芸術家・岡本太郎に新たな”謎”、パリ時代の作品がゴミ集積所から発見された数奇な運命再び

 7月23日から大阪中之島美術館で「展覧会 岡本太郎」が開催される(巡回・東京、愛知)が、直前に興味深いニュースが飛び込んできた。

 いまなお、人々を惹きつけ、世代を超えて共感をひろげる岡本太郎であるが、1930年代のパリで過ごした10年間が、〝芸術家・岡本太郎〟を育んだと言っても過言ではないだろう。

 1930年1月、父・一平のロンドン軍縮会議の取材に同行し、マルセイユ経由でパリに渡った岡本太郎は18歳であった。二つの大戦の狭間、ファシズムがヨーロッパに暗い影を落とした激動の1930年代、芸術の分野では抽象主義やシュルレアリスムなどの前衛芸術が胎動してきた時代だった。

 画廊で偶然目にしたピカソの《水差しと果物鉢》に衝撃を受け、抽象絵画の制作を開始した岡本は、展覧会で作品を発表するようになり、1937年には、G.L.M.社から最初の画集『OKAMOTO』も刊行された。岡本は帰国後の1941年11月、銀座の三越で「岡本太郎滞欧作品展」を開催したが、42年に一兵卒として中国戦線に応召、5年間を戦地で過ごした。45年の東京大空襲で、自宅のある青山は一面焼け野原となり、パリ時代の作品はすべて焼失してしまったため、1点も現存されていないものと思われていた。

 ところが、思わぬところから、思わぬは発見があったのである。

 1993年パリ市内に所在する〝アトリエ村〟「シテ・デ・フュザン」に居住する画家が前居住者の残したものを廃棄したが、ゴミ集積所から《作品C》をデザイナーG氏が拾得し、保管していた。さらに、94年同上の画家が逝去した際に、《作品A》《作品B》を含む遺品をフランス政府が接収。オークションにかけられ、両作品をデザイナーのG 氏が落札した。《作品A》から、漢字署名を発見したG氏は、画集『OKAMOTO』で、パリ時代の岡本を知り、岡本太郎の作品だと確信したのだ。岡本に関する資料収集や研究を行う「岡本太郎記念現代芸術振興財団」などが詳しい調査を行うことになった。

《作品A》 推定 岡本太郎 
1931-33? 
ユベール・ル ガールコレクション(パリ)蔵
《作品B》推定 岡本太郎 
1931-33? 
ユベール・ル ガールコレクション(パリ)蔵
《作品C》推定 岡本太郎 
1931-33? 
ユベール・ル ガールコレクション(パリ)蔵

 岡本太郎記念館館長の平野暁臣氏、《明日の神話》などの修復も担当した絵画修復家の吉村絵美留氏、美術史に詳しく、公私にわたるパートナーの故・岡本敏子さんとも親しかった明治学院大学の山下裕二教授らにより、3点とも同じ作者が同じような絵の具を使っている可能性があること、残された「岡本太郎」の筆跡鑑定、キャンバスの糸数が3作品とも同じであることなどから、岡本太郎が描いた可能性が極めて高いと鑑定されたのだ。

パリ作品評価委員の(左から)山下裕二氏、平野暁臣氏、吉村絵美留氏 (2022年7月8日の会見より)

 代表作《明日の神話》も、メキシコ市郊外の資材置場で野晒し同然の状態で発見され、日本へ移送、修復作業が行われたという数奇な運命をたどった作品だ。発見された3作品も一度は廃棄されかけた。3作品は、岡本の初期の作品で、「TARO」のサインがないこともふまえると、「習作」であるともいえる。

 今回確認された3作品は、7月23日から開かれる「展覧会 岡本太郎」で一般公開される。30年代のパリから蘇った幻の作品が物語る、岡本太郎の〝謎〟。また一つ解明したくなる多面性ゆえの興味が尽きない芸術家の出来事である。

こちらの記事もどうぞ
サントリー美術館様

特集 special feature 

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

特集 故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

特集 仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」など全22作の根幹とは

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

特集 91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

特集 挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

特集 御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

特集 寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

特集 アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

特集 東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

特集 「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

特集 俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

特集 「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

特集 秋山庄太郎 魅せられし「役者」の貌

役柄と素顔のはざまで

秋山庄太郎ポートレートの美学

特集 秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

特集 久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

特集 加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

特集 昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

特集 西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

特集 「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

特集 川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

特集 ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

特集 中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ

丸山智己さんと狛江

town story 丸山智己さんと狛江

~郊外住宅地・狛江の夜を愉しむ~

光石研さんと梅ケ丘

town story 光石研さんと梅ケ丘

普段着の味わいがする「梅ヶ丘」を楽しむ

千歳船橋と町田啓太さん

town story 千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋は名優が暮した町

松下洸平さんと参宮橋

town story 松下洸平さんと参宮橋

参宮橋は大都会の隣町の風情

鈴木伸之さんと喜多見

town story 鈴木伸之さんと喜多見

喜多見は〝ほどよい〟郊外タウン

蒼彦太さんと読売ランド前

town story 蒼彦太さんと読売ランド前

遊園地の町「読売ランド前」で大人の休日を楽しむ

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.2

PEOPLE frontline Vol.2
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!