岩下志麻さんへ


What a beautiful life 美しいとき 2011年7月1日号より

「情念」という言葉に触れるとき、
そこに映画女優・岩下志麻さんの姿が浮かぶ。
『心中天網島』をはじめとする
岩下さんが演じた数々の女人像からのイメージかもしれない。
善悪を超越したところで、なんら迷いや揺らぎもなく
己の心に正直に、忠実に生きる女性たちの姿である。
その強い意志が、「岩下志麻」という女優の性根にも見えてくる。
その女優を四半世紀にわたり慕い続ける写真家の下村一喜さん。
そして下村さんもまた、岩下志麻さんの中に
この「情念」の部分を見ている一人なのである。

撮影=渞 忠之  撮影協力:ハイアット リージェンシー 東京


姫、と呼ばせて
いただきます。

文=下村一喜

女優と写真家の
真剣勝負

 岩下志麻さんと最初にお会いしたのは化粧品の広告の撮影だった。既に日本を代表する〈大女優〉で〈最後の銀幕のスター〉などと形容されていることは周知であるし、絶世の美女で、長身でスタイルも良く、また演技も達者で、あらゆる国際的な賞にも貢献し、日本アカデミー賞の最初の最優秀主演女優賞受賞者であり、加えて国家からも紫綬褒章を贈られている。そういう方が目の前にいるのだ。もちろんスタジオ内にも緊張の空気が流れた。

 僕は志麻さんにお会いし撮影することをずっと夢見てきたので、まさに念願が叶った瞬間だった。ただし、夢だけでは撮影は終わらない。撮影は僕と被写体との〈勝負〉の時間である。その日、一枚たりとて志麻さんが納得しない写真は撮るまいと心に決めていた。絶世の美女でも被写体は〈まな板の上の鯉〉である。そして、美しければ美しいほど自分自身を疑っているものだ。写真家は、被写体のあらゆる疑問に説得力をもって答えられなければならない。キャリアや社会的地位を越えて、目線の高さを合わさなければ被写体は写真家を信頼しない。すなわち〈目〉が生きない。結果、最初の一枚目から、写真の中の志麻さんはどの姿も美しく、また、僕を面白く思ってくださったのか、その後も着物の写真集の撮影の御依頼をいただき、作品を一緒に創作する縁につながった。

2011年7月1日 Vol.8より

1 2

PR

サントリー美術館様

特集 special feature 

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三 80歳の青春

加山雄三 80歳の青春

若大将、人生を語る

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

information

下北沢に「住む」「学ぶ」寮生活

topics 下北沢に「住む」「学ぶ」寮生活

SHIMOKITA COLLEGE 登場

ロマンスカーミュージアム

ロマンスカーミュージアム

小田急線海老名駅に来年4月開業

文化都市・六本木ヒルズで元気になる

文化都市・六本木ヒルズで元気になる

村上隆彫刻作品「お花の親子」が出現

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

マニフレックスで安心の熟睡

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

小田急沿線さんぽ archives

参宮橋

参宮橋

松下洸平さん

代々木上原

代々木上原

松田悟志さん

下北沢 第4景 

下北沢 第4景 

横田栄司さん

下北沢 第3景

下北沢 第3景

藤田俊太郎さん

下北沢 第2景

下北沢 第2景

大谷亮平さん

下北沢 第1景 

下北沢 第1景 

カズ・ハヤシさん

伊勢原

伊勢原

眞島秀和さん

喜多見

喜多見

鈴木伸之さん

千歳船橋

千歳船橋

町田啓太さん

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial