、半世紀の音楽旅

いつもユーミンが流れていた 文=有吉玉青

没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、展覧会「萩原朔太郎大全」の旅 

特集 没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、...

言葉の素顔とは?「萩原朔太郎大全」の試み。文=萩原朔美

喜劇の人 森繁久彌

特集 喜劇の人 森繁久彌

戦後昭和を元気にした<社長シリーズ>と<駅前シリーズ>

映画俳優 三船敏郎

特集 映画俳優 三船敏郎

戦後映画最大のスター〝世界のミフネ〟

「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌 

昭和歌謡 「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の...

第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」等全22作の根幹とは

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン 文=山川静夫

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

シアタークリエへ

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

向田邦子の散歩道

特集 向田邦子の散歩道

「昭和の姉」とすごした風景

information »

new 新宿駅をキャンドルで灯す参加型イベント「Candle Night @ Shinjuku 2023 -新宿想い線-」鉄道5社の主催で開催!

都市 新宿駅をキャンドルで灯す参加型イベント「...

12月の新宿駅を彩るイベント

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

Present

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.2

PEOPLE frontline Vol.2
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!