【愛しきドーナツ盤の時代】作詞・松本隆、作曲・筒美京平の大ヒット曲、中原理恵「東京ららばい」(昭和53年)

アナログレコードの1分間45回転で、中央の円孔が大きいシングルレコード盤をドーナツ盤と呼んでいた。
昭和の歌謡界では、およそ3か月に1枚の頻度で、人気歌手たちは新曲をリリースしていて、新譜の発売日には、学校帰りなどに必ず近所のレコード店に立ち寄っていた。
お目当ての歌手の名前が記されたインデックスから、一枚ずつレコードをめくっていくのが好きだった。ジャケットを見るのも楽しかった。
1980年代に入り、コンパクトディスク(CD)の開発・普及により、アナログレコードは衰退するが、それでもオリジナル曲への愛着もあり、アナログレコードの愛好者は存在し続けた。
近年、レコード復活の兆しがあり、2021年にはアナログレコード専門店が新規に出店されるなど、レコード人気が再燃している気配がある。
ふと口ずさむ歌は、レコードで聴いていた昔のメロディだ。
ジャケット写真を思い出しながら、「コモレバ・コンピレーション・アルバム」の趣で、懐かしい曲の数々を毎週木曜に1曲ずつご紹介する。


 2021年4月17日・18日に東京国際フォーラムで、前年亡くなった作曲家・編曲家の筒美京平を偲んで「~筒美京平 オフィシャル・トリビュート・プロジェクト~ザ・ヒット・ソング・メーカー筒美京平の世界 in コンサート」が開催され、多くの人々が筒美京平の世界に酔いしれると共に、あの曲も、この曲も筒美京平だったのか、とその偉業に感嘆した。ジュディ・オング、野口五郎、郷ひろみ、太田裕美、岩崎宏美ら、筒美京平作品にゆかりの多くの歌手が出演するなか、平山三紀が「真夏の出来事」、麻丘めぐみが「わたしの彼は左きき」、そして、久しぶりにナマ歌で浅田美代子が「赤い風船」を歌うなど、レコードで聴いたオリジナル歌手による歌はいいものだと感激しつつ、もしかしたら、中原理恵も登場するのかと期待したが、残念ながら「東京ららばい」は別の歌手によって披露された。だが、やはり「東京ららばい」は、筒美京平の代表作の一つとして認識されているのだと納得した。

イラスト=山﨑杉夫

 「東京ららばい」は、1978年3月21日に、CBS・ソニーよりリリースされた。中原理恵は、この曲で日本レコード大賞新人賞を受賞し、NHK紅白歌合戦にも初出場した。「東京ららばい」を思い出すとき、同時に渡辺真知子の「迷い道」や、庄野真代の「飛んでイスタンブール」が浮かんでくる。この年のレコード大賞の各賞を受賞した曲を調べてみると、やはり、渡辺真知子は「かもめが翔んだ日」で、最優秀新人賞を受賞し、「飛んでイスタンブール」と「東京ららばい」で筒美京平は作曲賞を受賞している。レコード大賞はピンク・レディー「UFO」、最優秀歌唱賞は沢田研二「LOVE(抱きしめたい)」だった。

 そのほかにも、研ナオコ「かもめはかもめ」、桜田淳子「しあわせ芝居」、岩崎宏美「シンデレラ・ハネムーン」、大橋純子「たそがれマイ・ラブ」、西城秀樹「ブルースカイ ブルー」、山口百恵「プレイバックPart2」、サーカス「Mr.サマータイム」、石野真子「失恋記念日」、受賞は辞退しているが世良公則&ツイスト「銃爪(ひきがね)」など、いずれも耳になじみの曲ばかりである。40年以上経った現在でもイントロから口ずさめるのだから、当時の歌謡曲の威力はすごい。

 さらに、その年の紅白歌合戦に中原理恵と共に初出場を果たした歌手は、渡辺、庄野、サーカスのほか、榊原郁恵、「青葉城恋唄」のさとう宗幸、「キャンディ」「タイム・トラベル」の原田真二、そしてツイストも紅白歌合戦には出場している。まだ、歌謡曲が幸せな時代だったのかなと思ったりもする。

 「東京ららばい」は、作詞・松本隆、作曲・筒美京平のゴールデン・コンビによるもので、今でも、カラオケなどでは人気の曲である。続く「ディスコ・レディー」も同じコンビでヒットした。77年から79年あたりは、日本の第2次ディスコ・ブームと呼ばれていて、ジョン・トラボルタ主演の映画『サタデー・ナイト・フィーバー』が大ヒットしたのも78年である。今やクラブと呼ばれているが、ディスコ、ディスコテークという言葉が現役で、私もそうだったが、若者たちが一晩中〝フィーバー〟していた時代のヒット曲である。この曲を聴くと、エネルギーが有り余っていた頃、始発帰りする若者であふれていた六本木のなんとも気怠い朝の風景がよみがえってくる。それにしても、中原理恵は引退してしまったのだろうか。

文=渋村 徹

サントリー美術館様

特集 special feature 

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」など全22作の根幹とは

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

特集 91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ

丸山智己さんと狛江

town story 丸山智己さんと狛江

~郊外住宅地・狛江の夜を愉しむ~

光石研さんと梅ケ丘

town story 光石研さんと梅ケ丘

普段着の味わいがする「梅ヶ丘」を楽しむ

千歳船橋と町田啓太さん

town story 千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋は名優が暮した町

松下洸平さんと参宮橋

town story 松下洸平さんと参宮橋

参宮橋は大都会の隣町の風情

鈴木伸之さんと喜多見

town story 鈴木伸之さんと喜多見

喜多見は〝ほどよい〟郊外タウン

蒼彦太さんと読売ランド前

town story 蒼彦太さんと読売ランド前

遊園地の町「読売ランド前」で大人の休日を楽しむ

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.2

PEOPLE frontline Vol.2
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!