23.02.20 update

第10回 世代交代なき社長交代劇

 実写映画部門は苦戦していたかもしれないが、私が社長になってやらなければいけないことが何もなかったくらいに、東映は絶好調だった。

 社長時代に記憶に残る好きな映画に2018年公開の『孤狼の血』がある。もともと日活から持ち込まれた企画で、日活の社長の佐藤氏が北海道函館出身で、白石和彌監督も旭川出身、そして私が札幌出身と北海道が揃った。それ以前、北海道警の稲葉圭昭の『恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白』を原作とした映画企画が持ち込まれた。2016年公開の映画『日本で一番悪い奴ら』である。それを監督したのが白石和彌で、いつかまた白石監督と一緒にやりたいなという思いがあった。宣伝部でもこれ面白いですよという声も出ていて、柚月裕子の小説を読んでみたら面白いし、企画が進んだ。宣伝方法としては、東映は刑事モノとしてはテレビでも「相棒」などの刑事モノを数多く作っていたので、テレビで描けない刑事モノ、つまり〝不良性感度〟の警察映画でセールスするということになった。 

 そうして、プロデユーサーが岡田裕介会長にプレゼンテーションにいったところ、『仁義なき戦い』の焼き直し映画みたいな方向でのプレゼンだったらしく、ヤクザ映画が嫌いだった岡田裕介は、そのプロデューサーに対して会社を辞めろ、辞めて映画を作れ、それで終わった頃にまた呼び戻すからと言ったという。それで私のところにプロデューサーが来て、この企画はボツになりましたと。どんなプレゼンテーションしたのかと訊ねると、前述の通りで、「警察映画で売れと言ったじゃないか」とたしなめた。そこで、私が岡田会長を説得するから企画を進めろという経緯があった。出来上がりを観た岡田裕介は、すごい映画だ、よくやったと絶賛した。テレビで警察映画を東映がたくさん作っていることはみんな知っている。ただ、『孤狼の血』はテレビでは決して描けない。だから、テレビでは描けない警察映画をやったらどうですか、というところで岡田裕介も首を縦に振ったという次第だった。確かに、マスコミなども『仁義なき戦い』を引き合いに出していて、みんながその方向に引っ張られていた。その意味では宣伝の意図がうまく伝わっていなかったと言えるだろう。

▲広島を舞台に暴力団の抗争、警察の癒着、腐敗などを描いた柚月裕子の小説を原作とする白石和彌監督の映画『孤狼の血』が公開されたのは2018年。役所広司、松坂桃李、真木よう子、音尾琢真、中村倫也、中村獅童、石橋蓮司、さらに竹野内豊、江口洋介といった贅沢な顔ぶれがそろい、出演シーンは少ないが竹野内豊は暴力団組織の若頭という今までにない役柄を好演し、『仁義なき戦い 広島死闘篇』で千葉真一が魅せた野性的な色気を漂わせていた。報知映画賞では作品賞、主演男優賞(役所)を受賞し、役所は日本アカデミー賞最優秀主演男優賞も受賞。松坂も日本アカデミー賞最優秀助演男優賞、ブルーリボン賞とキネマ旬報ベスト・テンの助演男優賞などを受賞。白石監督がブルーリボン賞監督賞に輝くなど、多数の賞を受賞している。2021年には松坂桃李主演で続編となる『孤狼の血 LEVEL2』が公開された。共演者には、村上虹郎、西野七瀬、中村梅雀、宮崎美子、吉田鋼太郎、斎藤工、かたせ梨乃、毎熊克哉、青柳翔らが顔を揃えた。そして、サディスティックな容赦ない悪の顔を見せ、ラストで松坂桃李と死闘を演じた鈴木亮平は、日本アカデミー賞最優秀助演男優賞をはじめ、キネマ旬報ベスト・テンなど多数の賞で、助演男優賞に輝いた。ブルーリボン賞では作品賞を受賞している。
©2018「孤狼の血」製作委員会▲

1 2 3 4

映画は死なず

新着記事

  • 2024.03.04
    なぜ世田谷区はアーティストの街になったか。その3「...

    梅が丘~新宿まで

  • 2024.03.01
    今から準備、青森県内の美術館5館によるアートフェス...

    青森県で現代美術を楽しむ!

  • 2024.03.01
    金塊強盗からスーパースターへ!信じられないような実...

    応募〆切:3月25日(月)

  • 2024.03.01
    森美術館 ブラック・アートと日本の「民藝」の融合、...

    4月24日(水)~9月1日(日)

  • 2024.03.01
    なぜ世田谷区はアーティストの街になったか。その2「...

    祖師ケ谷大蔵~豪徳寺

  • 2024.02.29
    美空ひばり、成城の通りで歌う! 〝成城ロケ映画〟の...

    文=高田雅彦

  • 2024.02.29
    『ブギウギ』の淡谷のり子のドレスアップと重なる燕尾...

    東映映画『国定忠治』の名文句が忘れられない

  • 2024.02.28
    小林武史、三上博史、山口智子、種田陽平……映画『ス...

    文=河井真也

  • 2024.02.28
    破天荒なドイツのラッパーのサクセスストーリー!『女...

    3月29日(金)より全国順次公開

  • 2024.02.27
    芝居はボケ防止になるという話─萩原 朔美の日々 ...

    楽屋での雑談もまた楽し

特集 special feature 

わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の  「芸業」

特集 わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の 「芸業...

棟方志功の誤解 文=榎本了壱

VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いなる遺産

特集 VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いな...

「逝ける映画人を偲んで2021-2022」文=米谷紳之介

放浪の画家「山下 清の世界」を今。

特集 放浪の画家「山下 清の世界」を今。

「放浪の虫」の因って来たるところ 文=大竹昭子

「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

特集 「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

「いい顔」と「いい顔」が醸す小津映画の後味 文=米谷紳之介

人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

特集 人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

わが母とともに、祐三のパリへ  文=太田治子

ユーミン、半世紀の音楽旅

特集 ユーミン、半世紀の音楽旅

いつもユーミンが流れていた 文=有吉玉青

没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、展覧会「萩原朔太郎大全」の旅 

特集 没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、...

言葉の素顔とは?「萩原朔太郎大全」の試み。文=萩原朔美

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

シアタークリエへ

喜劇の人 森繁久彌

特集 喜劇の人 森繁久彌

戦後昭和を元気にした<社長シリーズ>と<駅前シリーズ>

映画俳優 三船敏郎

特集 映画俳優 三船敏郎

戦後映画最大のスター〝世界のミフネ〟

「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌 

昭和歌謡 「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の...

第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」等全22作の根幹とは

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン 文=山川静夫

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

向田邦子の散歩道

特集 向田邦子の散歩道

「昭和の姉」とすごした風景

information »

new 森ビルの「ヒルズ街育プロジェクト」が文部科学大臣賞を受賞

都市 森ビルの「ヒルズ街育プロジェクト」が文部...

森ビルの街づくりが表彰される!

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!