23.03.30 update

「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

 つまり、小津は演じることが本業の俳優に対し、演じることを禁じてしまったわけで、笠智衆が撮影現場で悪戦苦闘したのは言うまでもない。何度もダメ出しされた。箸の上げ下げから、ご飯の飲み込み方まで細かく小津に指示され、自分がまるでロボットになったようだったと笠は語っている。

 それでも愚直に師である小津の教えに従い、年月の経過とともに花を咲かせ、美しいコケが生えてきたのが笠の俳優人生だった。

 小津は笠の魅力についてこう語っている。

「笠は真面目な男だ。人間がいい。人間がいいと演技にそれが出てくる」

 小津の演出は笠智衆という人間の本質を引き出すためのものだったはずだ。笠智衆の柔らかな笑顔は時に仏像の慈愛の微笑みさえ思わせるが、それは小津との共同作業によって、分かりやすい喜怒哀楽の感情表現を捨て去った先で獲得したものなのだろう。

▲『秋日和』撮影風景 左から小津、原節子、司葉子。『秋日和』では、原節子の紺色の着物や帯の柄、岡田茉莉子が着るブルーのドレスなど、イメージカラーは青系で統一されるなど、小津の美意識は映画の細部までゆるがせにしない。写真提供:松竹株式会社
▲『秋日和』デジタル修復版
ブルーレイ発売中
ブルーレイ価格:5,170円(税込)
発販元:松竹
©1960/2013 松竹株式会社

 小津が「もう1回」、「はい、もう1回」と言って、同じシーンを何度も演じさせたのは笠智衆に限らない。小津映画のミューズとも言える原節子も、名優・杉村春子に対してもそうだった。演じている俳優はどれがOKで、どれがNGか分からない。『東京暮色』に出演した有馬稲子は小津映画の現場は「禅の体験だった」と語り、『秋刀魚の味』の岩下志麻は「どこが悪いか分からず、頭の中が真っ白になった」と言っている。

▲老境を詠んだ杜甫の絶句「尽生前有限杯」を、朝日新聞社の記者だった杉山静夫の退職記念芳名帳に揮毫した。小津の人柄が偲ばれる書画だ。築山秀夫氏蔵

 小手先の芝居を嫌う小津は意図して俳優の頭を真っ白に、つまり人形のようにしたのではなかったか。それも俳優自ら人形となるように仕向けたのである。そして、人形になってからの演技がいい。顔がいい。

 原節子は黒澤明、木下惠介、成瀬巳喜男ら巨匠の映画に数多く出ているが、彼女が一番「いい顔」なのはやっぱり小津映画である。原節子が紀子という名のヒロインを演じた紀子三部作は小津の代表作だが、『晩春』の原節子の微笑みは凄艶な美しさを湛えているし、『麦秋』の微笑みには潔さがある。『東京物語』では笑顔の奥に憂いがある。

▲昭和24年、初めて原節子をヒロインに迎えた記念すべき作品『晩春』。原はなかなか結婚に踏み切れず婚期を逸した娘を演じている。父親役は小津映画を象徴する俳優の第一人者、笠智衆。2 年後の『麦秋』でも原は同様の役を演じたが、父親役は菅井一郎で、笠は兄役だった。『東京物語』とあわせてヒロインの役名から〝紀子三部作〟と呼ばれ、小津の頂点を示す作品と高く評価されている。結婚が決まった娘と父親が枕を並べて過すシーンは小津演出の神髄といわれるこの映画のクライマックスである。写真提供:松竹株式会社
▲『晩春』デジタル修復版
ブルーレイ発売中
ブルーレイ価格:5,170円(税込)
発販元:松竹
©1949/2015松竹株式会社

 

 小津映画の女優を見ていると「日本の最高の芸術は象牙細工でも陶器でも漆器でもなく、日本の女性である」といったラフカディオ・ハーンの言葉を思い出す。それくらい小津映画の女優は「いい顔」で輝いている。

 男優だってそうだ。「いい顔」なのは笠智衆だけではない。たとえば、『彼岸花』や『秋日和』の佐分利信、中村伸郎、北竜二の「おじさま3人組」。良き友と良き酒を楽しそうに酌み交わす姿は老い方の手本を見るようだ。

 誤解を恐れずに言えば、小津の映画は「顔」の映画だ。そもそも人物のアップが多い。「ただいま」「遅かったわね」「ちょっと飲んできたんだ」なんて日常会話が、バストショットの切り返しでリズミカルに綴られる。しかも、表情もセリフも抑制がきき、余韻がある。顔から何を読み取るかは観客に委ねられている。「いい顔」と「いい顔」が醸す後味。こんな映画を撮った監督をぼくは他に知らない。

