new 21.09.29 update

帯津良一のときめき健康法

人生百年時代――とはいえ、老いさらばえて100歳を迎えたくはない。
健康で生気みなぎるような日々を過ごせてこそ、ナイス・エイジングだ!
西洋医学だけでなく東洋医学、ホメオパシー、代替医療まで、
人間を丸ごととらえるホリスティック医学でガン治療を諦めない医師、
帯津良一の養生訓は、「こころの深奥に〝ときめき〟あれ」と説く。

第3回 (続 いちばん好きな女優さんは?)

41歳の色気は只者ではない


文=帯津良一

 イギリス映画『第三の男』(監督:キャロル・リード、原作・脚本:グレアム・グリーン、音楽:アントン・カラス、主演:ジョゼフ・コットン、オーソン・ウェルズ、アリダ・ヴァッリ)が日本で封切られたのが1952年、映画少年の真っ盛りの頃である。

 いい映画である。何回か繰り返し観たはずだ。しかし、オーストリアの民俗楽器チターを用いてテーマソングを作曲したアントン・カラスにはかなわない。500回も観たという。だからこの曲の評判も高く、街中どこに行ってもこの曲が流れていたものである。

 また中央墓地の冬枯れの並木路、道端に止めた荷車に寄りかかるようにして待つジョゼフ・コットンの前を、前方をみつめたままのアリダ・ヴァッリが通りすぎていくラストシーンも、原作ではハッピーエンドだったのをキャロル・リードがグレアム・グリーンの許可を得て変えたといわれている。

 ところが、くり返し観ているうちにアリダ・ヴァッリの色気に魅入られてしまい、気がついたときにはオードリー・ヘプバーンもグレース・ケリーも追い越してしまったのである。しばらくトップの座を守っていたが、これがまた追い越されるのである。

 

 中西医結合によるがん治療を旗印にした病院をオープンしたのが1982年11月。それから5年ほどしてホリスティック医学にスライドしていくのであるが、余程珍らしかったとみえて、しばしば取材を受けたものである。

 あるとき、『ぼくが医者をやめた理由』(平凡社 1993年)を書いて突然医者をやめて作家になった永井明さんが取材にやってきたのだ。一日、朝から晩まで私の傍にいて出来上がった原稿(ゲラ)の題名が、なんと

「孤独なる荒野のガンマン」

『荒野のガンマン』のブライアン・キースとモーリン・オハラ

 と。いやぁうれしかった。とっさにクリスト・イーストウッドを思い出したので、マカロニ・ウエスタンを当たってみたが、この題名がないのである。あるのは『荒野の用心棒』と『夕陽のガンマン』。

 永井さんも相当な映画通なので、二つをまとめて一つにしたのかと思ったが、アメリカ映画を当たったところ、やはりあったのである。1961年度の作品。監督は最後の西部劇監督と呼ばれているサム・ペキンパー。主演はモーリン・オハラとブライアン・キース。

 観た記憶がなかったので、さっそくDVDで買い求めてみた。ストーリーはともかく、モーリン・オハラの色気に圧倒されたのである。『リオ・グランデの砦』(50年)『静かなる男』(52年)のモーリン・オハラも好きだったが、今度ほどの色気を感じなかった。今度のはモーリン41歳のときの作品。41歳の色気で彼女が私のいちばん好きな女優さんに躍り出たのである。

 病院の自室に、モーリンの写真が掛けてある。永井明さんとのご縁に感謝したい。

 

おびつ りょういち
1936年埼玉県川越市生まれ。東京大学医学部卒業、医学博士。東京大学医学部第三外科に入局し、その後、都立駒込病院外科医長などを経て、1982年、埼玉県川越市に帯津三敬病院を設立。そして2004年には、池袋に統合医学の拠点、帯津三敬塾クリニックを開設現在に至る。日本ホリスティック医学協会名誉会長、日本ホメオパシー医学会理事長著書も「代替療法はなぜ効くのか?」「健康問答」「ホリスティック養生訓」など多数あり。その数は100冊を超える。現在も全国で講演活動を行っている。講演スケジュールなどは、https://www.obitsusankei.or.jp/をご覧ください。

こちらの記事もどうぞ
サントリー美術館様
森美術館

特集 special feature 

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

ウイスキーという郷愁

ウイスキーという郷愁

いつか「ダルマ」が飲める大人になってやる

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

information

下北線路街にホテルが出現、「MUSTARD HOTEL SHIMOKITAZAWA」開業

下北線路街にホテルが出現、「MUSTARD HOTEL SHIMOKI...

下北沢に新しいホテルとエンタメカフェが誕生!

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

世界初!新型コロナ対策の寝具誕生

マニフレックスで安心の熟睡

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

小田急沿線さんぽ archives

読者の声

コモレバクラブ

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!