22.10.17 update

第9回 映画『ホタル』の舞台挨拶で、「震えるんだよね」と言った高倉健

 本社の宣伝部長としての最大の仕事は、まず、宣伝のプロジェクトチームのメンバーを組むこと。宣伝プロデューサー、プロデューサー補佐、ポスターなどのアド担当、テレビ担当、紙媒体担当など、6、7人くらいのチームを組む。それを組んだら、部長の仕事はほぼ終わりだと言っていい。あとは製作委員会と社内の調整くらい。

 私が本社の映画宣伝部長として一から関わった映画は『北の零年』である。ただ、宣伝部長というのは、宣伝にはほとんどタッチしない。製作委員会に出て宣伝費を確保すること、そして宣伝プロジェクトチームを作るのが主な仕事。宣伝プロデユーサーというチームリーダーがいるので、宣伝業務は任せっきりである。ただ、問題が発生したときのトラブル処理のため、各方面に頭を下げるのは私の出番である。担当者では埒が明かない。相手の事務所もそうだが、なんでも肩書がものを言う。そのための肩書でもある。この3つが主な仕事。

 宣伝部長というのは捕鯨船の母船で、いくつもの船団が鯨を捕って戻ってくるのを、静かに見守って待っていればいい、と部下から言われたことがある。宣伝費は大体オーバーする。そのときは上司がなんとか処理してくれるだろうということで、宣伝費の増額を製作委員会で承認をもらって、稟議をあげてもらうというのが、かなりの大仕事だった。だが、一番大変な仕事はチームの編成だった。人間関係だから、それぞれに組みたい相手がいて、それを全部聞き届けていたら大変である。撮影開始までにチームを作らなければならないのだから。

2001年、東映創立50周年記念として公開された、『鉄道員(ぽっぽや)』や『あなたへ』などの名コンビ、降旗康男監督、高倉健主演による『ホタル』。高倉健は、特攻隊の生き残りの男を演じ、その妻を『夜叉』や『あなたへ』でも相手役として共演している田中裕子が演じている。高倉は、心に深い傷を負った人物が、まるで人生を償うように、ひっそりと生きる男を演じるとき、台詞以上に、高倉健という存在自体がその登場人物と重なり、観る人の心に説得力をもって入り込んでくる。そして、田中裕子もまた、高倉健演じる男に寄り添うとき、高倉の役柄と同じような悲しみを湛えた女に映る。複数の作品で共演しているのも、高倉が田中の中にそんな色彩を見ていたからではないかと思えるのだ。また、特攻隊として空に散っていった男たちを見守り続けた〝知覧の母〟と呼ばれる女性を奈良岡朋子が演じ、ブルーリボン賞助演女優賞を受賞している。奈良岡朋子もまた、高倉が敬愛した女優だった。高倉自身も日本アカデミー賞主演男優賞にノミネートされたが、後輩の俳優に道を譲りたい、と辞退したことはよく知られている。井川比佐志、小林稔侍、夏八木勲、石橋蓮司、小澤征悦、中井貴一らも出演。©2001「ホタル」製作委員会

 正月映画として吹っ飛んだ『ホタル』は、結局2001年5月26日に公開された。宣伝の仕事で失敗したなと思ったのは、この『ホタル』のときである。宣伝の仕事というのは、いかにテレビの朝のワイドショーなどで紹介してもらうかがメインテーマになる。『ホタル』の完成披露のときだった。主演の高倉健が舞台挨拶で登壇する際には、通常は拍手で迎える。健さんは基本的に上映前は舞台挨拶をしない。上映後に館内が明るくなって、そこでたった今作品を観て感激している観客の大きな喝采の拍手の中、舞台に登場するのだが、このときは、タイトルにちなんで、ホタルの光よろしく、1200のペンライトで迎えることになった。拍手がまったくなく、客席にはホタルが飛び交っているだけ。観客はペンライトを振っているから、拍手ができない。シーンと静まり返ってしまって、なんとも、盛り上がりのない状況になってしまった。俳優は観客の拍手が欲しくて舞台に立つんだと、叱られた。

