ラジオはいつの時代も人と人を繋いでくれる

ラジオを聴くときはラジオの前に集合

 松本清張原作、野村芳太郎の『張込み』(57年)は、二人の刑事(宮口精二、大木実)が強盗殺人の容疑者(田村高廣)を張込む物語。

 舞台は佐賀市。容疑者は昔の恋人でいまは人の妻となった女性(高峰秀子)のところに現われる可能性が高い。二人の刑事は、女性の家の前にある旅館の二階に泊り込んで容疑者の現われるのを待つ。

 この旅館で働いている若い女性(小田切みき)はラジオで歌謡番組を聴くのが大好き。一日の終り、旅館の茶の間で泊り客たちとラジオの前に座る。

 折りしもラジオからはアナウンサーの声が聞こえてくる。「北は北海道からから南は九州まで。全国のみなさん、ラジオの前にお集まり下さい」

 聞いている客が「もう集まっているよ」と陽気に合いの手を入れる。放送される番組は「民放祭り十大歌手歌謡曲大会」。

 美空ひばりの「君はマドロス海つばめ」や青木光一の「早く帰ってコ」が流れてくる。

 歌の好きな若い女性は歌詞の入った本を手にしながら歌手と一緒に歌う。この本は当時「明星」や「平凡」などの月刊誌の付録になっていたいわゆる歌本。ラジオの歌謡番組を聴く時はこれを離せなかった。

 ちなみにNHKラジオで紅白歌合戦が始まったのは昭和二十六年(1951)。この時代、ヒット歌謡はラジオから生まれた。

 歌番組だけではない。小津安二郎監督の『麦秋』(51年)では鎌倉に住む若い女性(原節子)がラジオで歌舞伎の中継を聴いている。

 テレビではなくラジオでの舞台中継はアナウンサーにとって相当難しい仕事だっただろう。「ただいま舞台上手から中村勘三郎がしずしずと現われました」と状況をこまかく説明したものだった。

 日本でラジオ放送が始まったのは大正十四年(1925)。東京・芝の愛宕山の東京放送局が始めた。新メディアだが人気は高く、当初すでに聴衆契約者は十万人を越えた。大正十五年(1926)には、東京、名古屋、大阪の三つの放送局が合同し日本放送協会(NHK)が設立された。

ラジオの実況中継で高まった野球人気

 ラジオの普及をうながした人気番組のひとつはなんといってもスポーツ中継だろう。昭和二年(1927)に甲子園球場で開かれた第十二回全国中等学校野球大会(現在の高校野球)がラジオによるはじめての野球中継とされている。

 これが評判となりこの年の秋には神宮球場での早慶戦がラジオ放送され、ラジオの前には黒山の人だかりとなった。

 大正十一年(1922)東京生まれの評論家、安田武の回想記『昭和東京 私史』(新潮社、82年)には子供時代、神宮の六大学野球の実況放送に熱中した思い出が懐しく語られている。

「野球放送がはじまると、ラジオに齧(かじ)りつき、スコアー・ブックを拡げて、ストライク、ボール、ファウルに至るまで、いちいち丹念に記入していった」

 安田武によると早慶戦の人気は松内則三アナウンサーの名調子の力が大きかったという。

「神宮球場はどんよりとした空、夕闇迫る空、鴉が一羽、二羽、三羽、四羽、─風雲いよいよ急を告げています」

 昭和十二年(1937)に出版され、いまも読み継がれている少年たちの友情の物語、吉野源三郎の『君たちはどう生きるか』には東京の中学生「コぺる君」が友人たちの前で早慶戦のラジオの実況中継を真似るくだりがある。机の上にラジオを置き、そのうしろに風呂敷をかぶって座る。アナウンサーの「名調子」の真似をする。

 「……紺青の空晴れ渡り、風は落ち、神宮球場には砂埃一つあがりません。センター後方の大日章旗がわずかに風にゆれているばかり、正に絶好の野球日和であります」

 野球人気はラジオによる実況中継と共に高まったことがうかがえる。戦前のラジオの名実況中継といえばなんといっても、昭和十一年(1936)八月のベルリン・オリンピックの水泳女子二〇〇メートル平泳ぎ。河西三省アナウンサーが「前畑がんばれ」と三十六回も繰返し、日本中を熱狂させた。その声援に応えるように前畑秀子はみごと優勝。平和な時代のもっとも幸福なラジオ番組だったといえるだろう。

1 2 3

サントリー美術館様

特集 special feature 

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」など全22作の根幹とは

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ

丸山智己さんと狛江

丸山智己さんと狛江

~郊外住宅地・狛江の夜を愉しむ~

光石研さんと梅が丘

光石研さんと梅が丘

普段着の味わいがする「梅ヶ丘」を楽しむ

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋は名優が暮した町

松下洸平さんと参宮橋

松下洸平さんと参宮橋

参宮橋は大都会の隣町の風情

鈴木伸之さんと喜多見

鈴木伸之さんと喜多見

喜多見は〝ほどよい〟郊外タウン

蒼彦太さんと読売ランド前

蒼彦太さんと読売ランド前

遊園地の町「読売ランド前」で大人の休日を楽しむ

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.2

PEOPLE frontline Vol.2
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial