new 22.04.30 update

昭和の映画館で、昭和の名作を観た〝昭和の日〟

文&写真 遠藤遊馬さん 73歳 横浜市

東京池袋、西口繁華街に古色蒼然とたたずむロサ会館に、シネマ・ロサがある。このビル、1968年(昭和43年)に建てられた我ら不良少年のメッカだった。ボウリング場あり、ゲームセンターあり、酒場あり。同じ昭和43年に創業したカウンター9席だけの洋食店には、今でも行列ができる。ここから徒歩10数分の、豊島区要町に住み青春時代を過ごしたボクには、絶好の遊び場だった。

シネマ・ロサ、悶々としてピンク映画を観に行った記憶があるし、ハリウッド時代劇トム・クルーズの『ラスト・サムライ』はここで観た。メジャー封切りあり、ピンクあり、インディーズあり。50余年を経た、まさしく「日本の映画館」なのだ。このたび訪れたのは、同時代の恋愛映画の名作にして大ヒットしたイタリア映画『ひまわり』(1970年)を上映しているから。

プーチン侵略戦争下、ウクライナで撮影されたという見渡す限りに広がった一面のひまわり畑が再上映につながったのだとか。あらためて大スクリーンで観るひまわりに、ウクライナの悲惨な戦火の街の現実はつながらないが、戦争によって引き裂かれる人間の悲しみはヒシヒシと伝わる。ソフィア・ローレン、マルチェロ・マストロヤンニの競演もさることながら、ヘンリー・マンシーニのテーマ曲は、50年を経た今でも涙をさそった。昭和の遺物のようなビル、昭和の映画館、昭和の名作、おまけにこの日は昭和の日だった。

サントリー美術館様

特集 special feature 

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ 

読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!