俳優たちの聖地「帝国劇場」

夢の世界にいざなう
〝ハレ〞の場所

日本ミュージカルの金字塔『レ・ミゼラブル』が帝劇に登場したのは昭和62 年6月。平成23 年4月22日昼の部で2500 回公演を数えた。初演では鹿賀丈史と滝田栄がジャン・バルジャンとジャベールを交互に演じ話題になった
平成12年帝国初登場の『エリザベート』(一路真輝)
『ミス・サイゴン』(平成20年・市村正親)も帝劇の人気ミュージカル

 帝国劇場が明治四十四年に誕生する前は、芝居見物といえば、棧敷も土間も客は座って見るのが当り前で、見物中には弁当も食べ、煙草を吸い、菓子、弁当、寿司の〝かべす〞を友としていた。
 ところが帝国劇場では、椅子席となり、場内での飲食は厳禁というのだから、気の短い東京ッ子は「おいらは帝劇へは行かねえぞ」と、ソッポを向いた。しかし二、三年たつと、「座」から「劇場」へという西欧化の波がまたたく間に広がっていったのである。
「今日は帝劇、明日は三越」というキャッチフレーズは、帝劇も三越も第一級レベルであり、それが大正時代の人たちの虚栄心を痛く刺激した。この出どころについてはいろいろな説があるが、一つだけおもしろい説を紹介しておこう。
 大正七、八年頃に、帝劇女優が演じた益田太郎冠者作のオペレッタの歌の中に「コロッケの唄」というのがあった。その一節に「きょうもコロッケ、明日もコロッケ」という歌詞があり、その「コロッケ」が「帝劇」と「三越」にすり変ったというのである。
 真偽のほどはわからないが、この話を私流に解釈してみると、コロッケは、庶民が安く食べられる日常的な食品である。しかし、これを毎日のように食べていては、決して心が満たされるとは思えない。現実味が優るからだ。誰でも〝夢〞があり、その夢をいつか実現したいと思っている。生活の中に〝ハレ〞と〝ケ〞があるとすれば、〝ケ〞は日常の現実であり、〝ハレ〞は非日常の夢のようなもので、一度でいいからコロッケとは違う夢の世界に遊んでみたいと思うのが人情である。華麗な舞台、豪華な買物、その〝ハレ〞を叶えさせてくれるのが、当時は帝劇であり三越だったのだろう。
 演劇や音楽は、人に夢を与え、豊かな心を育む楽しいものでありたい。今後も、帝国劇場は、その役目を果すため進化し続ける殿堂なのだ。

やまかわ しずお
昭和8年静岡市生まれ。昭和31 年NHK入局、昭和43 年に東京アナウンス室勤務となる。昭和49 年より「紅白歌合戦」白組司会者を9 年連続で務めたのをはじめ、「ひるのプレゼント」「邦楽百選」「ウルトラアイ」など芸能、科学、教養番組などを担当。平成6 年にNHKを退職後はエッセイストとして執筆、講演などで活動。国語審議会委員、NHK用語委員などを歴任し、現在、「三越名人会企画委員、ポーラ文化財団理事を務める。『勘三郎の天気』『名手名言』(日本エッセイストクラブ賞)、『山川静夫の歌舞伎十八番』『私のNHK 物語』『山川静夫芝居随筆』『歌右衛門の60 年』『歌右衛門の疎開』『アナウンサー和田信賢伝』『綱大夫四季』(森繁久彌、森光子主演でNHKでラジオドラマ化され芸術祭優秀賞受賞)、『歌舞伎の愉しみ方』『大向うの人々 歌舞伎座三階人情ばなし』(講談社エッセイ賞)など多数の著書がある。また、橋田壽賀子賞特別賞、前島密賞、徳川夢声賞などの受賞歴がある。

2011年10月1日 Vol.9より

1 2 3 4

サントリー美術館様
森美術館

特集 special feature 

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

information

下北線路街にホテルが出現、「MUSTARD HOTEL SHIMOKITAZAWA」開業

下北線路街にホテルが出現、「MUSTARD HOTEL SHIMOKI...

下北沢に新しいホテルとエンタメカフェが誕生!

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

マニフレックスで安心の熟睡

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

小田急沿線さんぽ archives

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!