昭和の子供たちは、銭湯で人情を知り行儀マナーを教えられた

子供にとっては銭湯も遊び場

 子供たちも銭湯を楽しむ。

 成瀬巳喜男監督の『風立ちぬ』(60年)は母親(乙羽信子)に連れられ信州から東京にやってきた小学生(大沢健二郎)のひと夏の物語。

 銀座に近い新富町あたりで八百屋を営んでいる伯父さんの家に預けられる。下町だから内湯はなく銭湯。

 銭湯に行くと町の子供たちがにぎやかに遊んでいる。すぐに親しくなる。湯舟で泳いだり、指鉄砲で湯を飛ばしたり。銭湯は子供の遊び場でもあった。もちろん度が過ぎると怒られたが。

 感心な子供もいる。松山善三監督、高峰秀子、小林桂樹主演の『名もなく貧しく美しく』(61年)では、父親(小林桂樹)と子供が一緒に銭湯に行く。子供が父親の背中を流す。なんと親孝行な。こんな風景も次第に消えていっているのではないか。

 豆腐屋と古本屋と銭湯がある町は、懐かしいいい町だと思っている。幸い我が家に近い浜田山には昔ながらの銭湯が健在。時々、出かけるのを楽しみにしている。

銭湯すたれば人情もすたる
銭湯を知らない子供たちに
集団生活のルールとマナーを教えよ
自宅にふろありといえども
そのポリぶろは
親子のしゃべり合う場にあらず、
ただ体を洗うだけ。
タオルのしぼり方、
体を洗う順序など、
基本的ルールは誰が教えるのか。
われは、わがルーツをもとめて銭湯へ。
─田村隆一(詩人)



日本各地の銭湯の脱衣場などで目にする銭湯を愛した詩人田村隆一の詩。

昭和30年代ころまでは、割り箸などに固まらせたアイスキャンデーを売るアイスキャンデー屋が、チリンチリンと振鈴(ハンドベル)を鳴らしながら町を回っていた。銭湯帰りにアイスクリームのような冷たいものを買ってもらうことを、子供たちはいつも期待している。だから、銭湯に行くのが大好きである。アイスキャンデー売りも懐かしい昭和の風景である。写真提供:北名古屋市歴史民俗資料館

かわもと さぶろう

評論家(映画・文学・都市)。1944 年生まれ。東京大学法学部卒業。「週刊朝日」「朝日ジャーナル」を経てフリーの文筆家となりさまざまなジャンルでの新聞、雑誌で連載を持つ。『大正幻影』(サントリー学芸賞)、『荷風と東京『断腸亭日乗』私註』(読売文学賞)、『林芙美子の昭和』(毎日出版文化賞、桑原武夫学芸賞)、『映画の昭和雑貨店』(全5 冊)『我もまた渚を枕―東京近郊ひとり旅』『映画を見ればわかること』『銀幕風景』『現代映画、その歩むところに心せよ』『向田邦子と昭和の東京』『東京暮らし』『岩波写真文庫 川本三郎セレクション 復刻版』(全5 冊)など多数の著書がある。

1 2 3

サントリー美術館様

特集 special feature 

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」など全22作の根幹とは

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ

丸山智己さんと狛江

丸山智己さんと狛江

~郊外住宅地・狛江の夜を愉しむ~

光石研さんと梅が丘

光石研さんと梅が丘

普段着の味わいがする「梅ヶ丘」を楽しむ

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋は名優が暮した町

松下洸平さんと参宮橋

松下洸平さんと参宮橋

参宮橋は大都会の隣町の風情

鈴木伸之さんと喜多見

鈴木伸之さんと喜多見

喜多見は〝ほどよい〟郊外タウン

蒼彦太さんと読売ランド前

蒼彦太さんと読売ランド前

遊園地の町「読売ランド前」で大人の休日を楽しむ

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.2

PEOPLE frontline Vol.2
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial