23.10.12 update

西城秀樹の“ブーメラン”ファンも泣いた、出棺とともに流れた「ブルースカイ ブルー」

「今はわからないだろうが、大人になったときこの歌詞の意味がわかるよ」と、阿久悠はこの曲をヒデキに送ったという。78年のレコード大賞・金賞、歌謡大賞の放送音楽賞、FNS歌謡祭の最優秀歌唱賞を受賞した。奇しくも、ヒデキがファンに見守られ旅立ったその日も突き抜けるような青い空が広がっていた。阿久悠が言ったのは、単なる男女の別れではない。「青空よ 心を伝えてよ 悲しみはあまりにも大きい……さよならと」という歌詞にはレクイエムの想いが込められているのではないかと、ハッとした。

 79年2月には、「YOUNG  MAN(Y.M.C.A.)」をリリース。Y、M、C、Aとヒデキのポーズにあわせ、舞台と客席が一体化し、街で踊る子どもたちもよく見かけた。歌番組の「ザ・ベストテン」では、2週にわたって、最高得点「9999点」をたたき出すという前人未到の快挙を遂げた。
 思い起こせばヒデキの活躍は歌手のみではなかった。某食品メーカーのカレーのCM「ヒデキ、感激!」のキャッチコピーは印象的で、大人の食べ物だったカレーは子どもたちにも愛されるようになり、カレールーは昭和の家庭の常備品になった。TBSで高視聴率を誇っていた「寺内貫太郎一家」で、小林亜星演じる貫太郎の長男、周平役。映画『愛と誠』の太賀誠役も忘れがたい。などなど次々にヒデキが思い浮かんでくる。

 不謹慎ではあるが、改めてヒデキの魅力に気づいたのは訃報からで、YouTubeやCDでヒデキの曲を聴き直したからだ。こんな私のような回帰ファンを、ヒット曲「ブーメラン ストリート」になぞらえて、〝ブーメラン型〟というのだそうだ。

 妻・木本美紀さんの『蒼い空へ 夫・西城秀樹との18年』によると、結婚直後の2001年に韓国の済州島で、11年に再発と二度の脳梗塞の発症は知られているが、隠れ脳梗塞も含めると8回も発症していたのだ。脳梗塞だけではない。糖尿病や目の前がクルクルまわる原因不明の病気から、転んで怪我をして救急車で運ばれたこともあった。難病の多系統萎縮症という脳神経系の疾患でいまだ治療法も確立していない珍しい病気も発症していた。最初の発症の時に、水分不足を指摘され、強迫観念のように水を飲まないではいられなくなったヒデキは水中毒になっていた。健康な人が飲む一日2ℓを4ℓも飲んでしまい、血中のナトリウムの濃度が極端に低下する「低ナトリウム血症」と診察されたという。
 二度目の脳梗塞の後遺症で右半身の自由がきかず、週3~5日、一回3時間、本人も「キツイ」と言いながら休むことなくリハビリに通い続けたのは、ステージでの完全復活を目指していたからだった。もう一度ステージで「YOUNG MAN」を歌いたいという執念だった。15年には還暦コンサートで見事それを果たした。還暦記念アルバム『心響-KODOU-』には、新曲「蜃気楼」が収録された。会話もままならないのに、歌うとそんな障害も感じさせないほど堂々として力強い。その気迫に涙が出た。

 ブーメラン型のファンがいれば、デビューから一筋に応援してきた〝一直線型〟、加えてヒデキの生前の活躍をあまり知らない〝新規発生型〟と言われるファンもじわじわと増えているという。〝ヒデカツ〟〝ヒデ友〟なる言葉も生まれているのだ。こんな現象も珍しいのではないだろうか。ヒデキは稀代のアイドルスターで、今でも多くの人を魅了し続けているのだ。

 最後に言いたい。「青空よ、ヒデキに伝えて欲しい。ありがとう」と。

文=黒澤百々子 イラスト=山﨑杉夫

1 2

映画は死なず

新着記事

  • 2024.06.14
    創建1200年記念 特別展「神護寺─空海と真言密教...

    応募〆切:7月15日(月)

  • 2024.06.14
    実話をもとに描かれた、海の男たちの誇りと絆の戦争秘...

    応募〆切:6月25日(火)

  • 2024.06.14
    自然写真家・今森光彦のライフワークの集大成、「今森...

    6月20日(木)~9月29日(日)

  • 2024.06.13
    三浦友和&山口百恵の二人を結んだ楽曲?! 松崎しげ...

    「愛の微笑み」から改題された

  • 2024.06.11
    マニフレックス公式HPの人気連載記事『暮らしのエッ...

    6月28日(金)~30日(日)

  • 2024.06.11
    田中邦衛、山本圭、加藤剛らが出演した社会派ドラマ「...

    日本を代表する彫刻家・佐藤忠良を父にもつ

  • 2024.06.10
    韓国500万人超えの大ヒットした、予測不能の海洋ク...

    応募〆切:7月10日(水)

  • 2024.06.06
    激動の20世紀を生きたあるの男の人生。〝世紀の小説...

    応募〆切:7月5日(金)

  • 2024.06.06
    八王子市夢美術館 特別展 「ルーヴル美術館の銅版画...

    応募〆切:6月30日(日)

  • 2024.06.06
    アカデミー賞Ⓡ 2度受賞の名優アンソニー・ホプキン...

    応募〆切:6月20日(木)

特集 special feature 

わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の  「芸業」

特集 わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の 「芸業...

棟方志功の誤解 文=榎本了壱

VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いなる遺産

特集 VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いな...

「逝ける映画人を偲んで2021-2022」文=米谷紳之介

放浪の画家「山下 清の世界」を今。

特集 放浪の画家「山下 清の世界」を今。

「放浪の虫」の因って来たるところ 文=大竹昭子

「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

特集 「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

「いい顔」と「いい顔」が醸す小津映画の後味 文=米谷紳之介

人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

特集 人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

わが母とともに、祐三のパリへ  文=太田治子

ユーミン、半世紀の音楽旅

特集 ユーミン、半世紀の音楽旅

いつもユーミンが流れていた 文=有吉玉青

没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、展覧会「萩原朔太郎大全」の旅 

特集 没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、...

言葉の素顔とは?「萩原朔太郎大全」の試み。文=萩原朔美

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

シアタークリエへ

喜劇の人 森繁久彌

特集 喜劇の人 森繁久彌

戦後昭和を元気にした<社長シリーズ>と<駅前シリーズ>

映画俳優 三船敏郎

特集 映画俳優 三船敏郎

戦後映画最大のスター〝世界のミフネ〟

「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌 

昭和歌謡 「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の...

第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」等全22作の根幹とは

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン 文=山川静夫

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

向田邦子の散歩道

特集 向田邦子の散歩道

「昭和の姉」とすごした風景

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!