写真提供:オフィス小津、鎌倉文学館

小津安二郎(おづ やすじろう)
映画監督、脚本家。1903年(明治36)12月12日、東京深川生まれ。小学生の時に父親の故郷、三重県松阪に移り、松阪町立第二尋常小学校(現・松阪市立第二小学校)に編入。卒業後は県立第四中学(現・県立宇治山田高等学校)へ進学、卒業後は三重県飯南郡(現・松阪市飯高町)の尋常高等小学校で一年間代用教員を務める。23 年に帰郷し、撮影助手として松竹キネマ蒲田撮影所に入社。27 年、『懺悔の刃』で監督デビュー。その後、<小津調>と称される独特の映像で映画史に残る数々の名作を生み出し、海外でも高い評価を受けている。特集内でご紹介した以外に『大学は出たけれど』『お嬢さん』『大人の見る繪本 生れてはみたけれど』(キネマ旬報作品賞)、『非常線の女』『浮草物語』(キネマ旬報作品賞)、『一人息子』『戸田家の兄妹』(キネマ旬報作品賞)、『風の中の牝鷄』『宗方姉妹』『東京暮色』『浮草』『小早川家の秋』などの監督作品がある。『晩春』でキネマ旬報作品賞、毎日映画コンクール作品賞・監督賞、『麦秋』で毎日映画コンクール作品賞、ブルーリボン賞監督賞受賞の他、紫綬褒章、芸術院賞(映画関係者では初)、芸術選奨文部大臣賞、勲四等旭日小綬章など受賞・受章歴がある。1963 年(昭和38)12月12日、60 歳の誕生日に死去。


米谷紳之介(こめたに しんのすけ)
1957年、愛知県蒲郡市生まれ。立教大学法学部卒業後、新聞社、出版社勤務を経て、1984年、ライター・編集者集団「鉄人ハウス」を主宰。2020年に解散。現在は文筆業を中心に編集業や講師も行なう。守備範囲は映画、スポーツ、人。著書に『小津安二郎 老いの流儀』(4月19日発売・双葉社)、『プロ野球 奇跡の逆転名勝負33』(彩図社)、『銀幕を舞うコトバたち』(本の研究社)他。構成・執筆を務めた書籍は関根潤三『いいかげんがちょうどいい』(ベースボール・マガジン社)、野村克也『短期決戦の勝ち方』(祥伝社)、千葉真一『侍役者道』(双葉社)など30冊に及ぶ。

1 2 3 4

映画は死なず

新着記事

  • 2024.06.14
    創建1200年記念 特別展「神護寺─空海と真言密教...

    応募〆切:7月15日(月)

  • 2024.06.14
    実話をもとに描かれた、海の男たちの誇りと絆の戦争秘...

    応募〆切:6月25日(火)

  • 2024.06.14
    自然写真家・今森光彦のライフワークの集大成、「今森...

    6月20日(木)~9月29日(日)

  • 2024.06.13
    三浦友和&山口百恵の二人を結んだ楽曲?! 松崎しげ...

    「愛の微笑み」から改題された

  • 2024.06.11
    マニフレックス公式HPの人気連載記事『暮らしのエッ...

    6月28日(金)~30日(日)

  • 2024.06.11
    田中邦衛、山本圭、加藤剛らが出演した社会派ドラマ「...

    日本を代表する彫刻家・佐藤忠良を父にもつ

  • 2024.06.10
    韓国500万人超えの大ヒットした、予測不能の海洋ク...

    応募〆切:7月10日(水)

  • 2024.06.06
    激動の20世紀を生きたあるの男の人生。〝世紀の小説...

    応募〆切:7月5日(金)

  • 2024.06.06
    八王子市夢美術館 特別展 「ルーヴル美術館の銅版画...

    応募〆切:6月30日(日)

  • 2024.06.06
    アカデミー賞Ⓡ 2度受賞の名優アンソニー・ホプキン...

    応募〆切:6月20日(木)

特集 special feature 

わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の  「芸業」

特集 わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の 「芸業...

棟方志功の誤解 文=榎本了壱

VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いなる遺産

特集 VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いな...

「逝ける映画人を偲んで2021-2022」文=米谷紳之介

放浪の画家「山下 清の世界」を今。

特集 放浪の画家「山下 清の世界」を今。

「放浪の虫」の因って来たるところ 文=大竹昭子

「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

特集 「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

「いい顔」と「いい顔」が醸す小津映画の後味 文=米谷紳之介

人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

特集 人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

わが母とともに、祐三のパリへ  文=太田治子

ユーミン、半世紀の音楽旅

特集 ユーミン、半世紀の音楽旅

いつもユーミンが流れていた 文=有吉玉青

没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、展覧会「萩原朔太郎大全」の旅 

特集 没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、...

言葉の素顔とは?「萩原朔太郎大全」の試み。文=萩原朔美

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

シアタークリエへ

喜劇の人 森繁久彌

特集 喜劇の人 森繁久彌

戦後昭和を元気にした<社長シリーズ>と<駅前シリーズ>

映画俳優 三船敏郎

特集 映画俳優 三船敏郎

戦後映画最大のスター〝世界のミフネ〟

「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌 

昭和歌謡 「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の...

第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」等全22作の根幹とは

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン 文=山川静夫

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

向田邦子の散歩道

特集 向田邦子の散歩道

「昭和の姉」とすごした風景

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!