22.03.29 update

アドバルーンは昭和に生まれた最先端の広告手段だった

『うちの女房にゃ髭がある』が話題になった昭和十一年、アドバルーンは大事件に使われた。
 二・二六事件である。
 青年将校がひき起したクーデターに昭和天皇がいきどおり、すぐに鎮圧されることになるのだが、この時、軍の戒厳司令部はラジオで、蹶起部隊に「今からでも決して遅くないから、直ちに抵抗を止めて軍旗の下に復帰せよ」と呼びかけると同時に、アドバルーンを掲げた。
 そのネットには「勅命下る軍旗に手向ふな」と大きく書かれていた。この時代、アドバルーンが、軍の意志伝達にも大きな役割を果していたことが分かる。

戦後の空に浮かんだ復興の象徴

【写真)現在のアドバルーンの方式は、大正10年に広告代理店業である弘告堂(現・銀星アド社)の創業者である水野勝蔵が考案したのが最初で、二・二六事件が勃発した際には、戒厳司令部より、クーデターの解体目的となるアドバルーン製作を依頼され、「勅命下る 軍旗に手向ふな」という字句が書かれたアドバルーンが現在の西新橋の飛行館屋上から揚げられた。広告字幕には布が使用されていたが、その後ネット(網状)になった。写真提供:銀星アド社

 戦後、日本は連合軍によって占領された(いわゆるオキュパイド・ジャパン)。気球はもともと軍事用だったため、GHQ(連合軍総司令部)によって、アドバルーンは禁止された。
 それがようやく復活するのは、昭和二十七年(一九五二)、対日講和条約の発効によって、占領時代が終ってから。
 翌二十八年に公開された松竹映画、川島雄三監督の『新東京行進曲』は、戦前に、銀座の名門、泰明小学校を卒業した子供たちが、成長して、戦後、再会する青春物語だが、この映画がとらえる銀座の空には、戦前と同じようにまたバルーンが浮かんでいる。
 この映画では、冒頭、当時の東京都知事、安井誠一郎本人が登場し、新聞記者たちと小型飛行機に乗って、東京の町を視察する。

 焼け跡はもうなく、新しい建物が次々に建っている。それを見ながら安井知事はいう。
「東京はこの三十年のあいだに、関東大震災と東京空襲で大きな痛手を受けた。にもかかわらずこうしてまた復興している」
 東京の空にまた浮かぶようになったアドバルーンは「復興」の象徴のひとつになった。

『新東京行進曲』と同じ昭和二十八年に公開された『女心はひと筋に』(杉江敏男監督)という東宝の青春映画がある。
 大学で医学を学ぶ学者の卵の池部良と、芸者の久慈あさみの結ばれない恋を描いている。 
 映画は、銀座の町から始まり、銀座の町で終わる。最後、銀座の夜景。日劇(現在のマリオン)のところにアドバルーンが浮かんでいる。そこには当の映画『女心はひと筋に』の広告文字が。しゃれている。
 アドバルーンを利用したのは、主として、映画館や劇場、そしてデパートだった。
 昭和三十一年に公開された日活映画、石坂洋次郎原作、田坂具隆監督の『乳母車』では大学生の石原裕次郎が、日本橋の高島屋の屋上で、アドバルーンを揚げるアルバイトをしている。降ろす時、二人がかりで綱を引っ張ってる。かなり重労働だったようだ。
 昭和四十年代に入っても、まだ銀座にはアドバルーンが見られた。
 直木賞作家、松井今朝子の回想記『師夫の遺言』(NHK出版、二〇一四年)によると、昭和四十年代、松井さんは大学院の学生だった頃、銀座の小さな広告代理店でアルバイトをしていた。
 銀座の町を歩いて空を見上げ、契約どおりアドバルーンがきちんと揚がっているかどうか確認するのが仕事だったという。
 アドバルーンの最後の時代だろう。

かわもと さぶろう
評論家(映画・文学・都市)。1944 年生まれ。東京大学法学部卒業。「週刊朝日」「朝日ジャーナル」を経てフリーの文筆家となりさまざまなジャンルでの新聞、雑誌で連載を持つ。『大正幻影』(サントリー学芸賞)、『荷風と東京『断腸亭日乗』私註』(読売文学賞)、『林芙美子の昭和』(毎日出版文化賞、桑原武夫学芸賞)、『映画の昭和雑貨店』(全5 冊)『映画を見ればわかること』『向田邦子と昭和の東京』『それぞれの東京 昭和の町に生きた作家たち』『銀幕の銀座 懐かしの風景とスターたち』『小説を、映画を、鉄道が走る』(交通図書賞)『君のいない食卓』『白秋望景』(伊藤整文学賞)『いまむかし東京下町歩き』『美女ありき―懐かしの外国映画女優讃』『映画は呼んでいる』『ギャバンの帽子、アルヌールのコート:懐かしのヨーロッパ映画』『成瀬巳喜男 映画の面影』『映画の戦後』『サスペンス映画ここにあり』など多数の著書がある。

1 2

映画は死なず

新着記事

  • 2024.03.04
    なぜ世田谷区はアーティストの街になったか。その3「...

    梅が丘~新宿まで

  • 2024.03.01
    今から準備、青森県内の美術館5館によるアートフェス...

    青森県で現代美術を楽しむ!

  • 2024.03.01
    金塊強盗からスーパースターへ!信じられないような実...

    応募〆切:3月25日(月)

  • 2024.03.01
    森美術館 ブラック・アートと日本の「民藝」の融合、...

    4月24日(水)~9月1日(日)

  • 2024.03.01
    なぜ世田谷区はアーティストの街になったか。その2「...

    祖師ケ谷大蔵~豪徳寺

  • 2024.02.29
    美空ひばり、成城の通りで歌う! 〝成城ロケ映画〟の...

    文=高田雅彦

  • 2024.02.29
    『ブギウギ』の淡谷のり子のドレスアップと重なる燕尾...

    東映映画『国定忠治』の名文句が忘れられない

  • 2024.02.28
    小林武史、三上博史、山口智子、種田陽平……映画『ス...

    文=河井真也

  • 2024.02.28
    破天荒なドイツのラッパーのサクセスストーリー!『女...

    3月29日(金)より全国順次公開

  • 2024.02.27
    芝居はボケ防止になるという話─萩原 朔美の日々 ...

    楽屋での雑談もまた楽し

特集 special feature 

わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の  「芸業」

特集 わだばゴッホになる ! 板画家・棟方志功の 「芸業...

棟方志功の誤解 文=榎本了壱

VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いなる遺産

特集 VIVA! CINEMA 愛すべき映画人たちの大いな...

「逝ける映画人を偲んで2021-2022」文=米谷紳之介

放浪の画家「山下 清の世界」を今。

特集 放浪の画家「山下 清の世界」を今。

「放浪の虫」の因って来たるところ 文=大竹昭子

「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

特集 「名匠・小津安二郎」の生誕120年、没後60年に想う

「いい顔」と「いい顔」が醸す小津映画の後味 文=米谷紳之介

人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

特集 人はなぜ「佐伯祐三」に惹かれるのか

わが母とともに、祐三のパリへ  文=太田治子

ユーミン、半世紀の音楽旅

特集 ユーミン、半世紀の音楽旅

いつもユーミンが流れていた 文=有吉玉青

没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、展覧会「萩原朔太郎大全」の旅 

特集 没後80年、「詩人・萩原朔太郎」を吟遊す 全国縦断、...

言葉の素顔とは?「萩原朔太郎大全」の試み。文=萩原朔美

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

シアタークリエへ

喜劇の人 森繁久彌

特集 喜劇の人 森繁久彌

戦後昭和を元気にした<社長シリーズ>と<駅前シリーズ>

映画俳優 三船敏郎

特集 映画俳優 三船敏郎

戦後映画最大のスター〝世界のミフネ〟

「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌 

昭和歌謡 「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の...

第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」等全22作の根幹とは

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン 文=山川静夫

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

向田邦子の散歩道

特集 向田邦子の散歩道

「昭和の姉」とすごした風景

information »

new 森ビルの「ヒルズ街育プロジェクト」が文部科学大臣賞を受賞

都市 森ビルの「ヒルズ街育プロジェクト」が文部...

森ビルの街づくりが表彰される!

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!