new 22.08.03 update

【愛しきドーナツ盤の時代】昭和40年紅白歌合戦トップバッターを飾った 舟木一夫「高原のお嬢さん」

アナログレコードの1分間45回転で、中央の円孔が大きいシングルレコード盤をドーナツ盤と呼んでいた。
昭和の歌謡界では、およそ3か月に1枚の頻度で、人気歌手たちは新曲をリリースしていて、新譜の発売日には、学校帰りなどに必ず近所のレコード店に立ち寄っていた。
お目当ての歌手の名前が記されたインデックスから、一枚ずつレコードをめくっていくのが好きだった。ジャケットを見るのも楽しかった。
1980年代に入り、コンパクトディスク(CD)の開発・普及により、アナログレコードは衰退するが、それでもオリジナル曲への愛着もあり、アナログレコードの愛好者は存在し続けた。
近年、レコード復活の兆しがあり、2021年にはアナログレコード専門店が新規に出店されるなど、レコード人気が再燃している気配がある。
ふと口ずさむ歌は、レコードで聴いていた昔のメロディだ。
ジャケット写真を思い出しながら、「コモレバ・コンピレーション・アルバム」の趣で、懐かしい曲の数々を毎週木曜に1曲ずつご紹介する。


 スタッカートのテンポのいいリズムのイントロにのって、大ステージの階段を颯爽とかけおり、マイクの前に立つ舟木一夫。昭和40年のNHK紅白歌合戦は舟木の「高原のお嬢さん」で幕を開けた。白組司会者、NHKアナウンサーの宮田輝は「先攻白組は、先取点をあげたいところです。トップバッターが、まずホームランをかっ飛ばします」と舟木を紹介した。大晦日、当時は家族そろって紅白を観るのが、多くの家庭での楽しい行事だった。一緒に観ていた父が「舟木一夫は、やっぱり人気があるんだな」と言った。「ほら、カメラが林美智子(紅組司会者)や、藤村志保、入江美樹(ともに審査員。入江は世界的ファッションモデルで後に指揮者小澤征爾と結婚する)の表情をとらえてるだろ」と。確かに、林美智子や藤村志保はにこやかに微笑んでいたが、なぜそれが舟木が人気があることにつながるのか、小学生の僕にはピンとこなかった。カメラは観客の反応をとらえ、舟木の人気を証明していたのかもしれない。

 21歳の舟木は明るい色合いのタキシード姿だった。2年前の初登場では学生服で「高校三年生」を歌い、翌年の2回目では、その年の大河ドラマ「赤穂浪士」に矢頭右衛門七役で出演していた縁で、「右衛門七討入り」を討入装束で歌ったから、紅白3回目にして初のタキシード姿だった。紅白に、連続テレビ小説や大河ドラマの関係者たちが数多く出演し、番組に花を添えるようになったのも、この年あたりからである。司会の林美智子は前年のテレビ小説「うず潮」のヒロインを演じ爆発的人気を得たことでの起用だった。審査員の藤村志保は、その年の大河ドラマ「太閤記」にねね役で出演しており、同じく緒形拳は「太閤記」の主役の秀吉であり、翌年の大河ドラマ「源義経」にも弁慶役での出演が決まっていた。審査員には作家の円地文子も選ばれていた。僕は中学生のころ、円地の現代語訳で『源氏物語』と出会い、『源氏物語』を原文で読むようになり、後に大学の卒業論文で、『源氏物語』を題材に「茜のひと 六条御息所考」を書いた。

イラスト:山﨑杉夫

 舟木もまた、「源義経」に、一の谷で熊谷直実に討たれる平敦盛役で出演することが決定していた。原作者であり脚本も担当した村上元三の推挙だったときく。応援合戦では、舟木、西郷輝彦、三田明といった、当時の若手アイドルたちが牛若丸の扮装で登場するが、同じく「源義経」で演じる静御前の扮装で紅組の応援として登場した藤純子(現・富司純子)に、「そちらは憎き頼朝様の白組陣営。静はこちらにおりまする」と手招きされるや、ホイホイと紅組陣営に取り込まれる舟木らの姿が会場を笑わせた。

 舟木が、学園ソングからラブソングへと移行していく橋渡しとなる曲は「花咲く乙女たち」だろう。その後、「北国の街」「東京は恋する」「高原のお嬢さん」「哀愁の夜」といった、ラブソングのヒット曲を連発する。「高原のお嬢さん」は31枚目のシングル盤で、日本コロムビア創立55周年記念として昭和40年10月5日にリリースされている。中には童謡やクリスマスソングといったオリジナル以外の曲もあるが、それにしても昭和38年6月5日のデビューから2年半足らずの期間でのリリース数としては、今や考えられない枚数である。昭和40年だけでも13枚のシングルが発売されている。日本コロムビアがいかに力を入れていたかがわかる。〝リーフ(Leaf)〟という歌詞がリフレインとして効果的に使われ、聴く人にも強い印象を残した。

 デビュー曲の「高校三年生」をはじめ多くのヒット曲が映画化されているが、特に日活では「学園広場」以来、次から次へと舟木のヒット曲を映画化した。「高原のお嬢さん」も映画化され、昭和40年の日活最大のヒット映画となった。和泉雅子、山内賢に加えて、ザ・スパイダースのメンバーも出演していた。舟木は、この曲と出会ったとき、「やっと、流行歌手として片足が地に着いたような気がした」と語っており、紅白での歌唱は、舟木自身が認める最高の出来だったと言っている。コンサートでも、人気の高い曲である。ちなみに、現在、CS放送の映画・チャンネルNECOでは、舟木一夫芸能生活60周年記念として、毎月これまでの出演映画が放送されているが、8月7日と24日には『高原のお嬢さん』が放送される。

 舟木が詰襟姿で「高校三年生」でデビューしたとき、僕は小学校3年生だった。昼食時には、校内放送でも「高校三年生」が流された。校内放送で流行歌が流されたのは、この曲が最初である。僕たちは、高校三年生を小学3年生と置き換えて歌っていた。どこかシャイで、照れ屋なのか、同年代の橋幸夫が、堂々とテレビのど真ん中に写っているのに、舟木はいつも遠慮がちにブラウン管の端っこに所在なさげに佇んでいたのが、子供ながらにもどかしさも感じたが、それがこの人の品性とも映った。さらに誕生日が、僕と一緒だと知るや、一気にひいきになった。後に、編集者となり、まさか舟木一夫のインタビューをする日がこようとは、もちろん夢にも思っていなかった。

文=渋村 徹

サントリー美術館様

特集 special feature 

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」など全22作の根幹とは

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

特集 91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ

丸山智己さんと狛江

town story 丸山智己さんと狛江

~郊外住宅地・狛江の夜を愉しむ~

光石研さんと梅ケ丘

town story 光石研さんと梅ケ丘

普段着の味わいがする「梅ヶ丘」を楽しむ

千歳船橋と町田啓太さん

town story 千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋は名優が暮した町

松下洸平さんと参宮橋

town story 松下洸平さんと参宮橋

参宮橋は大都会の隣町の風情

鈴木伸之さんと喜多見

town story 鈴木伸之さんと喜多見

喜多見は〝ほどよい〟郊外タウン

蒼彦太さんと読売ランド前

town story 蒼彦太さんと読売ランド前

遊園地の町「読売ランド前」で大人の休日を楽しむ

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.2

PEOPLE frontline Vol.2
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!