 その数日後、映画の舞台となった鹿児島に健さんと共にキャンペーンに出かけた。1800人収容のスタジアムスタイルの会場で、私はそのとき舞台の袖にいた。客席は満席である。上映が終わって、いよいよ高倉健の登場。そうすると、怒涛のというか、割れんばかりの拍手が、波が押し寄せるように会場内に轟いた。今でもはっきりと覚えているが、そのとき健さんが「震えるんだよね」と、私の顔を見てニヤッと笑って言った。そのときに、「宣伝というのはこういうことなんだよ」と言われたような気がした。もちろん、健さんが宣伝の云々について実際口に出して言ったりはしないが、瞬間、私は、そう言われたような感じがしたのだ。小手先の宣伝をするなよ、奇を衒ったような宣伝をするなよ、と言われたような気がしたのだ。高倉健との私の忘れられない想い出であり、宣伝とは何たるかを実感させられた瞬間だった。

 次回は社長の仕事のあれこれについて話をしましょう。

 

1 2 3 4

映画は死なず

新着記事

  • 2024.03.01
    今から準備、青森県内の美術館5館によるアートフェス...

    青森県で現代美術を楽しむ!

  • 2024.03.01
    金塊強盗からスーパースターへ!信じられないような実...

    応募〆切:3月25日(月)

  • 2024.03.01
    森美術館 ブラック・アートと日本の「民藝」の融合、...

    4月24日(水)~9月1日(日)

  • 2024.03.01
    なぜ世田谷区はアーティストの街になったか。「世田谷...

    山口蓬春、植草甚一、舟越保武らも

  • 2024.02.29
    美空ひばり、成城の通りで歌う! 〝成城ロケ映画〟の...

    文=高田雅彦

  • 2024.02.29
    『ブギウギ』の淡谷のり子のドレスアップと重なる燕尾...

    東映映画『国定忠治』の名文句が忘れられない

  • 2024.02.28
    小林武史、三上博史、山口智子、種田陽平……映画『ス...

    文=河井真也

  • 2024.02.28
    破天荒なドイツのラッパーのサクセスストーリー!『女...

    3月29日(金)より全国順次公開

  • 2024.02.27
    芝居はボケ防止になるという話─萩原 朔美の日々 ...

    楽屋での雑談もまた楽し

  • 2024.02.27
    森ビルの「ヒルズ街育プロジェクト」が文部科学大臣賞...

    森ビルの街づくりが表彰される!

特集 special feature 

わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の  「芸業」

特集 わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の 「芸業...

棟方志功の誤解 文=榎本了壱

VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いなる遺産

特集 VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いな...

「逝ける映画人を偲んで2021-2022」文=米谷紳之介

放浪の画家「山下 清の世界」を今。

特集 放浪の画家「山下 清の世界」を今。

「放浪の虫」の因って来たるところ 文=大竹昭子

「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

特集 「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

「いい顔」と「いい顔」が醸す小津映画の後味 文=米谷紳之介

人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

特集 人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

わが母とともに、祐三のパリへ  文=太田治子

ユーミン、半世紀の音楽旅

特集 ユーミン、半世紀の音楽旅

いつもユーミンが流れていた 文=有吉玉青

没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、展覧会「萩原朔太郎大全」の旅 

特集 没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、...

言葉の素顔とは?「萩原朔太郎大全」の試み。文=萩原朔美

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

シアタークリエへ

喜劇の人 森繁久彌

特集 喜劇の人 森繁久彌

戦後昭和を元気にした<社長シリーズ>と<駅前シリーズ>

映画俳優 三船敏郎

特集 映画俳優 三船敏郎

戦後映画最大のスター〝世界のミフネ〟

「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌 

昭和歌謡 「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の...

第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」等全22作の根幹とは

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン 文=山川静夫

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

向田邦子の散歩道

特集 向田邦子の散歩道

「昭和の姉」とすごした風景

information »

new 森ビルの「ヒルズ街育プロジェクト」が文部科学大臣賞を受賞

都市 森ビルの「ヒルズ街育プロジェクト」が文部...

森ビルの街づくりが表彰される!

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.2

PEOPLE frontline Vol.2
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!