郊外住宅地

昭和の小市民のささやかなユートピア

昭和の風景 昭和の町 2009年9月25日号より


昭和という時代が幕を閉じて21年が経つ。蚊帳、紳士の帽子とステッキ、縁側、御用聞き、焚き火、百貨店の大食堂での「晴れの日」の食事など、昭和の風物詩、生活習慣、町の景色や匂いが消え去りつつある。高度成長期、昭和という時代が変化を見せ始めると同時に町の佇まいをはじめとする昭和の風景も、変貌をとげた。今、懐かしい昭和をしのぶよすがは、古い映画の中にしかない。そこには、昭和の町、昭和の風景がまだ生きている。
昭和は遠くなりにけり。


文=川本三郎


一家揃って
遊園地へお出かけ

 成瀬巳喜男監督のホームドラマの名作『おかあさん』(昭和27年)に向ヶ丘遊園が出てくる。大田区の蒲田あたりで暮すクリーニング店の物語。

 父親が亡くなった一家の暮しは楽ではない。母親(田中絹代)は二人いる女の子のうち下の子を親戚の家に養子に出すことにする。

 その前に一家で向ヶ丘遊園地に遊びに行く。最後の一家揃ってのお出かけである。

 子供電車に乗り、ウォータ―シュートに乗る。子供たちは大喜び。それを見て母親も笑顔を見せる。家族の楽しい休日になった。

 向ヶ丘遊園地の開園は昭和二年(1927)と早い。昭和二年といえば、小田急が開通した年。鉄道の開通と共に遊園地を作っている。無論、乗客を増やすための工夫だが、同時に、まだ自然が豊かな郊外で、小市民の親子連れが、一日楽しめる施設を造りたいという思いがあったのだろう。

2009年9月25日 Vol.1より
こちらの記事もどうぞ

1 2 3