加山雄三「君といつまでも」、郷ひろみ「男の子女の子」など流行歌の作詞、ミュージカル『レ・ミゼラブル』などの訳詞を手がけた岩谷時子

ザ・ピーナッツと加山雄三との出会い

〈今ネ、靴下なおしてるのよあなたの 好きな 黒い靴下〉

 僕が最初に彼女を意識した曲が、1962年3月に出たザ・ピーナッツの「ふりむかないで」だった。

 清潔なエロチシズムは歌ったのがザ・ピーナッツだったからだ。もし、豊満な肉体の大人の歌手だったら中学生だった僕らには到底手の届かない歌だったはずだ。 

 1960年代は、敗戦の復興から高度成長の入り口に立った日本が最も希望に満ちていた時代。〝戦後強くなったのは女性と靴下だけだ〟という二つの要素が織り込まれた時事的な歌でもある。青春が青春として輝いていた60年代の幕開けを飾った曲だった。

 岩谷時子には切っても切れない歌い手と作曲者がいた。歌い手の一組がピーナッツで、作曲家の一人が宮川泰である。彼が曲を書いた「恋のバカンス」こそ、当時、作詞・岩谷時子というクレジットが与えたみずみずしい衝撃の最たるものだった。

 何しろ始まりが〈ためいきの出るようなあなたのくちずけ〉だった。

 そして、こう続いたのだ。
〈裸で恋をしよう 人魚のように〉

 こんな直接的な歌詞に出会ったことはなかった。女性歌手が〈裸〉という言葉を歌う。恋と裸。その二つの言葉が全てを想像させて、それでいてセックスを感じさせない。彼女は自分でも「もっと肉体的な歌い手さんだったら、さすがの私も照れてしまって書けなかったかもしれないですね」と話していた。自ら「大胆不敵な歌ですね」と述懐した歌の決め手は、それが〝乙女ごころ〟の夢だったことだ。敢えてタブーに踏み込みつつ、下品にならない。それこそ、岩谷時子だった。 

 この歌の前に、〈バカンス〉という言葉を知っていた日本人がどのくらいいただろう。

 男性の歌い手と言えば、加山雄三をおいていない。 

 加山雄三は、ことある毎に「彼女と出会わなかったら今の僕はない」と公言している。エルビス・プレスリーでロックに目覚め、「日本語で歌うなんて芋だ」と、英語で歌うことにしか興味がなかった彼に「日本語で歌ってみたら」と勧めたのが彼女である。彼は「鼻歌のようなテープを渡すと、次の日に譜面にきちっと言葉が載ってくる。天才だと思いました」と話していた。 

 いくつもの曲が浮かんでくる。「君といつまでも」「旅人よ」「海 その愛」。どれも従来の歌謡曲とは違う洗練されたメロディに情景やストーリーを浮かべさせる言葉。作詞・岩谷時子、作曲・弾厚作というコンビは、作詞・永六輔、作曲・中村八大と並ぶ、僕等の青春のシンボルだった。

加山雄三と岩谷の出会いの曲「恋は紅いバラ」のレコーディングは映画の撮影の合間をぬって深夜に行われた。左は編曲家の森岡健一郎。原曲は加山自身が英語で作詞をしたもので、1963年公開の映画『ハワイの若大将』でも英語で歌われていた。加山と岩谷のコンビの最大のヒット曲「君といつまでも」が発売されたのは65年。この曲で岩谷は66年日本レコード大賞の作詞賞を、加山は特別賞を受賞した。この二人は「夜空の星」「お嫁においで」「旅人よ」「ぼくの妹に」「海 その愛」などの数々の名曲を誕生させた。

シャンソンを歌っていた岸洋子の歌唱でヒットし、1964年の日本レコード大賞で「ウナ・セラ・ディ東京」とあわせて岩谷が作詞賞を受賞し、岸も歌唱賞を受賞した「夜明けのうた」は、そもそも坂本九のために書き下ろした曲でレコード化され、オリジナルの歌詞は「あたし」ではなく「僕」となっている。作曲はいずみたくで、二人がコンビを組んだ最初のヒット曲となった。
2016年4月1日 Vol.27より

1 2 3 4

サントリー美術館様

特集 special feature 

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ 

読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!