23.02.09 update

紅白で寅さんも踊った昭和リズム歌謡の大ヒット曲 橋幸夫「あの娘と僕 スイム・スイム・スイム」

 季節外れながら、燦燦と太陽の輝く真夏のビーチを恋しく思いながら、1965年にビクターからリリースされた橋幸夫の「あの娘と僕(あのことぼく) スイム・スイム・スイム」をご紹介したい。65年のNHK紅白歌合戦で、白組のトリを務めた橋が歌ったのが「あの娘と僕~」である。橋のバックでは、坂本九やこの年ジャズのスタンダード・ナンバー「マック・ザ・ナイフ」を歌って初出場を果たしたジャニーズをはじめとする白組メンバーや、応援で駆けつけたNHKの人気番組「ジェスチャー」の白組キャプテン柳家金語楼、やはりNHKで放送中だった大人のバラエティ番組「夢であいましょう」や、人気コメディドラマ「若い季節」に出演していた、まだ『男はつらいよ』が始まる前の渥美清らが、スイムのリズムでステップを踏んでいた。

 ちなみに初出場のジャニーズには、ハワイに滞在中の石原裕次郎から、お祝い電報が届き、番組内で披露された。このエピソードは舞台『ジャニーズ伝説』でも紹介されている。当時の紅白歌合戦では、紅組、白組それぞれに、南極越冬隊員、ブラジル日本人会など国内外から多くのウィットに富んだ応援電報が寄せられて、両組の司会者により紹介されていた。この時代の紅白歌合戦は、老若男女みんなが楽しんだ一大娯楽イベントであり、年末の風物詩であった。

 この年は、いわゆる昭和歌謡〝御三家〟がトップ・アイドルとして芸能界を席巻していて、白組のトップバッターが舟木一夫の「高原のお嬢さん」、トリが橋、もちろん西郷輝彦も「星娘」で出場していた。

 橋幸夫は、60年に「潮来笠」でデビューするや一躍人気歌手となり、同年の日本レコード大賞の新人賞に輝き、紅白歌合戦にも初出場を果たした。62年の吉永小百合とのデュエット曲「いつでも夢を」、66年の「霧氷」で、2回のレコード大賞を獲得している。紅白歌合戦にも初出場から連続17回、通算19回出場し、「あの娘と僕~」で、初めて白組をトリを務めた。本年5月3日の80歳の誕生日をもって、現役歌手を引退すると宣言しており、この1月には橋の曲を歌い継ぐ〝二代目橋幸夫〟の公募を発表した。

「あの娘と僕~」は、〝スイムリズム〟の曲として、64年にリリースされたサーフィンの「恋をするなら」、ホットロッドの「ゼッケンNO.1スタートだ」、サブロックの「チェッ・チェッ・チェッ 涙にさよならを」とともに一連のリズム歌謡として、65年のレコード大賞の企画賞を受賞している。4曲とも作詞は佐伯孝夫、作曲は吉田正。今や、ダンスが義務教育の授業にも組み込まれ、難度の高いステップを子供たちでも器用にこなしているが、残念ながらシニア世代には難しすぎる。だが、この時代のリズムなら、金語楼や、寅さんこと渥美清もステップを踏めるほど、誰でもついていくことができ、その後のモンキーダンスや、ゴーゴー時代も、今のシニア世代は大いに踊りまくったものだった。松竹で橋主演により映画化もされ香山美子や桑野みゆきが共演している。

 歌詞に〝あの娘もこの娘もピチ娘(むすめ)〟というフレーズがあり、〝若いピチピチした〟という意味かと思っていたら、実は東レの新作水着「ピチ」とのタイアップによるものだとわかった。

 ちなみに「あの娘と僕~」と同時代のヒット曲には、洋楽ではローリング・ストーンズ「サティスファクション」、ビートルズ「ヘルプ!」「イエスタデイ」、ボブ・ディラン「ライク・ア・ローリング・ストーン」、ライチャス・ブラザーズ「アンチェインド・メロディ」、ボビー・ソロ「君に涙と微笑みを」、フランス・ギャル「夢見るシャンソン人形」(65年の紅白では中尾ミエが歌った)などがある。歌謡曲では、65年のレコード大賞を受賞した美空ひばり「柔」、和田弘とマヒナスターズと歌い田代美代子がレコード大賞新人賞を受賞(男性新人賞はバーブ佐竹が受賞)した「愛して愛して愛しちゃったのよ」、石原裕次郎「二人の世界」、丸山明宏(現・美輪明宏)「ヨイトマケの唄」、都はるみ「涙の連絡船」、園まり「逢いたくて逢いたくて」、ペギー葉山「学生時代」、水前寺清子「涙を抱いた渡り鳥」、日野てる子「夏の日の想い出」、倍賞千恵子「さよならはダンスの後に」などが巷に流れていた。

