「昭和歌謡アルバム」~プロマイドから流れくる思い出の流行歌~ 第一弾 天地真理、安達明、久保浩、美樹克彦、あべ静江

 前置きが長くなったが、第一弾のトップバッターを紹介しよう。〝真理ちゃんスマイル〟で日本全国の子供たちから若者たちを虜にした、昭和46年デビューのトップアイドル天地真理。TBS系人気ドラマ「時間ですよ」で、<松の湯>の隣家の2階に住む〝隣りのマリちゃん〟役で登場し、同年に「水色の恋」で歌手デビューも果たした。レコード会社がCBSソニーだったので、キャッチフレーズは〝ソニーの白雪姫〟だった。同じ年にデビューした小柳ルミ子、南沙織と共に〝新三人娘〟と呼ばれた。ちなみに三人娘の系譜には、美空ひばり、江利チエミ、雪村いづみの〝三人娘〟、中尾ミエ、伊東ゆかり、園まりの〝スパーク三人娘〟がある。〝新三人娘〟の次には、森昌子、桜田淳子、山口百恵の〝花の中三トリオ〟が登場する。

天地真理

 天地真理の人気にはすさまじいものがあった。「ちいさな恋」「ひとりじゃないの」「虹をわたって」「ふたりの日曜日」「若葉のささやき」「恋する夏の日」「恋人たちの港」「想い出のセレナーデ」とヒット曲を連発し、オリコンシングルチャートでは5曲が1位を取っている。さらに、〝真理ちゃんシリーズ〟とも言える冠番組がすごかった。今でもCS放送の衛星劇場などで見ることができるが、「真理ちゃんとデイト」「となりの真理ちゃん」「とび出せ!真理ちゃん」「アタック!真理ちゃん」「はばたけ!真理ちゃん」と、足かけ3年にわたり5シリーズが放送されている。天地真理ブームが確かにあった。現在、やたらと誰にでも〝国民的〟という形容をしたがるが、天地真理は昭和のある時期、まぎれもなく〝国民的アイドル〟だったと言っていいだろう。昭和47年のNHK紅白歌合戦に初登場し、「ひとりじゃないの」でトップバッターを務め、3年連続出演している。さて、あなたが今聴きたい天地真理の1曲には、何を選ぶだろう。

 つづいて登場するのは、時代を少しさかのぼって昭和39年に登場したアイドル歌手。安達明という名前を聞いて今、ああ、と思い出す人がどれくらいいるだろうか。60歳以上の人なら覚えているかもしれない。その前に、昭和38年にデビューした梶光夫にも触れておきたい。梶光夫は、「高校三年生」の作曲で知られる作曲家・遠藤実の門下生で、同じ日本コロムビアの舟木一夫の後輩として、舟木の半年後にデビューした。舟木の人気に続けとばかりに青春歌謡のアイドルとして売り出したコロムビアの期待に応え、「青春の城下町」がヒットし、さわやかな好青年として人気を得た。当時青春スターとして売り出し中の大映の女優・高田美和とのデュエットで「わが愛を星に祈りて」「アキとマキ」などをヒットさせ、青春純愛路線を築いた。

安達明

 そして、コロムビアはさらなる期待の星として昭和39年に安達明をデビューさせた。この時代は御三家人気にあやかれとばかりに、歌謡界に青春歌謡路線が花開いた。安達明もやはり遠藤実門下生で、デビュー曲「潮風を待つ少女」で注目されるが、安達明の名を世に広めた曲は「女学生」だった。セーラー服に、赤いカバーのテニスラケット、藤棚の下でアベ・マリアを歌う女学生。〝きみはステキな女学生〟と歌う男の子は、同級生だろうか。遠くから見つめるだけの幼く清らかな純愛である。決してストーカーなどではありません。舟木同様、学生服姿でもたびたび歌っていた安達明は、まさに女学生のアイドルとして人気があった。この1曲で忘れられない存在になった。昭和39年、新人歌手の梶光夫も、安達明も「コロムビア ヒット・ショー」で人気に火がついたのだ。

1 2 3 4

こちらの記事もどうぞ
サントリー美術館様

特集 special feature 

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・木下惠介のこと

故・大林宣彦が書き遺した、『二十四の瞳』の映画監督・...

「つつましく生きる庶民の情感」を映像にした49作品

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監督の信念

仲代達矢を映画俳優として確立させた、名匠・小林正樹監...

「人間の條件」「怪談」「切腹」など全22作の根幹とは

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

91歳の相撲記者・杉山邦博の秘蔵アルバム(最終章)

名場面、名勝負の土俵に人生あり

挑戦し続ける劇団四季

挑戦し続ける劇団四季

時代を先取りする日本エンタテインメント界のトップランナー

御存知! 東映時代劇

御存知! 東映時代劇

みんなが拍手を送った勧善懲悪劇 

寅さんがいる風景

寅さんがいる風景

やっぱり庶民のヒーローが懐かしい

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

アート界のレジェンド 横尾忠則の仕事

60年以上にわたる創造の全貌

東京日本橋浜町 明治座

東京日本橋浜町 明治座

江戸薫る 芝居小屋の風情を今に

「花椿」の贈り物

「花椿」の贈り物

リッチにスマートに、そしてモダンに

俳優たちの聖地「帝国劇場」

俳優たちの聖地「帝国劇場」

演劇史に残る数々の名作生んだ百年のロマン

「芸術座」という血統

「芸術座」という血統

名作『放浪記』の舞台から「シアタークリエ」へ

秋山庄太郎ポートレートの美学

秋山庄太郎ポートレートの美学

美しきをより美しく

久世光彦のテレビ

久世光彦のテレビ

昭和の匂いを愛し、 テレビと遊んだ男

加山雄三80歳、未だ青春

加山雄三80歳、未だ青春

4年前、初めて人生を激白した若大将

昭和は遠くなりにけり

昭和は遠くなりにけり

北島寛の写真で蘇る団塊世代の子どもたち

西城秀樹 青春のアルバム

西城秀樹 青春のアルバム

スタジアムが似合う男とともに過ごした時間

「舟木一夫」という青春

「舟木一夫」という青春

「高校三年生」から 55年目の「大石内蔵助」へ

川喜多長政 &かしこ映画の青春

川喜多長政 &かしこ映画の青春

国際的映画人のたたずまい

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

ある夫婦の肖像、新藤兼人と乙羽信子

監督と女優の二人三脚の映画人生

中原淳一的なる「美」の深遠

中原淳一的なる「美」の深遠

昭和の少女たちを憧れさせた中原淳一の世界

Present

あの人この人の、生前整理archives

あの人この人の、生前整理archives

私にとっての箱根 archives

私にとっての箱根 archives

information

小田急沿線さんぽ

丸山智己さんと狛江

丸山智己さんと狛江

~郊外住宅地・狛江の夜を愉しむ~

光石研さんと梅が丘

光石研さんと梅が丘

普段着の味わいがする「梅ヶ丘」を楽しむ

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋と町田啓太さん

千歳船橋は名優が暮した町

松下洸平さんと参宮橋

松下洸平さんと参宮橋

参宮橋は大都会の隣町の風情

鈴木伸之さんと喜多見

鈴木伸之さんと喜多見

喜多見は〝ほどよい〟郊外タウン

蒼彦太さんと読売ランド前

蒼彦太さんと読売ランド前

遊園地の町「読売ランド前」で大人の休日を楽しむ

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.1

PEOPLE frontline Vol.2

PEOPLE frontline Vol.2
読者の声
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial