23.02.20 update

第10回 世代交代なき社長交代劇


映画は死なず 実録的東映残俠伝

─五代目社長 多田憲之が見た東映半世紀─

文=多田 憲之(東映株式会社 代表取締役会長兼社長)

ただ のりゆき
1949年北海道生まれ。72年中央大学法学部卒業、同年4月東映株式会社入社、北海道支社に赴任。97年北海道支社長就任。28年間の北海道勤務を経て、2000年に岡田裕介氏に乞われて東京勤務、映画宣伝部長として着任。14年には5代目として代表取締役社長に就任し20年の退任と同時に取締役相談役就任。21年6月、現職の代表取締役会長、23年2月社長兼務。


※2023年2月14日、東映は、代表取締役社長手塚治氏の死去を発表した。享年62。本連載の執筆者多田憲之会長が今後社長を兼務することが発表され、「皆が言葉を失い動揺のさなかにおります。昨年のラインアップ発表会で宣言した『創業以来最高の成績を出す』を実現した矢先でした。彼は東映の更なる成長を誰よりも熱望し、社員を牽引してきておりました」と悼んだ。

企画協力&写真・画像提供:東映株式会社


 

 東京に異動になった2000年頃は、東映は借金だらけの会社だった。映画界全体の激変期であり、直営館は赤字だらけだった。以前にも言ったが、岡田茂社長は決してリストラということをしなかった。それも、赤字の要因ではあった。東映が会社として景気が良く、隆盛を誇っていたのは1960年で、契約者を次々に社員として採用していき、9000人の社員がいた。だから、その社員たちが退職していく2000年頃には、毎月の退職金の支給だけでも相当な出費となっていた。直営館制度がなくなってシネコンを立ち上げるのには再投資しなければならない。なにしろシネコンのビジネスモデルはショッピングモールだから、映画館の跡地にそのままシネコンを造るというわけにはいかない。バブルの後始末の時期でもあった。当時、東映の抱えていた借金は約1100億だったから、よくも持ちこたえたなと思う。

 宣伝部長としてできることは、映画を当てることしかない。あの頃は、1年間の営業利益が50億くらいあったのだが、決算できなかったこともあった。配当はしなければならない、給料は上げなければならない、借金は払わなければならない。映画の業績を上げるしかない。その時代、利益を上げていたのがビデオ、DVD部門だった。映画興行の失敗をビデオ、DVDのセールスが補填してくれたから、しのげた。

 劇場動員数で言えば、東映映画に観客が詰めかけていたのは50年代後半。日本の総人口8千万人くらいのときに、約12億人の観客動員数を数えていた。生まれたての赤ん坊まで含めて、1人当たり映画館に年間10回以上足を運んだ計算になる。月に1本くらいは国民全員が劇場で映画を観ていたわけである。それが、2000年頃になると、動員数は1億2、3千万人程度になった。日本人が1年間に1回しか映画を観ないということである。その時代は、圧倒的に洋画が強かった。観客の7割はアメリカ映画を観ているのである。岡田茂社長が〝洋高邦低〟だと言っていた時代である。そういう時代だから、岡田裕介は、邦画はだめになるのではないか、とよく言っていた。後に、岡田裕介は自身の社長時代にその借金を返済してしまうのだから、社長としての手腕はすごかったと言えるだろう。でも、一方で、一定のお金しかないのを借金返済に充てると、設備投資というのができなくなるのも事実。だから、社長岡田裕介が成しえなかったことをあえて挙げるとすると、設備投資ができなかったということだ。だが、これはしょうがないことだったろう。そう考えると、岡田裕介社長の遺産というものは、借金を返済し終えて、ほぼ無借金状態になったことで、設備投資に向けての環境を作ってくれたことだと言えるだろう。

1 2 3 4

映画は死なず

新着記事

  • 2024.07.22
    昭和39年、純愛ドラマの先駆けとなった東芝日曜劇場...

    純愛ドラマ「愛と死をみつめて」のミコ役でトップ・スター

  • 2024.07.18
    ちあきなおみ版が複数のCMに起用されスタンダード・...

    永六輔と中村八大の「六・八コンビ」による〝黒い〟シリーズ第2弾

  • 2024.07.17
    老いが追いかけてくる ─萩原 朔美の日々   

    第19回 キジュからの現場報告

  • 2024.07.17
    [ロマンスカーミュージアム]の夏休みイベントは親子...

    7月17日(水)から

  • 2024.07.17
    <自然災害から身を守るPart2> 大型台風、暴風...

    大型台風、暴風の季節に備えて

  • 2024.07.16
    世界中の映画祭を席巻した、メキシコの新鋭監督の『夏...

    応募〆切:8月4日(日)

  • 2024.07.16
    山梨県立文学館開館35周年の特設展は「文学はおいし...

    7月13日(土)~8月25日(日)

  • 2024.07.11
    約2000株のアジサイが見ごろを迎える箱根・強羅の...

    箱根・強羅の散策に

  • 2024.07.11
    世界的ヒット曲「アイ ライク ショパン」をユーミン...

    ユーミンの「麻美ちゃんに歌わせたい」という天才的な閃き

  • 2024.07.10
    東京で唯一の大名家の美術館「永青文庫」で家紋をテー...

    7月27日(土)~9月23日(月・振)

特集 special feature 

わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の  「芸業」

特集 わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の 「芸業...

棟方志功の誤解 文=榎本了壱

VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いなる遺産

特集 VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いな...

「逝ける映画人を偲んで2021-2022」文=米谷紳之介

放浪の画家「山下 清の世界」を今。

特集 放浪の画家「山下 清の世界」を今。

「放浪の虫」の因って来たるところ 文=大竹昭子

「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

特集 「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

「いい顔」と「いい顔」が醸す小津映画の後味 文=米谷紳之介

人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

特集 人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

わが母とともに、祐三のパリへ  文=太田治子

ユーミン、半世紀の音楽旅

特集 ユーミン、半世紀の音楽旅

いつもユーミンが流れていた 文=有吉玉青

没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、展覧会「萩原朔太郎大全」の旅 

特集 没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、...

言葉の素顔とは?「萩原朔太郎大全」の試み。文=萩原朔美

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

シアタークリエへ

喜劇の人 森繁久彌

特集 喜劇の人 森繁久彌

戦後昭和を元気にした<社長シリーズ>と<駅前シリーズ>

映画俳優 三船敏郎

特集 映画俳優 三船敏郎

戦後映画最大のスター〝世界のミフネ〟

「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌 

昭和歌謡 「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の...

第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」等全22作の根幹とは

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン 文=山川静夫

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

向田邦子の散歩道

特集 向田邦子の散歩道

「昭和の姉」とすごした風景

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!