加山雄三「君といつまでも」、郷ひろみ「男の子女の子」など流行歌の作詞、ミュージカル『レ・ミゼラブル』などの訳詞を手がけた岩谷時子

岩谷時子のなかのヨーロッパの香り

越路吹雪(左)と岩谷。

 若い頃の彼女はどうだったのだろう。
 当時の彼女を知っている唯一の現役ジャーナリストになる1933年生まれの音楽評論家の安倍寧さんに話を聞いたことがある。

 彼は笑いながらこんな話をした。
「ドロドロした芸能界の中の、泥池に咲いた一輪の蓮の花みたいなところがあって。


「聖女、岩谷時子」ってみんな呼んでいたよ。大人だったんだろうね。詞も新しい新鮮な日本語でつづられているんだけれど香りがある。詞を書く前から、彼女には人柄にそういう香りがあったんだろうな」

 人柄に香りがある──。

 それはどんな香りということなのだろう。

 彼はしばらく考えてから「ヨーロッパの香りでしょうね」と言った。そして、「宝塚もありますよね」と付け加えた。 

 彼女のことを書くようになってから、戦前の日本のモダニズムの中での宝塚の影響の大きさを初めて知った。彼は、アメリカの影響は戦後ですよ、と言った。それまでの〝西洋の香り〟というのはヨーロッパだった。シャンソンである。そして、その窓口になったのが〈宝塚〉と〈東和商事〉、後の〈東宝東和〉だったと言うのである。 

 岩谷さんが、宝塚の出身であることは広く知られている。1939年に入団した彼女は、「歌劇」「宝塚グラフ」の編集をしていた。彼女の生まれは京城、今のソウルで、宝塚ファンの彼女の母親は京城の行政長官の娘だった。

──私が現在、生業(なりわい)としている作詞の仕事こそは、まぎれもなく宝塚という夢多い演劇と音楽の土壌から生まれたもので、また今もなお、華やかで虚しい芸能界から離れられずにいるのも、宝塚での甘美な思い出が忘れられないためである。

 彼女は唯一のエッセイ集『愛と哀しみのルフラン』で、そう書いている。

越路吹雪のマネージャーとして上京してきた岩谷さんが、一時、東宝東和の映画のキャッチコピーを書いていたと安倍さんが教えてくれた。まさに〝ヨーロッパの香り〟の人だったことにならないだろうか。

 彼女の詞と宝塚の関係について『越路吹雪物語』に主演したピーターはこう言った。
「どんなに情熱的な恋を歌っても性的な生々しさや嫌らしさがない。宝塚の人たちは、絶対に超えられない〝性の限界〟があることを知ってますからね。宝塚あっての詞なんだと思います」

板東玉三郎と岩谷の初めての仕事は玉三郎の朗読のレコードだった。玉三郎は岩谷が書くことを条件にこの企画を受けたという。1984年には玉三郎主演の舞台「夢二慕情」の戯曲も手がけている。玉三郎は越路吹雪の大ファンで、越路の舞台にも何度も足を運んでいた。岩谷は、宝塚歌劇団にいたことから、乙羽信子、淡島千景、八千草薫ら、元タカラジェンヌたちとも交遊があり、宝塚のミュージカルの訳詞も数多く手がけた。岩谷の叙勲を祝う会には、麻実れい、安奈淳ら多くの宝塚出身のスターたちがかけつけた。鳳蘭(写真)は岩谷が訳詞を手掛けた東宝のミュージカル『レ・ミゼラブル』の初演でテナルディエ夫人を演じた。
1960年のミュージカル『泥の中のルビー』で出会い、作曲家でいちばん長く一緒に仕事をしている、と岩谷が言う作曲家・いずみたく。同じ頭文字ということで「T・Iコンビ」を自称する。69年の日本レコード大賞受賞曲である佐良直美「いいじゃないの幸せならば」、ピンキーと キラーズ「恋の季節」、沢たまき「ベッドで煙草を吸わないで」、竜雷太が主演した青春ドラマ「これが青春だ」の同名主題歌(布施明)、ジャ ニーズ「太陽のあいつ」など多くのヒット曲を世に送り出した。

 
郷ひろみを一躍トップアイドルの座におしあげた1972年のデビュー曲「男の子女の子」。作曲は筒美京平で、「小さな体験」「裸のビーナス」「花とみつばち」など岩谷・筒美コンビによる郷のシングルは2年間で8枚リリースされた。郷と初めて出会ったときの印象を「余りにも純真な感じで、私はこれから彼にどんな詞を書けば良いのだろうかと少し戸惑ったほどです」と岩谷は語っている。
2016年4月1日 Vol.27より

1 2 3 4

サントリー美術館様

特集 special feature 

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ 

読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
error: Content is protected !!