郊外住宅地

昭和の小市民のささやかなユートピア

昭和の風景 昭和の町 2009年9月25日号より


昭和という時代が幕を閉じて21年が経つ。蚊帳、紳士の帽子とステッキ、縁側、御用聞き、焚き火、百貨店の大食堂での「晴れの日」の食事など、昭和の風物詩、生活習慣、町の景色や匂いが消え去りつつある。高度成長期、昭和という時代が変化を見せ始めると同時に町の佇まいをはじめとする昭和の風景も、変貌をとげた。今、懐かしい昭和をしのぶよすがは、古い映画の中にしかない。そこには、昭和の町、昭和の風景がまだ生きている。
昭和は遠くなりにけり。


文=川本三郎


一家揃って
遊園地へお出かけ

 成瀬巳喜男監督のホームドラマの名作『おかあさん』(昭和27年)に向ヶ丘遊園が出てくる。大田区の蒲田あたりで暮すクリーニング店の物語。

 父親が亡くなった一家の暮しは楽ではない。母親(田中絹代)は二人いる女の子のうち下の子を親戚の家に養子に出すことにする。

 その前に一家で向ヶ丘遊園地に遊びに行く。最後の一家揃ってのお出かけである。

 子供電車に乗り、ウォータ―シュートに乗る。子供たちは大喜び。それを見て母親も笑顔を見せる。家族の楽しい休日になった。

 向ヶ丘遊園地の開園は昭和二年(1927)と早い。昭和二年といえば、小田急が開通した年。鉄道の開通と共に遊園地を作っている。無論、乗客を増やすための工夫だが、同時に、まだ自然が豊かな郊外で、小市民の親子連れが、一日楽しめる施設を造りたいという思いがあったのだろう。

「郊外」は
希望の言葉だった

 昭和のはじめは東京の郊外─、現在の杉並区や世田谷区が郊外住宅地として開けていった時代である。

 大正十二年(1923)の関東大震災によって東京の市中が大きな打撃を受けたため、東京は西へ、西へと人口が移動して、それまでは武蔵野の雑木林や畑があったところに住宅地が造られていった。

 最近は「郊外」という言葉はあまり使われなくなったが、昭和のはじめには「郊外」は新しい住宅地として希望の言葉だった。

 個人的なことになるが、私は昭和十九年(1944)に小田急線の参宮橋駅に近い郊外住宅地(代々木山谷)に生まれた。

 両親が代々木に新居を構えたのは小田急線が開通した二年後の昭和四年(1929)。五人の子供が生まれ、私は五番目。父親は役人。昭和の小市民といえよう。

 参宮橋は新宿の西口に近いが、西口には昭和三十年代まで浄水場があり(いまの新宿副都心のあるところ)、東京ガスのガスタンクがあった(現在、新宿パークタワーのあるところ)。浄水場やガスタンクがあったということは西口が郊外だったことの名残り。

 新宿の東口は当時すでに、にぎやかになっていたが、西口はまだ郊外だった。私の両親はそこに新居を構えた。いまふうにいえばマイホーム。子供が五人もいる家庭は現在では極めて珍しいが、当時は、さして珍しくなかった。市中よりも緑が多く、空気がきれいな郊外は小市民が子供を育てるには環境がよかった。

 このことは昭和三十年代になっても変わらない。

 東京オリンピックの直前、昭和三十八年(1963)に公開された山田洋次監督、倍賞千恵子主演の『下町の太陽』では町工場が多く空気が汚れている東京の下町と、緑豊かな郊外住宅地が対比されている。

 ちなみに現代では忘れかけているが、東京は昭和四十年代までは、京浜工業地帯や京葉工業地帯に代表されるように工業都市だった。

 だからそれとの対比で、空気のきれいな郊外住宅地が求められた。

新宿は
西へ開けてゆく
東京の玄関口

 東京は西へ西へと発展している。それを象徴するように平成三年(1991)に東京都庁は有楽町から西の新宿に移転した(前述したように浄水場があった跡地)。

 江戸時代の宿場町、新宿が発展してゆくのは昭和のはじめ。

 東京が西へ開けてゆく時代に、新宿がその玄関口になった。震災後の新しい盛り場として急速に発展した。

 昭和四年(1929)に大流行した「東京行進曲」は四番で「シネマ見ましょか お茶のみましょか いっそ小田急で 逃げましょか 変わる新宿 あの武蔵野の 月もデパートの 屋根に出る」(西條八十作詞)と歌った。