 橋幸夫の歌手生活引退の報に接し、昭和歌謡の時代が、いよいよ終末を迎えることが実感させられる。ドーナツ盤の時代を過ごした身には、なんとも寂しいかぎりである。

文=渋村 徹 イラスト=山﨑杉夫

アナログレコードの1分間45回転で、中央の円孔が大きいシングルレコード盤をドーナツ盤と呼んでいた。
昭和の歌謡界では、およそ3か月に1枚の頻度で、人気歌手たちは新曲をリリースしていて、新譜の発売日には、学校帰りなどに必ず近所のレコード店に立ち寄っていた。
お目当ての歌手の名前が記されたインデックスから、一枚ずつレコードをめくっていくのが好きだった。ジャケットを見るのも楽しかった。
1980年代に入り、コンパクトディスク(CD)の開発・普及により、アナログレコードは衰退するが、それでもオリジナル曲への愛着もあり、アナログレコードの愛好者は存在し続けた。
近年、レコード復活の兆しがあり、2021年にはアナログレコード専門店が新規に出店されるなど、レコード人気が再燃している気配がある。
ふと口ずさむ歌は、レコードで聴いていた昔のメロディだ。
ジャケット写真を思い出しながら、「コモレバ・コンピレーション・アルバム」の趣で、懐かしい曲の数々を毎週木曜に1曲ずつご紹介している。

映画は死なず

新着記事

  • 2024.05.28
    小田急電鉄の子育て応援マスコットキャラクター「もこ...

    6月4日から運行開始

  • 2024.05.28
    泉屋博古館東京 企画展「歌と物語の絵 ─雅やかな...

    6月1日(土)~7月21日(日)

  • 2024.05.27
    夏本番! ゲリラ豪雨の浸水を防いでくれる止水製品を...

    都市に起こる「内水氾濫」とは?

  • 2024.05.27
    駅前に佇む樹

    【スマホ散歩】孤高に聳え立つ

  • 2024.05.27
    仲代達矢と双璧をなす「俳優座」の逸材、平幹二朗は演...

    スケールの多い演技で、数々の賞を受賞

  • 2024.05.24
    吉永小百合とのコンビによる純愛路線映画『泥だらけの...

    日活青春スターとして忘れられない存在

  • 2024.05.24
    バブル期からの拝金主義で「他人を思いやることの大切...

    6月14日(金)全国公開

  • 2024.05.23
    イギリス新作映画初登場でナンバーワンの大ヒット!ま...

    6月7日(金)全国公開

  • 2024.05.23
    ホキ美術館「作家の視線─ 過去と現在、そして…」観...

    応募〆切:6月30日(日)

  • 2024.05.23
    明治期の数少ない近代洋風建築の「フェリーチェガーデ...

    6月1日(土)リニューアルオープン

特集 special feature 

わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の  「芸業」

特集 わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の 「芸業...

棟方志功の誤解 文=榎本了壱

VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いなる遺産

特集 VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いな...

「逝ける映画人を偲んで2021-2022」文=米谷紳之介

放浪の画家「山下 清の世界」を今。

特集 放浪の画家「山下 清の世界」を今。

「放浪の虫」の因って来たるところ 文=大竹昭子

「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

特集 「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

「いい顔」と「いい顔」が醸す小津映画の後味 文=米谷紳之介

人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

特集 人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

わが母とともに、祐三のパリへ  文=太田治子

ユーミン、半世紀の音楽旅

特集 ユーミン、半世紀の音楽旅

いつもユーミンが流れていた 文=有吉玉青

没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、展覧会「萩原朔太郎大全」の旅 

特集 没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、...

言葉の素顔とは?「萩原朔太郎大全」の試み。文=萩原朔美

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

シアタークリエへ

喜劇の人 森繁久彌

特集 喜劇の人 森繁久彌

戦後昭和を元気にした<社長シリーズ>と<駅前シリーズ>

映画俳優 三船敏郎

特集 映画俳優 三船敏郎

戦後映画最大のスター〝世界のミフネ〟

「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌 

昭和歌謡 「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の...

第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」等全22作の根幹とは

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン 文=山川静夫

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

向田邦子の散歩道

特集 向田邦子の散歩道

「昭和の姉」とすごした風景

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!