「遊び心」の大切さ

遊びをせんとや生まれけむ 第1回  2009年9月25日号より

2011年5月16日逝去。享年77。学習院大卒、東宝映画から俳優としてスタートし、多くの映画・ドラマに出演。その知性的な風貌とともに、無類の読書家としても知られ著書も多数。雑誌¿Como le va?の創刊号から絶筆となる7号まで健筆をふるってくれた。昭和を生きた人として常に世を憂い警鐘を鳴らしていた。

 

無言が罷り通る
「だんまり」の場と化した世の中

 なんと殺伐とした世の中なんだろう、と、このごろは外へ出るたびに痛感させられる。その原因のひとつは、人々の「だんまり」、つまり無言にある。”失礼”とか、”すみません”とか”ありがとう”という言葉が、電車の中や飛行機といった乗り物の中、駅や空港、デパートや銀行や病院や街中といった公共の場で、ほとんど、いや、まったくといっていいほど聞かれなくなった。

 エレベーターの乗り降りに、ちょっと手助けしても一切無言が罷り通る。言葉が無い上に笑(え)みすらない。機内で頭上の荷物を取り出す際に、こちらの頭に荷物をぶつけても知らん顔。”痛い!!”と言っても睨みつける感じで無視したまま。駅や空港でキャリーを引く人たちは、傍若無人、我一人荒野を行くがごとくで、人にぶつけても知らぬ顔の半兵衛。いちいち取り上げ出したら、もう枚挙に遑(いとま)の無いほど、これほど左様に無言が罷り通る。世の中はまさに「だんまり」の場と化した。

成熟しない大人に
真の「遊び心」は生まれない

 誰もが、自分のことを考えるだけで精一杯。他人のことを考えたり、おもんばかったりする余裕などまっくない。だから殺伐とした冷たい風が世間を吹き抜ける。なにか社会全体が潤滑油を欠いた機械のように軋んだ音を発している。そこで、しきりに思うのは「遊び心」の大切さだ。人間が「遊び心」を失うと、どんな世の中になるのか、今の日本の社会の現状はまさにそのことを証明している。

 この場合の「遊び心」とは、人間の社会との協調性を意味している。つまり他人と協調し融合する能力を身につけているか、どうかということだ。活字や文字、本と親しまずコンピューター・ゲームに熱中し、友だちとのコミュニケーションや遊びの少ないまま、家族とのつながりも薄く、自分のしたいことだけをして育ってきた子どもは、周りの人間と協調する能力に欠け、社会と融合できない未熟な大人になる。言葉を替えれば、成熟しない大人たちの世界に、真の「遊び心」は決して生まれない。

幼稚な大人たちが跋扈(ばっこ)する言わば餓鬼の世間を悲しく思うたびに、まだ約三十年前まではあった大人の人間のあらゆる面での「遊び心」が実に懐かしい。が、それはおいおいと……。

2009年9月25日 Vol.1より
こちらの記事もどうぞ
サントリー美術館様

特集 special feature 

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」など全22作の根幹とは

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ

丸山智己さんと狛江

丸山智己さんと狛江

~郊外住宅地・狛江の夜を愉しむ~

光石研さんと梅が丘

光石研さんと梅が丘

普段着の味わいがする「梅ヶ丘」を楽しむ

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋は名優が暮した町

松下洸平さんと参宮橋

松下洸平さんと参宮橋

参宮橋は大都会の隣町の風情

鈴木伸之さんと喜多見

鈴木伸之さんと喜多見

喜多見は〝ほどよい〟郊外タウン

蒼彦太さんと読売ランド前

蒼彦太さんと読売ランド前

遊園地の町「読売ランド前」で大人の休日を楽しむ

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.2

PEOPLE frontline Vol.2
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial