映画人気とともに、映画館が町の中心になっていった昭和の思い出

土曜日、学校をひけた子供が10円玉を握りしめて映画館へ急ぐ。仕事帰りに恋人同士が待ち合わせてカップルで映画を見る。晩ごはんを早終いして、家族そろって映画館に出かける。昭和の人々なら、いずれも体験した懐かしいスケッチだろう。映画館は、幼き日の自分自身や、恋人同士、親子や夫婦の数々の物語を作ってくれた夢の箱だ。町から「近所の映画館」が消えた今でも、映画館は思い出のシーンの大切な場所として昭和の人々の心のなかで生きている。

昭和の風景 昭和の町 2010年1月25日号より

映画が輝いていた頃

昭和の町の大事な場所、映画館

文=川本三郎


庶民の日常に溶け込んでいた映画という娯楽

 昭和二、三十年代は盛り場でもない町にも映画館があり、町の人々に日常的に親しまれていた。

 成瀬巳喜男監督のホームドラマの傑作『おかあさん』(昭和二十七年)には、娘の香川京子が、遊びに来た叔母さんの中北千枝子に近所の映画館に連れて行ってもらい、二人でメロドラマに大泣きする微笑ましい場面がある。御大層な映画館ではない。商店街のなかにある、下駄履きでゆけるような庶民的な映画館。

 あの頃は小さな町にも映画館が多かった。

 同じ成瀬巳喜男監督の『鰯雲』(昭和三十三年)は次第に都市化してゆく小田急線沿線の厚木の農家の物語(畑の向こうをロマンスカーが走っている)だが、このなかに、農家の次男坊で町の銀行に勤めている太刀川洋一がいとこの水野久美と映画を見に行く場面がある。

 レストランで食事をしたあと映画館に行く。

 厚木セントラルという実際にあった映画館で、ジェームズ・スチュワートがリンドバーグを演じたビリー・ワイルダー監督の『翼よ!あれが巴里の灯だ』(57年)とスタンリー・キュークリック監督のギャング映画『現金(げんなま)に体を張れ』(56年)の豪華二本立て。こういう二番館というものが近年なくなってしまった。

 鈴木英夫監督のサスペンス映画『彼奴を逃すな』(昭和三十一年)では、町の商店街でラジオの修理店を営む木村功が、仕事を終えたあと、奥さんの津島惠子と近所の映画館にイギリス映画、キャロル・リード監督の庶民劇『文なし横丁の人々』(55年)を見に行く。

 この時代、若い夫婦が仕事のあと近所の映画館に出かけることはごく普通のことだった。まだテレビが普及していない時代、映画は昭和の小市民の最大の楽しみだった。

 だからこの時代の映画には主人公たちが映画を見に行く場面が実に多い。それだけ映画が庶民の暮しの中に溶け込んでいた。

『鰯雲』が公開された昭和三十三年(1958)は映画人口が11億2700万人とピークに達した年。国民一人あたり一年に12、3回映画館に通った勘定になる。(現在はその十分の一)。まさに映画の黄金時代だった。映画館は昭和の町の大事な場所だった。

1 2 3

サントリー美術館様

特集 special feature 

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ 

読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!