俳優たちの聖地「帝国劇場」

東宝ミュージカルの誕生

『屋根の上のヴァイオリン弾き』昭和42年初演は、(左から)市川染五郎(当時)、森繁久彌、越路吹雪、淀かほる、浜木綿子、西尾恵美子、いしだあゆみ、岡崎友紀という豪華な配役だった。森繁ははテヴィエ役を900回演じ切り国民的ミュージカルとして愛された。

 新帝国劇場は、昭和四十一年九月に開場した。その開場記念として十月は歌舞伎公演があり、八代目幸四郎(白鸚)の二男萬之助が華々しく二代目吉右衛門を襲名した。以来、帝劇では何度か歌舞伎が上演されたが、私の眼からは〈なんとなく歌舞伎は新しい帝劇にフィットしていないな〉と映った。それよりも、兄の染五郎(現幸四郎)の『王様と私』や『ラ・マンチャの男』が、この劇場には似つかわしいというおもいが強かった。
 その年の十一月から翌年にかけて上演された菊田一夫脚色・演出の『風と共に去りぬ』が帝劇のミュージカルに火をつけたのは確かだろうが、なんといっても昭和四十二年九月初演の東宝ミュージカル『屋根の上のヴァイオリン弾き』のエネルギーは強烈だ。森繁久彌主演のこの作品は、日本で初めて大劇場でのロングランを定着させたのだ。ユダヤ人の集団が理不尽に村から追い出されるという、一見、地味にみえるミュージカルだが、何度やっても客が詰めかける。私は不思議でならなかった。
 初演の時の尾崎宏次の評(「演劇界」昭和四十二年十月号)にこうある。
「この作品がたのしく見られた一番大きな理由は、音楽の色彩感とでもいうようなものと、なんというか、場面のシャープな処理とでもいうものであった。それは、結局、脚本ともつながることなのだが、できごと、心情などを〈できるだけ単純にしたこと〉が、私には一番関心をひくことがらであった」(できるだけ単純にしたことに、傍点)(傍点筆者)

平成2年『マイ・フェア・レディ』でイライザを演じたのは本作初出演の大地真央、ヒギンズ教授に細川俊之、ピッカリング大佐は初演からの益田喜頓。

 この尾崎氏の〝単純〞ということは演劇にとって大切だ。
 作品はすべからく豪華絢爛だけがいいのではない。幹がしっかりしていて、単純だが枝葉(えだは)が繁っているように見えるのがいい。そしてなによりも、楽しくわかりやすいのがいい。これが演劇の根本だと私は思う。『屋根の上のヴァイオリン弾き』というミュージカルはその要素を備え、しかも、上演するたびに洗いあげていったのだ。
 森繁久彌は、この作品を演劇人生の集大成と心得て名演をみせ、また共演者が家族の如く和して芝居を盛り立て、観客を感動させた。舞台と客席が一体となって、まるで渦巻のように帝劇を呑みこむようなムードが、このミュージカルにはいつも存在した。『屋根の上のヴァイオリン弾き』は、やがて次の世代のロングラン『レ・ミゼラブル』や『エリザベート』にのり移っていく。

2011年10月1日 Vol.9より

1 2 3 4

サントリー美術館様
森美術館

特集 special feature 

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

information

下北線路街にホテルが出現、「MUSTARD HOTEL SHIMOKITAZAWA」開業

下北線路街にホテルが出現、「MUSTARD HOTEL SHIMOKI...

下北沢に新しいホテルとエンタメカフェが誕生!

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

マニフレックスで安心の熟睡

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

小田急沿線さんぽ archives

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!