new 24.05.02 update

〝私をカンヌに連れてって〟くれたエドワード・ヤン監督『ヤンヤン 夏の想い出』で監督賞受賞

1981年にフジテレビジョンに入社後、編成局映画部に配属され「ゴールデン洋画劇場」を担当することになった河井真也さん。そこから河井さんの映画人生が始まった。
『南極物語』での製作デスクを皮切りに、『私をスキーに連れてって』『Love Letter』『スワロウテイル』『リング』『らせん』『愛のむきだし』など多くの作品にプロデューサーとして携わり、劇場「シネスイッチ」を立ち上げ、『ニュー・シネマ・パラダイス』という大ヒット作品も誕生させた。
テレビ局社員として映画と格闘し、数々の〝夢〟と〝奇跡〟の瞬間も体験した河井さん。
この、連載は映画と人生を共にしたテレビ局社員の汗と涙、愛と夢が詰まった感動の一大青春巨編である。


 21世紀間近の1999年。この前後はアジアに、といっても韓国、中国、台湾、香港がメインだが数十回行ったり来たりの日々になった。

 エドワード・ヤン監督と会えたのも『スワロウテイル』の台湾公開キャンペーンで、たまたま台北でお会いできたからである。初対面なのに「カンヌ国際映画祭のコンペティションでパルムドールを目指す映画を一緒にやりましょう!」というと、「やろう!」と。

『LoveLetter』『スワロウテイル』『リング』等が各国で上映になり、プロモーションで海外へ行くことも多かったが、Y2Kなど2000年を起点とする問題が話題になったり、これからの日本、アジアはどうなっていくのだろうというような会話が増えた時期でもあった。

『スワロウテイル』の次の岩井俊二監督の新作は何か? を問われることもしばしばで、今度は、より国際的というか、海外でも話題となる映画を目指していた。

 当時の企画書を見ると、岩井俊二、エドワード・ヤン、ウォン・カーウァイの3人の監督がアジアから21世紀に向けて放つ、長編映画3本。オムニバスではなく、競作というのでもない。

▲打ち合わせのテーブルにつく正面3人の監督たち。右からエドワード・ヤン、岩井俊二、スタンリー・クワン。 

 テーマだけは「アジアの監督たちが、21世紀に変わる今、何を考えるか……」のような話になり、理工系のエドワード・ヤン監督がY2Kの「バグ(プログラムの誤りや欠陥)」をモチーフにしたらどうか……の流れで一旦は「Y2Kプロジェクト」と名付けてスタートした。エドワードは1ドル札と1セントのコインを前に出し「この2つに共通する書かれている文字は何か?」と言われ皆ポカンとしたが、すべてのお札、コインに「In God We Trust」とある。彼が「お金にも【神様】を入れておかないと信じあえない……」という話になり、全体のタイトルは「In God We Trust」になった。流石にアメリカの大学で計算機工学を学んだ人で、「アジア人はお札やコインに神の文字は入れないよね」これが映画全体のコンセプトにもなった。

 製作費は主に日本で、各監督同様を考えたが、そんなに簡単には行かない。まず、ウォン・カーウァイ監督が脱落。シナリオを書かない、ストーリーもプロデューサーには見せない……など彼独特のやり方について行けなかったこともあった。その後、香港の俳優に聞くと、スタンリー・クワン監督と仕事をしたい女優が多く、僕も彼の『ロアン・リンユイ 阮玲玉』(1991香港)が好きだった。マギー・チャンがベルリン国際映画祭主演女優賞を獲得している。そんなこともあり、台湾出身のスー・チーやマカオ出身のミッシェル・リーらが参加してくれることとなる。

 1998年9月24日。釜山。第三回釜山国際映画祭でこの3人の監督と共に、雛壇に並び、製作発表を行った。本当は韓国の監督も考えたが、それ以前の韓国では日本映画の公開も微妙であり、日本、香港、台湾の監督にした。それでも、大好きな釜山映画祭には1回目から参加しており、その場所で発表を行いたかった。

▲アジアから21世紀に向けて放つ長編映画3本ということで、製作発表が1998年に韓国の釜山国際映画祭の場で行われた。製作発表には日本、台湾、香港の監督がそろった。雛壇に並ぶ右から香港のスタンリー・クワン、日本の岩井俊二、台湾のエドワード・ヤン、そして筆者。その後、残念ながら岩井俊二は抜けることになるが、岩井はエドワード・ヤン監督『ヤンヤン 夏の想い出』の日本版予告を手がけた。

 ここからまたハプニングが起こる。企画内容、製作費など色んな要因はあるが、岩井俊二監督が、まさかの脱落。元々、岩井監督の次回作を模索しているところからスタートして、日本のテレビ局も参加予定だった。ただ、岩井監督がいないと企業としては大きく目論見が違ったこともあり、数社はフェードアウトになってしまった。僕の読みも甘かったと言える。残された、香港と台湾の監督。スタンリーの『異邦人たち』には日本から大沢たかおさん、桃井かおりさんの参加も決めていた。資本を立て直し、ポニーキャニオン、オメガ・プロジェクト、博報堂が残ってくれた。感謝である。

▲2000年のベルリン国際映画祭に出品された日本・香港合作映画『異邦人たち』。監督のスタンリー・クワンは、香港の映画監督であり、映画プロデューサーでもある。大沢たかお、ミッシェル・リー、スー・チー、桃井かおりといった魅力的なキャスティングだった。

1 2 3

映画は死なず

新着記事

  • 2024.05.22
    今こそ〈肉体の理性〉よ! ─萩原 朔美   

    第15回 キジュからの現場報告

  • 2024.05.20
    やっぱり懐かしい!映画『男はつらいよ』の世界にひた...

    京成電車下町さんぽ<2>

  • 2024.05.17
    町田市立国際版画美術館「幻想のフラヌール―版画家た...

    応募〆切:6月10日(月)

  • 2024.05.14
    阿木燿子作詞、宇崎竜童作曲の名曲を得て、自身初とな...

    ミュージシャンという肩書が似合うようになった

  • 2024.05.14
    全米の映画賞を席巻した話題作『ホールドオーバーズ ...

    応募〆切:6月5日(水)

  • 2024.05.14
    『あぶない刑事』の舘ひろし&柴田恭兵、70歳超コン...

    5月24日(金)公開

  • 2024.05.10
    背中トントン懐かしい ─萩原 朔美   

    第14回 キジュからの現場報告

  • 2024.05.10
    練馬区立美術館「三島喜美代─未来への記憶」展 観賞...

    応募〆切:5月31日(金)

  • 2024.05.10
    <特集>帰ってきた日本文化の粋 ─ 今、時代劇が熱...

    文=米谷紳之介

  • 2024.05.09
    吉田修一原作×大森立嗣監督が『湖の女たち』で再びタ...

    5月17日(金)全国公開

特集 special feature 

わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の  「芸業」

特集 わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の 「芸業...

棟方志功の誤解 文=榎本了壱

VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いなる遺産

特集 VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いな...

「逝ける映画人を偲んで2021-2022」文=米谷紳之介

放浪の画家「山下 清の世界」を今。

特集 放浪の画家「山下 清の世界」を今。

「放浪の虫」の因って来たるところ 文=大竹昭子

「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

特集 「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

「いい顔」と「いい顔」が醸す小津映画の後味 文=米谷紳之介

人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

特集 人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

わが母とともに、祐三のパリへ  文=太田治子

ユーミン、半世紀の音楽旅

特集 ユーミン、半世紀の音楽旅

いつもユーミンが流れていた 文=有吉玉青

没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、展覧会「萩原朔太郎大全」の旅 

特集 没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、...

言葉の素顔とは?「萩原朔太郎大全」の試み。文=萩原朔美

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

シアタークリエへ

喜劇の人 森繁久彌

特集 喜劇の人 森繁久彌

戦後昭和を元気にした<社長シリーズ>と<駅前シリーズ>

映画俳優 三船敏郎

特集 映画俳優 三船敏郎

戦後映画最大のスター〝世界のミフネ〟

「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌 

昭和歌謡 「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の...

第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」等全22作の根幹とは

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン 文=山川静夫

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

向田邦子の散歩道

特集 向田邦子の散歩道

「昭和の姉」とすごした風景

information »

ロマンスカーミュージアムが3周年記念イベントを開催!

イベント ロマンスカーミュージアムが3周年記念イベ...

4月10日(水)~5月27日(日)

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!