 流行歌に新宿が登場するのは、この頃からだろう。それだけ新宿は浅草や銀座と並ぶにぎやかな盛り場になっていった。

「東京行進曲」については『小田急五十年史』(小田急電鉄、昭和五十五年)に面白いことが書かれている。

「いっそ小田急で 逃げましょか」とは恋人たちが小田急に乗って箱根あたりに行くことをいっている。だから「わが社の電車を駆落ち電車みたいに書くとはけしからん」と怒った重役もいたが、結果的にはこれが開業早々の小田急の大宣伝になった。そのため、小田急は、西條八十に終身優待乗車証を送ったという。ちなみに西條八十は成城学園前駅の近くの大邸宅に住んだ。

文士村、
映画村となった
小田急線沿線

 小田急が開通した昭和二年(1927)に現在の喜多見に移り住んだのは民俗学者の柳田國男。「町の話題」というエッセイにこう書いている。

 「昭和二年の四月、始めて小田急が通じて、この不細工な家を立てた頃にはあたりは一面のクヌギ林、その外は麦畑、遠くにただ一軒の赤い屋根が見えるばかり、春は雲雀(ひばり)の声が終日絶えなかった」

 クヌギ林、麦畑、ひばりの声。柳田國男は市中の喧騒からまったく離れたこの郊外住宅地がよほど気に入ったのだろう、昭和三十五年(1960)に没するまでこの地に住んだ。

 成城学園には昭和のはじめ、平塚らいてうが住んだ。砧には北原白秋が住んだ。代田には萩原朔太郎が住んだ。

 挙げてゆくと切りがないが、昭和のはじめ小田急線の沿線には、文人が数多く住んだ。やはり関東大震災のあとに開けた郊外住宅の中央線沿線には井伏鱒二をはじめ数多くの文人が移り住み、現在「阿佐ヶ谷文士村」と顕彰されているが、小田急線沿線も、昭和のはじめには文士村のようになっている。

 郊外は土地が広い。

 そのために向ヶ丘遊園地が造られたわけだが、同じように広い土地を必要とする映画の撮影所も郊外住宅地に造られた。

 昭和七年(1932)には、現在の東宝の前身であるPCLの撮影所が造られ(昭和十二年に東宝に改称)、小田急線沿線は文士村であると同時に映画村にもなった。

 現在も東宝スタジオは同じ地にある。撮影所に近い成城学園の町には、黒澤明、市川崑ら映画人が多数住むようになった。

 トーキーの第一作、五所平之助監督、田中絹代主演の『マダムと女房』が作られたのが昭和六年(1931)だったことで分るように、映画は昭和に入って急速に成長した。ちなみに『マダムと女房」は、郊外住宅地に住む若い夫婦の物語で、撮影は当時の郊外住宅地だった田園調布。

 『おかあさん』の監督、成瀬巳喜男も成城に住んた。子供が小さかった頃、家族で向ヶ丘遊園地に遊びに行ったのだろう。その良き思い出が『おかあさん』に反映されたのではないか。郊外住宅地は昭和の小市民のささやかなユートピアとして発展していった。

JASRAC 出0911521-901

かわもと さぶろう

評論家(映画・文学・都市)。1944 年生まれ。東京大学法学部卒業。「週刊朝日」「朝日ジャーナル」を経てフリーの文筆家となりさまざまなジャンルでの新聞、雑誌で連載を持つ。『大正幻影』(サントリー学芸賞)、『荷風と東京『断腸亭日乗』私註』(読売文学賞)、『林芙美子の昭和』(毎日出版文化賞、桑原武夫学芸賞)、『映画の昭和雑貨店』(全5 冊)『我もまた渚を枕―東京近郊ひとり旅』『映画を見ればわかること』『銀幕風景』『現代映画、その歩むところに心せよ』『向田邦子と昭和の東京』『東京暮らし』『岩波写真文庫 川本三郎セレクション 復刻版』(全5 冊)など多数の著書がある。

2009年9月25日 Vol.1より
error: Content is protected !!